引っ越しで公共料金の手続きは一括で簡単にできる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

引っ越しで公共料金の手続きは一括で簡単にできる?

cba1c0fc252c06195037e7eff5b4d820_s

誰でも暮しの環境が変われば、いろいろと変更しなければいけないことは多いのですが、毎日忙しい中で役所しかり各関連の会社に出向いて行ったり、電話しなければいけなかったり面倒な作業が多いのですが、その中でも、ガス・水道・電気といった公共料金等における住所変更であったりすることの手続きを一括して行うことができる仕組みをここからは検証していきます。


一括手続きのサイトを利用しましょう

引っ越し手続きにおいて、本来であれば個々に行わなければならない作業を一括で、しかもウエブ上で管理してくれるサイトがあります。

サイトを確認しますと公共料金などの手続きをホームページ上の画面にて、引っ越し前後の住所、氏名などを入力します。

次に必要な事項としまして引っ越し先、もしくは自治体に合わせて変更の対象になる各関連会社を選択します。

後は登録に基づいた情報が東京電力のサービス「引越れんらく帳」関西地区なら「関西引越し手続きサービス」に引き継がれ、すべての変更手続きをおこなうことができます。さらに公共料金だけに限らず他にも電話、保険関係、クレジットカード、銀行、サービスプロバイダー、携帯電話など様々な分野にわたり一括でできることが魅力です。

一括サービスを展開するホームページでは一括手続きの対象になる事業所一覧が表示されていますが、必ずしもすべての公共機関が対象であるわけではないので、事前に確認することが必要ですし、基本的に住所変更などは、引っ越しが始まる前に取り組んでおくべきでしょう。

住居によってはオール電化住宅などガスを使わないところもありますので、手続き画面で個別に選択することが可能です。

また、「引越連絡帳」に登録する前には、契約者の氏名、電話番号はもちろんのこと、引越し日時、新旧住所に関する情報をそろえておきましょう。

なおインターネットでの登録に関する手続きは無料でおこなうことができますし、24時間受付ておりますので、日中お仕事の忙しい方には安心ですね。


公共料金の手続きはとっても重要・・・

電気などの公共に関する手続きをもし一括手続きを利用しなかった場合、当然に個人で個別に対応しなければならないわけですが、その手続きの重要性は以下の通りです。

1.電気

利用停止及び開始はブレーカーのオン・オフのみ。業者の立ち合いは不要。最低でも一週間前には電力会社への連絡。

2.水道

元栓の開閉のみで業者の立ち合い不要。こちらも一週間前には水道局もしくはマンションであれば管理会社への連絡。

3.ガス

業者の立ち合いが新旧住居に関して必要。事前の立ち合い日を怠るとガスが使えなかったり面倒になるので注意。

このようにそれぞれの手続きを見ても面倒な感じではありますし、引っ越ししてすぐ使えなかったり、旧住居でのトラブルを回避する意味でも一括手続きを利用するほうが利点がありそうですね。

やはり公共のインフラはとても大事ですから・・・


手続き後は確認を・・・

全ての手続きが完了しましたらサイト上で登録内容を確認することが出来ます。

またその運営サイトはアフターケアもしてくれるので、困った場合などの対応もしてくれます。

とにかく手続きは簡潔に済ませてしまいましょう。


まとめ

引っ越しで公共料金の手続きは一括で簡単にできる?
一括手続きのサイトを利用しましょう
公共料金の手続きはとっても重要・・・
手続き後は確認を・・・

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ