初めての引越しの手続きはこれ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

初めての引越しの手続きはこれ

hikkosi-hajimete

引越しと言えば、例えば新しい家を購入した、転勤で移住しなければならない、等様々な要素があると思いますが誰でもが、そう何度も経験することではないでしょう。

その中でも人生で初めて引越ししなければならない時、まず何から取り掛かればいいかも分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、ここからは順を追ってやるべきことの説明をしていきたいと思います。
>>>引越し業者全国厳選40社!!最大7社からスピード見積り!お引越し屋★


各種手続きに関すること

手続きと言っても公共てきなものから役所、自身の趣味に関することまで非常に多岐わたります。引越し前後に分けて検証していきます。

1.引越し前にすべきこと

 ・現在お住まいの市区町村役場において転出の手続き

 ・水道、ガス、電気等の使用中止と新住所における開始の手続き

 ・固定電話、インターネット等の住所変更手続き

 ・郵便物や宅配物、ダイレクトメール等の転送及び住所変更手続き

 ・引越し業者への連絡および手続き

 ・お子さんがいらっしゃるご家庭は学校等の転校手続き

2.引越し後にすべきこと

 ・新しい居住区の市区町村役場にて14日以内に「転出証明書」を添えて転入届の提出。

 ・役所において住民票、児童手当、乳児医療、国民健康保険、老人医療など各種手続き

 ・運転免許証、自家用車などお近く警察署や免許更新センターでの住所変更

 ・学校等における転入手続き

 ・クレッジトカードや銀行に関する住所変更手続き

上記、基本的に必要な事項を明記しましたが、個々においてはこれ以外にも、例えばペットをお連れの方には、狂犬病予防に関連してペットの登録住所を変更しなければならない場合があります。

また引越し先が前住所と違う自治体の場合、項目によっては、若干異なる部分もでてくる可能性がありますので、直接新住所の各所自治体に問い合わせしてみましょう。


手続きにおける注意事項

基本的に役所関係、免許、自家用車にかかる事項など、本人もしくは委任による代理人での手続きになります。

また引越し後14日、2週間以内の内にはすべての手続きを完了させましょう。

またインターネットの光回線の工事の日程やガスなどの住居人立ち合いのもと行わなければならないものがありますので、引越し日を考慮して、事前に打ち合わせを行わなければなりません。

引越し時期のタイミング等で作業がずれ込んでしまっったりすることで、引越し後の生活に支障が出てくる可能性もありますので注意しましょう。

役所や学校など直接出向いていかなければ手続きできないものを除いては、インターネット上にて登録変更できるものが多いので、各項目をwebで確認しておくことも必要です。

>>>引越しってどこが安いの?大手引越業者のプランを徹底比較


手続きは円滑に進めましょう

引越しに関連した手続きをスムーズに行うためには、やるべきことのリストを作成して計画的に進行していくこが重要です。

東京電力などが運営している「引越れんらく帳」などを使用して極力簡単に手続きを進めていく方法もございます。

引越しが終わってから手続きが漏れていいたために困ることがないようにしなければばりませんし、役所関係など14日を超えて申告するような事態になりますと、罰則規定が設けられているようですので、前もって準備を進めていきましょう。


まとめ

初めての引越しの手続きはこれ
各種手続きに関すること
手続きにおける注意事項
手続きは円滑に進めましょう

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ