保育園とは途中入園出来るものなのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

新年度が始まり、保育園 へ行き始めた人、これから保育園探しを始める人、それぞれだと思います。

中には思っても見なかった家庭の都合や仕事の関係などで、突然引っ越さなければならなくなり、新居での保育園探しをするという方もいるでしょう。

そうなると途中入園という事になりますね。そもそも保育園は途中入園が可能なのでしょうか?

調べてみました。


スポンサーリンク

保育園とは途中入園出来るものなのか?

認可保育園の場合

「待機児童」という言葉があるように、現在人口の多い都市部では保育園に入るのはとても厳しい状態になっています。特に認可保育園の場合は4月の入園に向けて1年前から活動を始めている人も多く、現在の定員数が一杯なところへの入園はまず難しいと言われています。ただ転勤や、家庭の事情で転園や退園する児童がいない訳では無いので、まずは問い合わせてみることが大切です。

その時に覚えておかなければいけないことは、認可保育園は受け入れの際の審査がとても厳しいという事です。通常のキャンセル待ちのように、1人空いたらすぐ次の人が入れる訳ではなくて、待っている人の中で現在の生活状況(仕事、病気、介護などの理由で子育てに手が回らない原因)を点数化した上で、すでに待っている児童も含めて再審査が行われます。フルタイムで働いている事、なおかつ夫の仕事も終業時間が長く、とても協力できる事が難しいと証明できる事、頼りたい両親も遠方に住んでいたり、フルタイムで仕事をしていたり、または高齢のため助けも借りられない状態である事を証明する事が出来なければなりません。

また、子供の数は多いのに常時待機児童が居るような、保育園自体がが不足している地域では、3歳未満の子どもの途中入園は非常に難しい状況です。3歳未満児の保育は、保育士1人で担当出来る子供の数が非常に少なく、定員も少なめだからです。そのため、乳児の年度の途中で空きが出ると言うことは稀です。また、空きが出ても競争が激しいため、そう簡単には入園できないと覚えておきましょう。

ただ全く可能性がゼロかと言うとそうも言い切れないので、途中入園する可能性があるのなら、できるだけ早めに新しく保育園を探したい市町村に問い合わせを一度と言わず何度もしてみる事が必要だと思います。そして諦めず申請を出してみましょう。


認可外保育園の場合

認可保育園と違い、認可外保育園は基本的には途中入園を受け付けてくれます。ただし、認可保育園が少なく、子どもの人数が多い地域だと、認可外保育園でもすでに定員に達している可能性があります。途中入園を受け付けてくれるかは、その園に直接訪ねてみないとわからない事でしょう。この際も、親が保育に手が回らない状態であるという正当な理由が説明できる事が大切です。認可外保育園は園によってかかる費用もバラバラで、とても高額になる場合も多々あります。なのでまずは認可外保育園に預けて、並行して認可保育園にも申請をしておきましょう。母親がフルタイムで働いており、夫も不規則な仕事で協力が難しい、頼れる両親も居ないなどの条件がもしあるのであれば、空きがあれば認可保育園の中途入園に入れるかもしれません。

どちらの園に入るとしても途中入園をする事になった場合は早めに行動を開始して早すぎる事はありません。特に認可外保育園を選ばざるを得ない場合は、保育料金はもちろんですが、園の中まで必ず見学し、保育環境を把握してから入園の申し込みをする事を忘れないようにしましょう。保育園は子どもが1日の大部分を過ごす場所でもあるので、出来るだけ詳しく調べ園の様子、保育者の様子、子供たちの様子、1日の保育の流れなどを調べておく事が大切です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存