初めての出産ってみんなどうなの?不安と喜び

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

初めての出産ってみんなどうなの?不安と喜び

hajimete-syussann

28歳で結婚、3か月位で妊娠、専業主婦だった私は保健センターで行われる母親教室や通っていた産婦人科で行われる、母親教室に真面目に通い妊婦ライフを過ごしました。

初めての出産を振り返り、これから妊娠出産を経験される方の少しでも参考になれば!と体験談を綴ります。


妊娠発覚

28歳で結婚した私は結婚後、のほほんと専業主婦ライフを謳歌しておりましたが、気付いたら何となく毎日熱っぽく何となくむかむかしてもしかして・・?妊娠したのかなと言う日々が続きまして検査薬を買ってみて試してみると妊娠の反応が出ましたので、後日病院に行ってみるとやはり妊娠しておりました。

嬉しくて主人にすぐにでも報告したかったのですが、その日は飲み会が有って帰ってきたのが午前様で嬉しかったはずなのに帰宅がその日に限って遅かった事から、怒り爆発でした。

本当はそんなシチュエーションで報告する筈ではなかったのに、とても残念な第一子報告会になりました。


つわりって?

その日から私の妊婦ライフが始まりました。

でも判った時点で2か月半位でしてつわりが割と有って、食べるとむかむかする日々でした。

専業主婦でしたし、調子が悪ければ寝ていれば良いので今思うと楽ちんでした。つわりがひどい方は入院もされるそうなので、それに比べたら全然楽でした。

人によってはお腹が空くと気持ち悪くなるからつい食べちゃうと言う方もみえて、そういう方は肥っちゃうそうで、大変だなと思いました。つわりは私は5か月位まで激しくは有りませんが続いておりました。


妊婦ライフの楽しみ

最初の頃は妊婦になりたてで何も判らず、早速何がいるのかこれからどうなるのか等嬉しい反面、不安もありました。

まずはひよこクラブを買って勉強したり、保健センターの教室に出たりするのを開始しました。

月一回行く病院では体重を計って1か月に1キロ以上増えると怒られますから、あまり増えない様に散歩したり運動したり、体重管理もしました。

6か月になると戌の日に腹帯をする儀式をするんだと当時元気だった私の祖母に教えて貰い、装着し始めました。

毎朝巻く事から1日が開始です。

この頃の楽しみはつわりも無くなり、食べる事が楽しくて体重管理も必死でした。

目標は出産までに先生から7キロから10キロで抑えて下さいねと言われてましたから、最低ラインの7キロだけしか増えない様にする事でした。

少しずつ赤ちゃんグッズも増やしていきました。

地域の図書館に通っては妊婦の為の本を借りたり、胎教に良いCDも貸し出しが有りましたので、よく聴きました。でも!今思うと聞いたからと言って子供達に影響が有ったとは思えません。

特別音楽が好きになったとか、頭が良くなったとか、情緒が豊かになったとか思い当たる節が無く胎教ってどうだったんだろうと今は思いますが、その頃は時間も有りますし、やれる事は全てやろうと思っておりましたから、真面目な妊婦ライフを過ごしておりました。


男子と!

7か月位に病院へ行くと、診察時に先生がどちらかなと見てくれて男子と判明しました。今はもっと早くに判ると思いますが、もう20年位前の事なのでそんな感じでした。

祖母は自分の経験から随分早い時期から、お腹やつわりの感じからきっと男の子だとは言っていました。

まぁ最初はどちらでもと思っておりましたから、その日から男の子用の物が揃えられる事が判ったので、又楽しみが増えました。


普段の生活

母親教室に行っても病院に行ってもあまり大事大事にしていると、出産時に良くないと聞いていましたので、昼間は近所の散歩は欠かしませんでした。

主人が休みの日は公園や買い物にも行き、散歩がてら歩きましたし、妊婦体操もしていました。

なるべく歩く事を心掛けていたので、体重も1か月1キロペースは守れていました。

お母さんが食べた物が胎盤を通じて赤ちゃんに届くと聞いていたので、食事にも気を付けていました。

歯が丈夫になるんだと聞いて、煮干しはボリボリ食べていました。

その成果が有って長男は19歳ですが、虫歯になった事が有りません。これは感謝して欲しいところです。

間食はする習慣が無いので、運動はするし食事にも気を付けていたので、妊娠する前よりもかえってスリムになった位です。


臨月になると

9か月位からお腹が張って足も時々浮腫んだりして来ていましたが、臨月に入ると更にお腹が張りました。

胸も母乳の準備なのか張って来て、早く産みたいと思って過ごしていました。

本を読んだりして産まれる時はこんな感じと知識では得ていましたが、経験した事が無いのでどれ位痛くなって来てどんな状況になるのか判らないので、期待と不安で一杯でした。

予定日間近は病院に行くのも周期が短くなり、予定日1週間前辺りに通院した際もういつ陣痛が来てもおかしくないねと言われ、ドキドキでした。

どこがどの位痛くなるのか、誰か教えて!と言う感じです。

その日はとうとうやって来ました。

おしるしの出血が夜中に有って病院に電話したところ、今から来て下さいと言われ、主人を起こし病院に行きました。すぐ診察され、入院する事になりました。

この時の陣痛の間隔はまだ10分間隔位でした。

陣痛ってどんな痛みかと言うと、生理痛が酷くなったような感じです。腰や下腹がズンッて重い感じで痛いのですが、その痛みをもっと強くしたような感じでした。

順調だとそれが明け方なので昼頃にはと言われてましたが、間隔があまり縮まりません。

でも痛みは増してきます。痛い痛いと主人に話していると、近くに居た看護師さんが喋れるようならまだまだだねなんて言いながら、通り過ぎました。

こんなに痛いのに、まだまだなの?と先の見えない痛みと不安でもぉ!早く出てと心で叫んでおりました。

出産後はそれまでの痛みを忘れて今は三人の母親となりました。


まとめ

初めての出産ってみんなどうなの?不安と喜び
妊娠発覚
つわりって?
妊婦ライフの楽しみ
男子と!
普段の生活
臨月になると

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ