長距離の引越しで車を安く運ぶ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

長距離の引越しで車を安く運ぶ方法

truck

引越しをおこなう時は、一般的にたくさんの荷物の運搬を引越し業者に依頼することが多いと思いますが、それでは自家用車やバイクなどは、どうすればいいでしょうか?

引っ越し先が近い距離であるならば、ご自身で運転して直接持っていくことが出来ますが、もし運転していくことが困難なほど遠方である場合、車やバイクも引越し業者に依頼することができるのです。

では、どういった方法で輸送するのかを確認していきます。


車の輸送を依頼する

車やバイクの輸送の依頼にも様々な手段やプランがあります。

1.引越し業者

いわゆる大手と呼ばれるような引越し業者に依頼します。発着ともに現地に直接輸送してくれる場合が多いようです。引越し業者そのものが作業してくれるところもあるようですが、専門の下請け会社に輸送依頼をする場合が多いようですので、別料金としての清算方法で少々割高になるようです。

2.車両専門の業者

zeroヤマサ等の軽自動車からバイクまで車両を専門的に輸送してくれる業者になります。車両輸送に特化しているので、比較的輸送に関するサービスレベルは高いようです。引越し業者に比べて安めの金額での輸送になります。

3.輸送手段

引越し業者、車両専門の業者どちらにしても各地域や移動距離に照らし合わせて近距離であるならば、自走での移動やキャリアカーなどで数台まとめて陸送しますが、遠隔地や離島などではフェリー等を利用して運ぶことになります。距離に応じて数日から遠隔地ですと一週間程度の日数を要する形になります。


輸送依頼におけるプランなど

引越し業者への依頼の場合、たいていの場合は通常の引越しに合わせて車の輸送をお願いすることになりますが、その他の場合ですとインターネットで見積依頼を行うことが出来ます。

また輸送に関するプランですが、直接家から新居へ運んでくれる場合、近くの中継店などまでの輸送になる場合、輸送だけにとどまらず車両におけるナンバー登録の変更や車庫証明の手続きを代行してくれるサービスもあるようです。

また輸送前にあらかじめ車両の状態をチェックしておき万が一の外装キズなど保証される体制があるようです。

ただしエンジンや電気系統など外装および内装など以外のトラブルに関しては保証の対象外となるようですので注意が必要です。

また車両状態のチェックの際はご本人立ち会いのもと配送業者といっしょに確認することになっています。

車両輸送とは若干異なりますが、海外への引越しなどで車やバイクなどが不要になってしまう方もいらっしゃると思います。

そういった場合廃車などの手続きも代行してくれるような業者もあります。


輸送費用や注意点

一般的な輸送料金を確認してみますと、東京から大阪間を例に見てみますと、車ですと4万から6万円程度。

バイクなら3万円から5万円程度になるようです。

どちらも一台の輸送費用になります。

車の輸送に関しては、通常の荷物の引越しと異なり決まった日時に輸送することが困難なようですので、ある程度のゆとりを持って業者に依頼することが重要です。

引越し先で車やバイクがなければ、生活に支障がでることのないようにあらかじめ計画的に進めていくようにしましょう。


まとめ

長距離の引越しで車を安く運ぶ方法
車の輸送を依頼する
輸送依頼におけるプランなど
輸送費用や注意点

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存