身近で手軽な育児相談!意外に知られていない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

身近で手軽な育児相談!意外に知られていない?

ikujisoudan

子育てには子どもの数だけ方法と答えがある、といわれるとおり、家庭や子どもに寄って千差万別です。

疑問や悩みがあって育児書を読んでも答えが見付からないことはよくあります。

そんな時は誰かに話し、一緒に考えて答えを探したいですよね。では、どんなところで相談できるのでしょうか。

意外に身近にある相談所をご紹介しましょう。


自治体のサービスを積極的に利用しよう

まず利用したいのは自治体が行っている育児支援サービスです。

・プレママ教室

・離乳食教室

・育児サロン

・園庭解放

・児童館

自治体のHPや広報誌に載っているこうした情報をこまめにチェックし、子どもと一緒に利用してみましょう。

必ず保育士や保健師、子育て経験のある人がいますから、気軽に相談ができます。

子どもが自分から離れる時間も作れるので、母親自身のリラックス時間にもなるでしょう。

無料で利用できるサービスがほとんどですから、積極的にこうした市民サービスは受けていきましょう。

もちろん、市役所の保育課や子ども支援センターでも相談はできますし、意外に知られていないのが「児童相談所」です。

児童相談所は「虐待を通報する場所」「問題を起こした子どもを指導する場所」といったイメージが強いかもしれません。ですが、児童相談所は育児に関して気軽に相談できる場所で、育児の支援も受けられる場所です。

こちらもぜひ、相談所として覚えておいてください。


ショッピングセンターやベビーグッズショップの相談会

子どもがいるとベビーグッズが揃っているお店に必ず行きますよね。そうしたお店の中には、保健師を招いて「育児相談会」を実施している所があります。

週一回、曜日を決めて保健師が訪れ、体重や身長の測定、母乳相談などを行っていることがあります。

買い物に立ち寄ったついでに、悩みの相談をすることができます。

悩みを解決するのにお勧めのグッズがある場合、店内で買って家で実践することもできて、すぐに悩みを解決できることもあります。

こうしたサービスがあるお店では、赤ちゃんのおむつ替えコーナーや授乳室などに張り紙がされているケースが多いようです。

近くのお店でそうしたサービスがないか、チェックしてみてください。


助産師さんの出張サービス

育児の悩みの中に、母乳の悩みがあります。他人には相談しにくいケースもありますし、病気ではないので病院にもいけない。でも辛い。そんな場合は助産師を探してみてください。ネットで検索できるほか、産婦人科で紹介してもらえることもあります。

授乳中に大切なのは食事と母体のケアです。母体のケアの中でも助産師によるマッサージは大きな効果があります。

定期的なマッサージで驚くくらい母乳の出がよくなることがあります。

助産師の中には自宅まで来てマッサージをしてくれ、母乳の出をよくする食事や、取り入れたい体操などの指導をしてくれる人もいます。

助産院に行って長時間待つのが辛い、赤ちゃんを連れて外出するのが不安、といった場合は出張サービスを利用してみてください。

マッサージで乳腺の詰まりが解決して体が楽になると同時に、プロの助言をもらうことができます。


まとめ

情報収集の基本は自分から動くことです。家のこもりがちですが、目を外に向けるように心がけてください。

そして自治体のサービス、近くの店のサービスを確認してみましょう。

さらに、授乳中は助産師の手助けを借りるようにしましょう。

母乳の出をよくするマッサージはもちろん、乳腺炎を防止し、赤ちゃんにいい母乳を出すための食事指導などを直接受けることは大きな利点と言えます。また、卒乳・断乳の時もトラブルを減らすために助産師の力は欠かせません。

探せば必ず手の届くところに相談所があるはずです。ひとりで抱えこんでしまうとノイローゼになってしまう危険もあります。

ぜひ、自分に合った相談所を見付けてください。

あの人に相談すれば大丈夫。

そう思うだけでも心は楽になるはずです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存