毎日大変!育児で疲れたときの解消法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

毎日大変!育児で疲れたときの解消法

ikuji-tukareta

毎日続く育児。同じことの繰り返しの毎日で疲れたと思うことはありませんか?

子どもがなかなかいうことを聞かない、思ったように家事が進まない、ご主人の協力が得られないなど、

ちょっとしたことでもどんどん疲れがたまっていってしまいますよね。

そんな育児疲れ、どこかで解消しないとどんどん積み重なっていって大爆発してしまうことも。

ちょっと疲れたなと思ったら休むことがなによりも大切。

そんな育児疲れの解消方法を紹介します。


誰かとおしゃべりしよう

毎日子どもと二人きりの生活だと、なかなか大人と話す機会がないですよね。

そんなとき、家から出て児童館に行ってみたり、育児サークルにはいってみたりするのはいかがでしょう。

同じ状況のママさんと話すだけでも子育ての悩みやストレスが消えていっちゃうかもしれません。

もちろん、仕事から帰ってきたご主人と向かい合って話すことも大切。

5分でもいいので今日一日にあったことを話して、話を聞いてもらうだけでも気持ちは軽くなりますよ。


ゆっくりと好きなものを食べる

イライラの解消にはやっぱりスィーツ。

女の子はみんな甘いものが大好き。

たまには自分へのご褒美で、ケーキ屋さんのケーキや、ちょっとお高めのチョコレートを買ったり。

甘いものをちょっとでも食べると脳が満足するということも知られています。

子どもがお昼寝している時間など、ちょっとした空き時間にコーヒーや紅茶と甘いスィーツでリフレッシュしちゃいましょう。

ルタオ (LeTAO) チーズケーキ 奇跡の口どけセット (ドゥーブルフロマージュ ビン・デ・フロマージュ)


趣味の時間を少しでも

出産前までやっていた趣味ってありませんか?

産後は子育てに追われてなかなか時間が取れませんが、子どもが寝てから5分でも10分でもやってみるのはいかがでしょう。

もともと好きでやっていたことを少しだけでもやってみるとテンションがあがるかもしれません。

子どもが昼寝をしている時間や、幼稚園に入園したあとの時間など家事をする以外にもそういった自分の時間を持てると生活が楽しくなりますよね。


たまには思いっきり寝る

育児中に疲れる原因の一つはやっぱり寝不足。

乳児期は夜泣きや授乳でなかなか眠れず慢性寝不足状態だというお母さんがほとんどではないでしょうか。

やっぱり寝不足が重なると疲れがとれる暇がなく、どんどん蓄積してしまいますよね。

寝不足が続いてしまったら旦那さんがお休みの日などに、子どものお世話をお願いしてぐっすり寝ちゃいましょう。

1時間でも2時間でも子どもから離れてぐっすり寝ると体も頭もすっきりできますよ。

また、旦那さんが激務でなかなか頼れないという方は子どもと一緒にお昼寝するのが効果的。


一時預かりやファミサポ、両親を頼ろう

可愛いわが子でもやっぱり24時間一緒にいるとどうしても休む暇がなくて疲れがたまってきてしまいます。

そんなとき、もし実家が近ければ両親にお世話をお願いしちゃいましょう。

実家が近くにないという方も、一時預かりやファミリーサポートなどを利用するのも。

一人でのびのびとウィンドーショッピングをするのもよし、美容室にいくのもよし。

一人の時間を満喫しちゃいましょう。

気分がすっきりしたら子どもとも笑顔で接することができますよね。


それでも疲れがとれない方は公的機関に相談を

お住いの市や区で子育て相談の窓口がありますのでそちらに相談を。

相談するだけでも気持ちが軽くなることがあります。

疲れがたまって育児に支障が出たり、子どもにあたってしまう前にぜひ行政に助けてもらいましょう。

市のホームページをチェックしてみてください。


まとめ

毎日大変!育児で疲れたときの解消法
誰かとおしゃべりしよう
ゆっくりと好きなものを食べる
趣味の時間を少しでも
たまには思いっきり寝る
一時預かりやファミサポ、両親を頼ろう
それでも疲れがとれない方は公的機関に相談を

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存