やけど虫(ハネカクシ)に要注意!夏に被害が続出!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

夏に被害が続出!やけど虫(ハネカクシ)に要注意!

yakedomusi

やけど虫(ハネカクシ)」ってご存じですか?

夏に発生する昆虫で、刺されるとまるでやけどをしたような炎症を起こすことからやけど虫と呼ばれています。

聞きなれない名前で、初めて聞いた、実際に見たこともないという方も多いのではないでしょうか。

しかし、このやけど虫、実はかなり身近にいる昆虫なんです。

刺されてしまうと患部が腫れあがってしまい激痛に苦しむことにもなりかねません。

ぜひやけど虫の特徴と、刺された場合の対策、予防策を覚えておいてください。


「やけど虫」って何?

「やけど虫」って名前だけ聞いてもどういう虫なのか想像つきませんよね。

「やけど虫」の正式名称は「アオバアリガタハネカクシ」といい、コンチュウ目ハネカクシ科の昆虫です。

体長は7ミリぐらいの細長い虫で、見た目はアリに似ており頭部・後胸は黒色、前胸・中胸はオレンジ色で、尾の2節は黒い色をしています。

世界中に分布しており、日本でも北海道から沖縄まで全国に生息しています。

特に田んぼの周辺や畑、川岸など湿気の多いところに多く発生すると言われています。

4月~10月にかけて活動しており、6~8月は特に多い時期です。

光を好む傾向にあるので家の灯りに寄ってくることが多くなります。

暑い時期には網戸にいる場合が多いですが、網戸の隙間よりも体が小さいために部屋の中に入ってくることもあります。


やけど虫はどういう毒があるの?触れたらどうなる?

やけど虫には「ペデリン」という有害物質を体内に保有しています。

卵・幼虫・蛹・成虫とどの状態のときにも保有しており、つぶしたり手で払ったりすると「線状皮膚炎」を引き起こします。

皮膚に付着して約2時間ほどでかゆみを感じはじめ赤く腫れあがり、やけどのように水泡を生じます。

線状に赤く腫れて水ぶくれとなる症状がやけどに見えるために、「やけど虫」と呼ばれるようになりました。

この「ペデリン」という毒は、実はかなり強力なもので目に入ると激しい痛みや炎症、最悪の場合は失明することもあるので注意が必要なのです。


やけど虫に触れてしまったときの対処法

もしやけど虫に触れてしまった場合は、毒で皮膚が大きくはれる可能性があるため、まずはすぐに水道水で充分に洗い流しましょう。

腫れが出始めた場合はすぐに皮膚科に相談してください。

その際に、やけど虫に触れてしまったということを伝えるといいですね。

体液をさわってしまった手で目をこすってしまった場合は、すぐに眼科を受診してくださいね。

治療はステロイド軟こうの塗布で、完治は5日~10日かかると言われています。その後、茶色い跡の色素沈着が長期間消えなかったという人もいるという報告もあります。


やけど虫を見つけたときの対処法

やけど虫は、人間を襲ってくるような昆虫ではないので、屋外で見つけても騒がずにそっとしておけば問題はありません。

もし家の中に侵入してしまった場合は、直接素手で触らないように注意し、屋外に出すか殺虫しましょう。

やけど虫の分泌物や死骸にも有毒物質が含まれているため、注意して処分してください。

窓や玄関に虫よけ剤を散布しておくのも効果的です。


おわりに

いかがでしたか?

聞きなれないやけど虫(ハネカクシ)ですが、夏になると被害報告が続々と出ています。

屋外で遊ぶ機会も多くなる季節ですので、発見しても絶対に触らないように注意してください。虫よけやステロイドの軟こうを準備しておくと安心ですね。

特に小さいお子さんがいるご家庭では、外遊びの際にはしっかりと対策をしておきましょう。


まとめ

やけど虫(ハネカクシ)に要注意!夏に被害が続出!
「やけど虫」って何?
やけど虫はどういう毒があるの?触れたらどうなる?
やけど虫に触れてしまったときの対処法
やけど虫を見つけたときの対処法
おわりに

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ