ホットヨガの秘密!じつは、ダイエット効果だけではない!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

ホットヨガの秘密!じつは、ダイエット効果だけではない!?

hottoyago-kouka

みなさん1度は聞いたことがある「ヨガ」ってありますよね

ヨガしている人って、何だか魅力的に思えたり、おしゃれな雰囲気出ていますよね♪

私も、息子が少し大きくなったので何か始めたいと思い、体を動かせるものを探していました!

その中で出会ったのが「ホットヨガ」なのです☆

でも、いくらおしゃれと言っても高いレッスン料払って 効果 がないんじゃな〜

そうですよね。何を始めるにもメリットとデメリットは付きものです…

そんなマイナスな面を持っている方も、前向きに検討している方も始めようか悩まれている方に今回は、ホットヨガのメリットをご紹介いたします!!


(ホット)ヨガとは!?

ヨガとは腹式呼吸を行いながら、体のみならず精神的にリラックス効果を与えます。

ヨガ独特のポーズと呼吸法により、体と心をリラックスさせることと共に、体の歪みを直してくれ健康にまで繋がるのが「ヨガ」です。

一方でホットヨガとは、上記に記載したものプラス《室温38〜39度、湿度60〜65%》の環境下で行うのが「ホットヨガ」といいます!

この環境下で行うことによって、筋肉が柔らかくなります。

「ホットヨガ」のメリット

◇発汗作用が働くため、ヨガよりもホットヨガの方が痩せやすい

◇体が温まることで、デトックス効果や代謝改善が期待できます

◇血液の循環が良くなるため、老廃物を外に出してくれる効果があります

◇便秘改善

◇アンチエイジングの効果

など、ちょっと挙げただけでもこれだけホットヨガにはメリットがあるのです(^ ^)

自分ではなかなかできない体の改善ができるのは、何よりも嬉しいですよね♪

「ホットヨガ」のデメリット

メリットがあれば、デメリットが付きもの…

ホットヨガのデメリットも理解した上で始めてみましょう!!

◇上手に水分補給しないと、脱水症状の原因に

◇体力が消耗しやすく、疲れやすいと感じる方も

◇筋肉が柔らかくなるために、伸ばしすぎて体が痛いと感じることも

最初のうちは、何でも慣れが必要ですよね

最初はハードに感じられるかもしれませんが、初日から無理をせず自分のペースでおこないましょう♪


「ホットヨガ」の効果を知ろう!

メリットとデメリットについては、ご理解いただけましたね!少しは、やってみようかな?って気持ちも出てきたのではないでしょうか(^ ^)!?

次は、ホットヨガの効果についてご紹介します!

ダイエット効果

これは女性には嬉しい言葉ですよね☆

実際私も、産後の体がイマイチ戻らずダイエットを目的としてホットヨガを始めました。

ホットヨガにはインナーマッスルを鍛える効果があるので、内側から体を改善することによってリバウンドしにくいボディーが作れるのです!!

室温と湿度が高い環境下でのヨガなので、デトックス効果と発汗作用効果があり、溜まった老廃物を外に出してくれることで、体が軽くなったり、お肌がツヤツヤになります!!

痩せやすい体にも繋がるので、いい効果ばっかりですね♪

美肌効果

先ほど少しフライングしてしまいましたが、ホットヨガには美肌効果が期待できます。

たくさん汗をかくことによって乾燥肌を防ぐことができたり、老廃物を外に出してくれるのでニキビや肌荒れ改善にもつながります。

血行が良くなり、肌トーンがアップする・目の下のクマが消えたなどの効果もあります!!

冷え性・むくみの改善

冷え性は、女の天敵ですよね…

その冷え性をホットヨガで改善することができます!

また、むくみも女性のほとんどが体験しますよね…

むくみの原因は水分なのですが、ホットヨガは発汗作用が期待できるので、自ずとむくみ解消の結果が生まれす!!

ホットヨガを始めて冷え性・むくみがなくなったと、体験者の声があります♪

◇便秘解消

◇デトックス効果

◇リラックス効果

◇肩こり・腰痛の解消

ホットヨガには、本当に様々な効果が期待できます!!

女性に嬉しい効果ばかりでホットヨガって、良いと思いませんか!?

私は猫背気味だったのが改善されて、まわりから「イメージ変わった!」と嬉しい言葉をかけてもらいましたよ(^ ^)

まずは、第一歩が肝心です☆

ホットヨガを始めて綺麗な体を目指しませんか!?


まとめ

ホットヨガの秘密!じつは、ダイエット効果だけではない!?
(ホット)ヨガとは!?
「ホットヨガ」の効果を知ろう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ