初正月の祝い方/羽子板/破魔弓/お返しについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

初正月の祝い方/羽子板/破魔弓/お返しについて

hatsusyougatu

「初節句」や「お食初め」などをお祝いする地域や家庭はまだまだ多いですが、初正月 はどうですか?生まれた子どもが初めて迎えるお正月をお祝いすることを言います。

最近ではあまりやらなくなったようにも思えますが、これも大切な意味を持つお祝い事です。

子どもの新しい一年の健康を祈願してしっかりとお祝いしましょう。


初正月って何?

初正月?

初正月とは読んで字のごとく「生まれた子どもが初めて迎えるお正月」をお祝いすることを言います。

子どもが男の子ならば破魔弓を、女の子ならば羽子板を送る風習が今も残っています。どちらも子ども達の魔除けや無病息災を祈願した物です。

送るのは母方の祖父母とされる場合が多いようですが、こちらも地域により異なり、また現在では初正月を行わない地域も多いので、もし行う予定があるのであれば双方の両親に確認しておくことをお勧めします。

飾っておく期間

羽子板と破魔弓、どちらも12月中旬以降に飾りつけをしておけば問題はありません。

具体的には、平安時代の頃から12月13日は「正月事始め(しょうがつことはじめ)」と言われていて、この日からお正月を迎える色々な準備を始めるのです。大掃除を粗方終え綺麗になった家に飾るのが良いでしょう。

また、しまうのは年が明けて1月15日前後をお勧めします。

この日は小正月(こしょうがつ)と呼ばれていて、お正月飾りを焼くどんど焼き、もしくは左義長(さぎちょう)が行われるためです。

ですが、子どもの厄除けや無病息災を祈願する物。

1月が終わるまで飾る地域もあれば、桃の節句や端午の節句でも飾る地域、また一年中飾っているという地域もあります。


 羽子板

c4d8fdc2fdcd7a5287bfa1083ca38dec_s

羽子板と言えば羽根つきですよね。

実はこの羽根つき、ただの遊びではないのです。

女の子の赤ちゃんの無病息災を祈願する意味も持っているのです。

羽根つきの起源は平安時代とも室町時代とも言われていますが、江戸時代頃から羽根つきが女の子達の遊びになったとも、羽子板が厄除けとして縁起物になったとも言われています。

このように諸説ありその由来に関しては未だはっきりとはしていませんが、江戸時代頃には現代の羽子板飾りの原型が出来上がったそうです。

立体的な押絵や飾りがある物が一般的で、女の子が遊ぶ羽根つきには到底使えません。

羽子板でつく羽に黒い玉が付いているのを知っていますか?あの黒い玉は「むくろじ」という大木の種です。

この「むくろじ」、漢字で書くと「無患子」となり「子どもが患わない=病気にかからない」という意味から無病息災の願いが込められているのです。

昔は女の子がお正月に羽子板でこの無患子がついた羽をつくことで、新しい一年の厄払いをしたと言われていますが、現代ではその羽子板だけが残り、綺麗に飾られることが多くなりました。


破魔弓

破魔弓(はまゆみ)、もしくは破魔矢(はまや)とも呼ばれ地域により異なります。綺麗に飾られた弓と矢をセットにしたものです。

羽子板と同じく昔からの行事の一つに、弓矢で男の子が的を射てその年の占いをしていたものが、のちに破魔弓になったと言われています。

昔から弓矢には魔除けや厄払いのお守りとして扱われていて、邪気を払う力があると考えられてきました。

現在では男の子の健やかな成長を祈願するもので、正月の縁起物ともされています。

似ている物で神社の破魔弓や、棟上げの時に屋根に立てる破魔弓がありますが、これらも弓矢が持つ魔除けの力を信じたことから始まった習慣です。


お返し

お祝い事をいただいた場合のお返しって、少し悩みますよね。どのぐらいの金額の物をどのぐらいの時期までにお返しすれば良いのか…。

また、いただいた相手にもよりますよね。

親からの場合

昔からの風習に乗っ取っていれば、初正月のお祝いは「実家」から貰うことが多いはずです。この場合は、基本的にお返しの必要はありません。

ですが、それでは気がひけるという場合は、正月で親族が集まる機会があるのであればその時に気持ち程度のお菓子でもあれば、お祝いした側も気を良くするのではないでしょうか。

おじいちゃんやおばあちゃんとは、長い付き合いとなるわけですから、今後の為にも仲良くしておくにこしたことはありません。

親戚や友達からの場合

この場合は少し考えてしまいますよね。

お返しの期間

残念ながら、初正月のお祝いへのお返しの期間ははっきりいつまで!とは決まってはいません。

いつでも良いと言えば良いのですが、「お祝いをいただいたら、早めにお返しをする。」予定ではいましょう。親しき中にも礼儀あり、ですよ。

お返しの金額

金額は少しどころでなく悩みますよね。

いただいた物の値段がわかれば、そこまで悩むことはないかもしれませんが、実際そんなことはありません。

また、お返しの期間と同じではっきりとした相場はないのです。

よく使われる言葉「ちょっとした物」または「お祝いよりは安い物」という言葉が示す物が無難というわけです。

ただ、羽子板に関しても破魔弓に関しても、お値段はピンキリありますが一般的には2万円前後の値段がつく物が多いそうです。

ですので、もしお返しをしなくてはいけない場合はこの金額を参考にしてみてくださいね。

お返しの熨斗(のし)

お返しの表につける熨斗は「紅白の花結びの水引、表書きは「内祝」と「初正月を迎えた赤ちゃんの名前」を書きます。

逆に初正月のお祝いを贈る場合も、同じ熨斗を使います。ですが表書きは「初正月祝」となります。

子どもの健やかな健康を願う羽子板と破魔弓。

綺麗に彩られ飾られたのに、一年に一度しか飾らないのはもったいないですよね。ぜひ一年中飾っておいてみてはいかがでしょう。

もちろん、お正月の直前に生まれたお子さんに関しては、翌年にお祝いしても大丈夫です。


まとめ

初正月の祝い方/羽子板/破魔弓/お返しについて
初正月って何?
羽子板
破魔弓
お返し

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ