広島県の初詣に行きたい神社!穴場スポットはここ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

初詣 に行きたい 広島 県の神社とは?穴場の空いているスポットはここ!画像は宮島の厳島神社に行く途中の灯篭。

広島県と言えば、“原爆ドーム”忘れてはならない歴史があります。

中国地方で、瀬戸内海に面している、県庁所在地を広島市に置く283万人(2017年10月1日現在)人口となります。

商業と工業が一段と盛んで、加えて山の自然を生かした農業や瀬戸内海に面していることから漁業も盛んな事から「日本国の縮図」と呼ばれております。

歴史を語っている荘厳の神社・寺が数多くありますが、幾つか紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク

初詣に行きたい広島県の神社とは?穴場の空いているスポットはここ!

三輪明神 大神神社 (みわみょうじん おおみわじんじゃ)広島分祠

日本最古と言われている神社です。

大物主大神が出雲の大国主神に三輪山に祀ってほしいと願いをされたと日本書紀や古事記に書かれてあり三輪山に祀っていることから、本殿は有りません。

大神と書いて、おおみわと読み、国家の守護神として、篤く信仰されております。

平安時代から伝わっている、大神祭、鎮花祭、三枝祭は朝廷のお祭りとして絶え間なく齋行されております。

御祭神は、国作りの神様、即ち、工業、商業、農業や漁業などの産業開発、交通や航海など、生活全般に渡って、人間の幸福への道しるべとも言える生活の守護神である、大物主大神が祀られており、厄除け包囲除けにも御利益があるとされております。

三輪山・・・高さ467メートル、周囲16㎞、面積350ヘクタールの円錐形をした松や杉、檜などの大樹に覆われている、円錐形のお山です。

“三輪の神杉”と言われている杉は有名で、杉玉が酒造の軒先に飾られるようになりました。

頂上の磐座には、大物主大神、中腹の磐座には、大巳貴神、麓の磐座には、少名彦神が鎮まると、縁起書に書かれてあります。

1月1日午前1時から行われる「ご神火まつり」、午前5時からは「四方拝」が拝殿で執り行われます。

初詣に行かなくては御利益が貰うことができませんね。

住所:広島県広島市西区古江上1丁目376-5

アクセス:広島電鉄 宮島線 古江駅下車 徒歩15分

亀山神社

歴史は古く、703年に今の入船山(旧亀山)に創建されたらしく、明治19年に海軍用地として海軍に接収された事から、明治23年に現在地、清水1丁目に移転されました。

その為軍港都市としての呉市を高台からいつも見守っている「氏神さま」として篤い信仰がされております。

御祭神は、帯中津日子命、息長帯日売命、品陀和気命の三柱を祀る神社となります。

初詣は12月31日に除夜祭に始まり、1月1日新しい年が明けると、大勢の初詣の参拝客で境内は賑わい、活気溢れ、沢山の御利益が貰えます。

お正月3が日は、祈祷受付は随時行っており、予約もいりません。

元旦・・午前0時~午後10時・/ 2日・3日・・午前9時~午後8時までが受付時間となり、殿内での祈祷には、御神酒が配られます。清められますね。

呉市の家々を守るとして、「呉のやぶ瓦」があり、家から、心身まで見守ってくれる事は凄い!の思いです。

住所:広島県呉市清水1丁目9-36

アクセス:JR呉線 呉駅 下車 徒歩15分

神社周辺には、観光スポットも沢山あり、灰が峰からの夜景や煉瓦造りの倉庫、呉市だからこその潜水艦基地や日本酒の酒造 千福醸造など数多くありますので、初詣の参拝の後も楽しみが待っています。


糸崎神社

神功皇后が三韓征伐から帰る途中、糸崎に船を繋いで水を汲んだ事から、汲んだ井戸を「長井の水」と呼ばれるようになりました。

神功皇后が軍艦を繋いだとされている「船つぎの松」の記念碑や樹齢500年のクスノキなど最古の神社の風情を醸し出しています。

729年に宇佐八幡宮より応神天皇の御産髪をもらい受けて創建され祀られております。

広島県で最古の神社となります。

御祭神は、帯中津日子命、息長帯日売命、品陀和気命が祀られております。

1月1日には、大かがり火が行われ、祈祷された参拝客には、尺木札が授与されます。

旧暦1月19日には、厄神祭(やくじんさん)が盛大に行われます。

住所:広島県三原市糸崎8-10-1

アクセス:山陽本線 糸崎駅下車 徒歩19分

千光寺 大宝山 権現時

真言宗の「現在生きているこの身このままで仏になる事ができる」いわゆる即身成仏の教えとなります。

行いと言葉と心と仏を一つにして悟りを開く道しるべを意味します。

806年に、弘法大師によって造られ、本堂は舞台造りになっており、別名、赤堂 と呼ばれております。

千手観音菩薩は聖徳太子が造られた事から「火伏せの観音」と呼ばれ、火難除けとされていましたが現在は、諸願成就の観音様 と篤く信仰されております。

千光寺の名前の由来でもある「玉の岩伝説」があり、尾道には玉が付く地名が数多く存在します。

千光寺がある公園は、明治27年に住職によって、造られ、尾道市が一部管理しています。

さくらの名所100選に選ばれている、更に恋人の聖地、夜景100選にも選ばれている事か初詣には欠かせられません。

四季折々の風情を楽しみ、癒やされ、新たな年を迎えられる事の感謝が沸いてきます。

住所:広島県尾道市東土堂町15-1

アクセス:JR山陽本線 尾道駅 下車 車で15分

以上 幾つか、紹介致しましたが、広島県の趣きが見られましたでしょうか。

原爆ドームの印象が強い事もありますが、どこか落ち着きがある風情が感じられるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存