引越しでやること!役所での手続きについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

引越しでやること!役所での手続き

hikkosi

新居への引っ越しが終わりますと新しい生活を始めていくわけですが、そのためにもやるべき準備が多々あるわけですが、その中でも役所関係の手続きを行わなければなりません。

はじめて引っ越しを経験する方にとってみれば、何から手をつけていいかもわかりませんし、手続きと聞くだけで難しいイメージを抱くものです。

手順を追って確実に進めていくために、ここでは一つづつ必要な事項を確認していこうと思います。


役所での手続きを確認しましょう

引っ越し先が決まりましたら、まず最初に行わなければならないのは

転出及び転入届になります

前住所での市役所にて発行してもらった転出証明書を持参し新しい居住先での市役所にて転入届として提出します。

その際は印鑑や身分証明できるものが必要になります。

ただし引っ越し先が同一市内である場合、転居届の提出になります。

また手続き時のポイントとしては、住民票を合わせていくつか発行しておくことをお勧めします。

この後の様々な手続きの中で必ず提出書類として必要になってきますので、手間を省く意味合いでも取得しておくほうがいいでしょう。

注意しなければならないのは、ここまでの手続きは引っ越し後14日以内に完了しなければなりません。

その他必要事項としましては印鑑登録、国民健康保険、国民年金に関する手続き、子供さんがいらっしゃるご家庭では、乳児医療費助成や児童手当、母子手帳などと転校に関する事項として転入学通知書、福祉や医療に関していえば、後期高齢者医療費助成や介護保険などがあります。

なお転入学通知書におきましては、お子さんが通っている学校が公立か私立かで多少の違いはあるので、事前に学校に問い合わせをしておくと安心です。

公立であるならば現在在学中の学校から、「在証明書」「教科用図書給与明細書」を受け取り転校先の学校へ転入学通知書とともに提出すことになります。

また免許証や車に関する手続では

免許証は新住所における所轄の警察署か免許更新センターで住所変更を行います。

ただし仮に変更を怠ったとしても特に罰則の規定があるわけではないようですが、身分の紹介や免許更新時の通達などが旧住所のままでは不都合が生じますので、早いうちに手続きを済ませておくに越したことはないようです。

自家用車もまた、車庫証明や車検書の書き換えなども警察署で行います。

ここまでが役所関連での必要なおおよその手続きを述べましたが、この他にもガス・水道・電気などの公共機関や電話はたまたインターネット関連の契約、銀行や保険に関する事項など、電力会社や水道局、ガス会社やサービスプロバイダーなど各機関に直接住所変更を行います。

場合によってはウエブ上でホームページにアクセスして変更することができるようになっております。また引っ越しをおこなう前にある程度変更作業をしておくことも大切です。


手続きをリストアップしよう

前節で様々な手続きを説明しましたが、生活を行う上で日々仕事や学校など忙しいので平日に役所に出向いて手続きをする時間を捻出することは非常に困難になることでしょう。

さらには非常にたくさんの手続きがありますので、できるだけまとめて円滑に進めていかなければ、何度も役所に出向かなければならないなど手間になります。

そのためにも、あらかじめやるべきことのリストアップを行い手順を確認して計画どおり進めていくことをお勧めします。

そうすることで二度手間になることが解消されるでしょうし、新しい生活を円滑に始めていくことが出来ます。

また役所関係の書類は厳正なもですので、よく書類や印鑑、持参するべきものの不備などがよくありますので、これも事前によく確認してから出向くように心がけましょう。


手続き完了

最後にすべての手続きが完了しましたら、今一度モレがないか間違っている箇所はないか今のうちに確認しておくことも重要かもしれませんね。


引越しでやること!役所での手続き
役所での手続きを確認しましょう
手続きをリストアップしよう
手続き完了

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存