男の子の初節句に兜を飾る理由って?おさがりはだめ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

男の子の節句と言えば「端午の節句」ですね。あなたは何を思いだしますか?鯉のぼりや菖蒲、ちまきや柏餅と言う方も多いと思いますが、兜も忘れてはいけません。でも、兜は飾るのに場所を取りますし、兄弟の人数分用意しなくてはいけないとなると、少し大変ですよね。今回は、端午の節句に兜を飾る理由から、誰が用意するのかまでをまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。


スポンサーリンク

初節句で男の子の兜の由来とお下がりでも大丈夫?誰が買う?

 端午の節句について簡単に説明

そもそも端午の節句とは五節句(ごせっく)の一つで、日本ではこの日に男の子の健やかな成長を祈ります。

一般的には五月五日に行われていますが、一部地域では六月五日に行うところもあります。

では「端午」の意味をご存知ですか?「端」とは物のはしのことを指しますが、転じて「始まる」という意味あいになり、端午とは付きの始めにやってくる午の日のことをさしているのです。

また、旧暦では五月は午の月にあたります。

日本国内ではちまきや柏餅を食べる風習がありますが、端午の節句で柏餅を食べるのは日本だけと言われています。

柏は新芽が出るまで古い葉が落ちないので「家系が絶えない」とされ、縁起物になっているのです。


兜を飾るようになった歴史

端午の節句が日本で始まったのは、遠い昔のことでした。奈良時代においては宮中行事の一つとして行われていたとの文献も残っています。

この頃、菖蒲を髪飾りにした人々が武徳殿(ぶとくでん)と呼ばれていた大内裏(だいだいり)の殿舎に集まり、天皇から薬玉(くすだま)を賜っていたと言われています。

薬玉とは、薬草を固めて丸くし飾りを付けたものでした。

貴族社会では薬玉を作り、お互いに送り合う習慣もあったのです。

その後、鎌倉時代に入ると「菖蒲」が「尚武」と同じ読み方をすることと、菖蒲の葉が剣を連想させる形をしていることなどから、端午は男の子の節句とされました。

尚武とは、武事や軍事を尊ぶことです。このため、兜や鎧、または金太郎や武蔵坊弁慶を模した五月人形を飾るようになりました。


兜にこめられた願い

兜には男の子の身体を守るという願いが込められています。

兜とは、武将たちの身を守ってくれる大切な道具の一つです。

そこから、命を守る象徴と考えられるようになり、男の子の無病息災や厄除けなどの願いを込められるようになりました。

また、一般庶民に端午の節句が広がる以前は、武家社会のみで行われていましたが、その頃の端午の節句は厄除けや邪気払いの日として扱われていました。

日本には梅雨がありますが、端午の節句は時季的にも雨期直前。その頃は病気にかかりやすかったために、厄除けが必要だと考えられていたのです。

「外からやってくる災いや病気を防ぐ」「男の子の健やかなる成長」を込めて、家のなかに兜を飾るのです。


鎧は兄弟の人数分用意しなくてはいけないの?

兜を飾る理由は分かりましたが、一番の問題はその置く場所ですよね。

飾るのにも保管しておくのにも、場所が取られますので兄弟が多いご家庭では大変だと思います。

人数分揃えることなく、皆で一つという形にしたくなるのも頷けます。

しかし、先ほども説明しましたが端午の節句に飾る理由は、その子どもを災いから守ってくれるというもの。

何か災いが起これば、兜が身代わりになるとも言われています。

そのため、本来ならば男の子一人につき一体の兜を贈るものです。

また、地域によっては、上の子が初節句を迎えるときに兜を贈られ、その子が大きな病気や怪我もなく健康に過ごせているのであれば、その兜は縁起が良いともされ、下の子達以降は五月人形などを買い足して飾っていくという所もあります。


誰が買うの?

雛祭りが終わる頃から、他の飾り物と一緒に兜も店頭に並び始めますね。

男の子が生まれたご家庭ではここで一つ疑問が起こります。

それは「誰が買うの?」ということです。

昔からの習慣では「母親(お嫁さん)側の両親(祖父母)」が購入というのが多かったようです。

この理由に関しては諸説あり、どれが正しいということはありません。

また、地域やその家庭の事情など現代では様々な理由も混ざり合い、誰が買っても良いのです。

母親側の両親だけでなく、父親側の両親もしくは自分達で買うというのも大いにありです。

他には鯉のぼりは父親側(または母親側)、兜は母親側(または父親側)という風に、二つに分けて買ってもらうというのも良いかもしれません。


最後にまとめ

端午の節句の兜についてお話ししましたが、いかがでしたか?

ついつい鯉のぼりに目が行ってしまいがちですが、兜など家の中に飾る物の重要性もお分かりいただけたかと思います。

また兜と同じような飾り物として鎧もありますが、そちらも同じ願いが込められています。

男の子の健やかな成長を願う端午の節句。良い気持ちで過ごせるようにしたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存