育児ストレスの原因ってなに?その対処法もお教えします!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

こんにちは^^

1歳5ヶ月の息子を育てている、1児のママです!

子供が産まれてからというもの、些細なことでもすぐにイライラしてしまい毎日ストレスとの戦いですよね。

育児ストレス の原因は人それぞれかもしれませんが、多くのママがストレスに悩まされているのではないでしょうか?

あまりストレスを溜め込みすぎると、子供に当たってしまったりと取り返しがつかないことにもなりかねませんよ…

今回は、育児ストレスの原因とその対処法をご紹介いたします!

些細なことかもしれませんが、ストレスとうまく付き合えば上手く回避できるものですよ♪


育児ストレスの原因ってなに?その対処法もお教えします!!

育児ストレスの原因とは!?

何かと思い通りにならない

育児ストレスの1番の原因はやはりこれなのではないでしょうか?

子供に言い聞かせてもいうことを聞かない、自分が思い描いていたような子育てができないなど、「思っていたのと違う!」という時にストレスを感じるでしょう。

  • 片付けたばかりなのに、すぐに散らかしてしまう
  • 買い物中にぐずるため、十分に買い物ができない
  • 物を投げたり、人を叩いたり… 優しい子になってほしいのに乱暴者
  • ご飯を早く食べないから、仕事や保育園に遅刻してしまう
  • 常に部屋を綺麗にしていたのに、おもちゃや食べ物のカスで全然キレイにならない

子供が産まれるまでは「こういう子に育って欲しい」「こんなふうに子育てしたい」など、育児に夢を見ていたと思います。

でも現実はそうもいかず、むしろ正反対な行動ばかりするのでそのギャップで育児ストレスが溜まりやすくなるのではないでしょうか?

夜泣き

赤ちゃんの夜泣きは「原因不明」とされています。

なんで泣いているか分からないため、ママも対処のしようがないので、夜通し泣かれ気づいたら朝になんてこともあります。

育児中のママは毎日が戦いなので、疲れていますし眠いですよね。

そんな状態で夜泣きをされて、睡眠を邪魔されて睡眠時間をしっかり確保できない、泣いているのに何をしても泣き止まないので不甲斐なさやプレッシャーに押しつぶされてストレスが溜まることも。

育児書と比べてしまう

今は本だけでなくネット環境も充実しているため、すぐに調べられることができる時代ですね。

「○ヶ月には〜ができるようになる」

など目安が書いてあります。自分の子が育児書と比べた時に遅れをとっていると不安やストレスの原因になりますよね。

自分の育て方が悪いのだと、自分を責め立てるママもいらっしゃいますが子供の数だけ成長するスピードはそれぞれなので気にしないことが1番の解決策ですよ!

ママの気持ちに余裕が持てない

子供は些細な事でもママの助けを求めますよね。

そんな時にママの気持ちに余裕がないとその行動が「イラッ」としていまい、ストレスの原因に。

毎日育児や家事で時間に追われているのに、子供が助けを求めると、その手を一度止めなければならないので、ママの負担になります。


育児ストレスの対処法をご紹介!!

夜泣きの場合

  • おしゃぶりを試してみる
  • オムツを替えてみる
  • 外の空気を吸わせてあげる
  • 添い乳をしてみる
  • 刺激的な1日を過ごさない

我が子も生後3ヶ月までは特に夜泣きがひどかったのですが、おしゃぶりと添い乳を始めてから夜泣きすることがだいぶ減りましたよ!

もっと言えば、1歳になり添い乳をやめてからは特別なことがない限りは夜中に起きることがなくなりました♪

今はツライかもしれませんが、成長とともに夜泣きもなくなりますので温かい目で見守ってあげましょう!

他と比べない

我が子はハイハイする時期なのに、1度もせずタッチから始まりました。

今となってはスタスタ歩いていますが、当初は他の子がハイハイしているのに「どうしてうちの子だけできないの!?」と悩み、毎日のようにストレスを感じていました。

本当に今となってはですが、他の子と比べたり育児書やネットなどで検索するのは良くないことなんだと感じました。

我が子には我が子なりのペースがあるので、ママが優しく見守ってあげることが大切なんだと身にしみて感じることができました(^^)

ママの気持ちに余裕が持てない場合

もしかすると、育児に対して「1人で頑張っている」「孤独感を感じている」ということはありませんか?

親が近くに住んでいない、今までの友達が結婚を機会に離れてしまったなど…

今までの環境が変わってしまったうえに、子供ができて自分一人でいっぱいいっぱいになっている可能性があります!

そんな時は「児童館」へ行ってみたり、「習い事」を始めて同世代の子どものママと関係を築くことが大切ですよ♪

同じ悩みを共有し合えたり、もしかすると自分が悩んでいる事がちっぽけに感じるほど他の子はもっと大変なんだと思えたりしますよ!

私も児童館へ通うようになりお友達も増え、スイミングに通うようになり楽しみも増え本当にストレスを回避できる生活を送っています(^^)


まとめ

いかがでしたでしょうか?

育児ではなくてもストレスって溜まりやすくて、厄介なものです。

それなのに、ストレスの原因となる子供と24時間一緒に生活してるとママの精神も疲れてしまいますよね。

上記でもご紹介したように、本当に些細な行動からでもストレスを回避できるのでぜひ試してみてください(^^)

1番いけないことは「1人で抱え込むこと」です!!

育児は決して1人ではできないです。周りの支えがあってこその育児なので、たくさんの関係を築くことを大切にしてくださいね(^^)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ