子どもの人見知りはどう対応する?赤ちゃん期から幼児期まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

子どもの人見知りはどう対応する?~赤ちゃん期から幼児期まで~

hitomisiri

子どもの人見知りのとき、どう対応していますか?

生後半年から一歳ぐらいまでの間に始まる「人見知り」。

赤ちゃん期の人見知りから、幼稚園就学時期のお子さんまで、人見知りで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

今回は、人見知りの原因と対処法についてお伝えします。


赤ちゃん期の人見知りは防衛本能?

視力もおぼつかない新生児期にはなかったのに、首が座ってあやすと笑うようになってきたかと喜んだのもつかの間、始まり出すのが「人見知り」。

初対面の方の「かわいいわね」をスイッチに泣きだしてしまい、あたふたした経験がある親御さんも少なくないはず。

両親以外の人と目が合うだけで泣きだす、場合によってはお父さんさえ泣かれてしまうことも。


ではなぜ、人見知りが始まるのでしょうか?

赤ちゃんが人見知りを始める理由には、自己防衛本能が関係していると言われています。

視力・脳の発達が進んでくると、よく見る人・面倒を見てくれる人とそうでない人の分別がついてきます。

それはつまり、安全な人・安全かどうか分からない人に分け、後者の存在は不安や恐怖の対象になり、泣きだしてしまう、という構図が仕上がります。

1歳未満の子にとって「人見知り」は自然な発達の一つです。

「お友達とうまく遊べていないから不安」「親戚にも愛想がなくて…」「お母さんしか抱っこがダメで休めない…」など、赤ちゃん期の人見知りには悩みが尽きず、大変なものですが、「お!成長したな。いっちょまえに人見知りを始めたか!」と、おおらかな気持ちで成長を喜んでみましょう。

また、お母さんのリアクションも人見知りの強さに影響してきます。

「お母さんが楽しそう=安全な人」と認識するのにも役立ちますから、少しオーバーに笑いかけたりすると赤ちゃんの気持ちがほぐれやすくなりますよ。


幼児期の人見知りは心の成長過程です

幼稚園や保育園に就学する頃になると、引っ込み事案だったり、人見知りに心配する親御さんもいるのではないでしょうか?

「人見知り」を克服してあげたいがために無理にお友達と遊ばせたりしていませんか? 

実はコレ、逆効果になることもあります。

「人見知り」は大人になっても少なからずあるものです。

自分に置き換えて考えれば分かりますが、初めての方に対する不安や緊張の中で「遊べ!」と言われても、心から楽しむのはなかなか難しく、表面的に楽しそうでも、心が無理をしていることがあります。

自我が芽生えてからの人見知りで、一番大切なことは「心の成長過程を見守ってあげること」です。

自身で気付き、判断し、友達を作っていく。

自分を受け入れてくれる場所を自分で見つけて、作っていくことが大切です。

人見知りもまた性格の一つ、と捉えると見守る方も少し楽になるかもしれません。


人見知り改善には人との触れ合う機会を親子で作る

人見知り対策には、「無理をさせない」人との触れ合いも効果的です。

一人で頑張らせるのではなく、親子で参加できる地域行事に行ってみたり、子育てサークルに参加してみたり、方法はたくさんあります。

初めての方と触れる機会を増やし、慣れさせることから始めてみましょう。

そして、いつでも逃げられる場所として親御さんが付いていてあげてください。

過保護ではなく、自分で進むための安全地帯としてあるだけです。

無理に友達とくっつけようと介入しないようにしましょう。


最後に

人見知りは自然な発達の一つです。

他者との触れ合いに少しずつ慣れさせて、心の成長を待ってみましょう。

極度の人見知り、目を合わせるのが苦手などの特徴から、発達障害を心配する場合には一度専門の方へ相談してみましょう。


まとめ

子どもの人見知りはどう対応する?赤ちゃん期から幼児期まで
赤ちゃん期の人見知りは防衛本能?
ではなぜ、人見知りが始まるのでしょうか?
幼児期の人見知りは心の成長過程です
人見知り改善には人との触れ合う機会を親子で作る
最後に

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存