男の子と女の子の育児の違いを両方育児を経験して感じたもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

男の子と女の子では、「本当に同じ人間なのか?」と思ってしまうほど、育児の仕方は異なります。

兄弟(姉弟)でまるで違う子供の育ち方に、戸惑いを覚えるママも少なくありません。

そこで、男の子と女の子の 育児の違い について、主なものを5つご紹介したいと思います。


男の子と女の子の育児の違いを両方育児を経験して感じたもの

病気のかかりやすさの違い

男の子と女の子を比べると、小さい頃に病気になりやすいのは男の子という調査結果があります。

昔から「男の子は育てにくい」などとよく言われますが、医学的にも男の子の方が病気になりやすいというのは確かなことのようです。

もちろん、すべての男の子が病気になりやすいわけではなく、風邪ひとつひかない丈夫な子もたくさんいます。

また、女の子の中にも、体調を崩しやすかったり、生まれつき体が弱かったりする子もたくさんいます。

このように個人差はありますが、統計的に見てみると、女の子に比べて男の子の方が病気になりやすい傾向があると言えるようです。

特に、生まれつき体調を崩しやすい傾向にある男の子の場合は、ちょっとした体調の変化もこまめに注意しておくと安心です。


精神的な成長速度の違い

女の子は、男の子に比べて精神的に成長するのが早いといわれています。

女の子は身の回りのことやママのしていること、日常生活に関わることなどに興味を持ちやすい傾向があり、そういった理由から精神的な成長も男の子に比べて早くなると考えられています。

一方、男の子は身の回りのことよりも、乗り物や玩具などに興味を持つことが多いとされています。

女の子がおままごとやお母さんごっこなどが好きなのに対して、男の子はプラレールやミニカーなどが好きなのも、こうした性差によるものといえるでしょう。

ママが自分に対して行う食事やおむつ替えなど身の回りのお世話、さらには周囲の人間に対する興味が強い分、女の子の方が男の子に比べて精神的に早く大人びてくるのです。


体格や筋力の違い

赤ちゃんの時は、男の子も女の子も、体格や筋力にさほどの違いはないだろうと思っている人は少なくありません。

しかし、実際に男の子と女の子を両方育ててみると、生まれたばかりの赤ちゃんであっても、男の子と女の子では体格や筋力にはっきり違いがあると感じます。

抱っこをしてみると、男の子は骨格がしっかりしていて、体も硬く、筋肉質に感じます。

また、泣き声も大きく、力強い赤ちゃんが多いように思います。一方、女の子の体は柔らかく、抱っこをするとふにゃっとしていて、似たような体重の男の子よりも軽く感じられます。

泣き声も力強いというよりは、子猫のようにみゃあみゃあとか細く、赤ちゃんらしい泣き声だなという印象を受けます。


食への関心の違い

大人の男性と女性では、食に対する興味の持ち方や好みに大きな違いがあります。

しかし、この違いは大人になってから現れるわけではなく、実は赤ちゃんの頃からはっきりとした差が見られるのです。

男の子はお腹いっぱいになることが「食」の目的なので、口にたくさんの食べ物をぎゅっとつめこみ、がつがつと食べ、お腹がいっぱいになったらそこで食事は終わりというケースが多いです。

それに対して女の子は、食事の時間そのものを楽しむ傾向が強いため、ごはんを食べ終わるのに時間がかかったり、食に関心が強い割には食べる量が少なかったりする傾向があります。

ただし、好き嫌いに関しては、男の子と女の子の間にはっきりとした差はないと考えられています。


子供服のラインナップの違い

男の子と女の子を両方育ててみて、意外と大きな違いを感じたのが、子供服のラインナップの豊富さです。

女の子の場合は、ボーイッシュなデザインのものから、フリルやレースをあしらったもの、大人顔負けに流行のデザインを取り入れたものまで、実にバラエティ豊かなラインナップが揃っています。

それに対して男の子の場合は、ありきたりなデザインの服が大半で、デザインの種類も決して豊富とはいえないのが現実です。

おしゃれを楽しみたい男の子ママとしては何とも寂しい状況ですよね。

また、女の子はある程度大きくなってくると、自分なりにファッションへのこだわりを持ち始め、自ら服を選んだり、ママが選んだ服にケチをつけたりし始めます。

一方、男の子はデザインうんぬんよりも、肌ざわりや形が気に入らず服を着たがらない……なんてこともあるようです。


まとめ

男の子と女の子の育児の違いについて、主なもの5つをご紹介しました。

男の子には男の子の、女の子には女の子の楽しさや悩みがあります。

男の子と女の子の違いを知ることは、どちらの性別の育児も楽しみながら乗り越えていくための、大きな助けとなるのではないかと思います。

ぜひとも上記に挙げた5つのポイントを参考にしてみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存