自動車保険の自転車障害保障特約で事故対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

自動車保険の自転車障害保障特約で事故対応

car

213年自転車の事故件数はなんと、12万件を超えるデーターが公表されました。

事故後の被害に関し、明確な判断基準がありません。(交通法規の問題)ので、多くが、示談で処理されていると考えられています。


約5分切るペースで1件の割合で事故

対自動車、対自転車、対歩行者の事故はなんと約5分切るペースで国内の何処かで1件以上の割合で事故が発生しています。

これは警察に届けられた数字であり実際は莫大な事故が発生していると考えられています。

実は自転車とは非常にリスクの高い乗り物です。

自動車の違いは、保険の強制性もなく、自転車を運転している以上は何時、加害者や被害者になる可能性もあります。

自転車傷害特約に加入しておけば、5分に1回の事故発生リスクにも対応できます。

また、加害者になった場合、被害者が若者であれば、軽症化。

被害者が。高齢者になると重症化する傾向にあります。

自動車では、人身事故に無制限や1億円などの保険が設定されていますが、

自転車の人身事故に高額保障する保険など現状はありませんので十分に気をつけて自転車を運転するように普段から気を着けて運転しましょう。

自転車事故の年々増加しケガ症状も重症化する方向性などは社会問題化され自転車の交通ルールも昨年から厳しく変更されました。(イアホン装着禁禁止)など。

自転車傷害特約は、個人賠償保険と類似していますが、自己の転倒によるケガなどの事故の過失が、曖昧な自転車同士の事故などに利用しやすい保険です。


車検や整備義務が義務化されていない自転車でも過失は同じ?

自転車同士や、自転車が人に接触した場合、警察を呼んで、現場検証はしませんよね。

実は、これが問題です。自転車は交通法規上、車両に該当しますので、自転車の事故は、車両事故の取り扱いになります。初めに記入しましたが、自転車事故の基準が曖昧で、『自転車には、車検も整備義務ない』ので、自転車が、整備不良でも、当たり前に乗車します。

相手の自転車が整備不良で、ブレーキの効きが悪いことが原因で、正面衝突。

示談の結果、過失を5対5で、示談したあとに、骨折が判明した場合は、どうなるでしょう?

示談成立後なので、請求も出来ない状況になりかねません。どんな小さな事故でも、警察を呼んで現場検証をしましょう。

また、相手の自転車の整備の状態も確認するべきでしょう。

整備不良が有名になった自転車は、『ピストバイク』と言う初めからブレーキがない自転車です。

この様に明らかな整備不良があれば過失も判断できるのですが、片方のブレーキが効きにくい場合どのように事故後誰が証明する事が出来るのでしょう?答えは警察です。

どんな軽症でも、事故を起こしたならば、警察を呼んで、確認を求めましょう。


自転車で死亡事故が発生し場合

死亡事故などの相手のケガの状況が重症と判断した場合、警察を呼んで現場検証になりますが、その時警察は自転車の整備状況も確認します。

例えば、出会がしらの事故の場合

お互い問題を大きくしたくない心理が働いてなかなか警察を呼ぶまでにはいたりません。

特段、現場検証はしませんよね。しかし後にケガの発症が出るなど、自転車は車両です。十分に認識して運転をしましょう。


自転車傷害補償特約は、安心家族の為に

自転車傷害補償特約のオプションは、契約者、本人だけではなく、家族全員が対象となりますので家族であれば、子供や高齢者の両親まで補償の範囲になります。

被害者、加害者の両方のリスクを回避できるオプションになります。

また、自転車運転中に自ら転倒したケガや他人をケガさせてしまった場合は保障の範囲になりますので安心して家族が自転車を利用できる環境を整えましょう。


まとめ

自動車保険の自転車障害保障特約で事故対応
約5分切るペースで1件の割合で事故
車検や整備義務が義務化されていない自転車でも過失は同じ?
自転車で死亡事故が発生し場合
自転車傷害補償特約は、安心家族の為に

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存