子供の歯にフッ素で虫歯予防

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

真っ白で小さくて可愛い子供の 

できるだけキレイなままで守ってあげたいですよね。

子供の虫歯予防に効果があるとされているのが「フッ素」です。

フッ素とはどういうものなのか、子供の虫歯を予防するにはどうすれば良いのかなどについて、詳しくご紹介します。


スポンサーリンク

子供の歯にフッ素で虫歯予防

フッ素とは

1歳半検診や3歳児検診で子供が塗布を受けた経験をお持ちの方も多いであろう「フッ素」。

「フッ素=歯に良いもの」という漠然としたイメージはあるものの、具体的にどんな薬品なのかは分からないという方も少なくないことでしょう。

フッ素はフッ化物とも呼ばれ、肉・野菜、そして私たちの骨や歯にも含まれる成分です。

子供の内にフッ素を歯に塗布すると、虫歯予防の効果が得られるとされています。


フッ素にはどんな効果がある?

それではなぜ、フッ素を塗布すると虫歯予防の効果が期待できるのでしょう?

フッ素には、再石灰化(唾液中のカルシウムやミネラルにより歯が強くなること)を促進する・虫歯菌が酸を作り出すのを抑制するといった作用があります。

子供の歯は、大人に比べて再石灰化が進んでいないため、虫歯になりやすいとされています。

再石灰化を促進することで、丈夫な歯を作ることができます。

また、虫歯菌は酸を作り出し、歯を溶かしてしまいます。

フッ素によって虫歯菌の酸生成能力を抑制することで、虫歯のリスクを低減できると考えられています。


フッ素の種類

フッ素は、小児歯科などで塗布してもらうほかに、歯磨き粉やうがい薬を使って虫歯要望に取り入れることもできます。

ドラッグストアなどで売られている小児用の歯磨き粉にも、フッ素が含まれているものは多いので、そういった製品を使用するのも1つの方法です。

ただし、歯磨き粉やうがい薬を使用する場合は、子供がうがいを出来ることが前提となります。


フッ素の塗布はどこで受けられる?

一般的な歯科医院であれば、基本的にフッ素の塗布を受けることは可能です。

ただ、小さな子供の場合は口の中を触られるのを嫌がる場合もあるため、できるだけ小児歯科を標榜している歯科医院を選ぶようにすると良いでしょう。

どこで受ければ良いのか分からない場合は、お近くの保健センターなどに問い合わせてみてください。


フッ素で虫歯は治る?

進行し、完全に穴が空いてしまった虫歯は、残念ながらフッ素の塗布で治すことはできません。

しかし、まだ穴が空く前の初期段階の虫歯であれば、フッ素による再石灰化で治癒することが可能です。

フッ素で治せる程度の初期の虫歯を見つけるためには、定期的な検診が有効です。

保健センターや幼稚園・保育園で実施される歯科検診はもちろんのこと、怪しいなと思った時はできるだけ早くお近くの歯科医院を受診しましょう。


塗布を始める時期

フッ素の塗布を始めるのに最適なのは、歯が生え始めてすぐのタイミングです。

生えたての赤ちゃんの歯は再石灰化が進んでいないため、虫歯菌に対して無防備な状態です。

この時期にきちんとフッ素を塗布しておくことで、虫歯のリスクを低減させられるのです。

歯が生えたばかりの赤ちゃんに上手くフッ素が塗れるのか心配になる方もいるかもしれませんが、小児歯科を標榜する歯科医院であれば、赤ちゃんへのフッ素塗布にも慣れているので問題はありません。


塗布の頻度

一般的には、1年に2回以上塗布を行えば良いとされていますが、より確実な効果を得たいのであれば年に3~4回の塗布を勧める歯科医師もいます。

フッ素の塗布は口の中の状態を診察した上で行われます。

そのため、初期の虫歯をチェックするという意味でも年に3~4回、かかりつけの歯科医院で診察を受けるのは良いことです。


塗布にかかる費用

基本的に、フッ素の塗布は虫歯の予防目的で行われるものなので、保険適応にはならないケースがほとんどです。

ただし、虫歯が多発している場合などは、治療目的の塗布ということで、保険が効くこともあります。

保険適応にならないケースは「自由診療」となるため、塗布にかかる費用は歯科医院によってさまざまです。

一般的には数百円~千円程度の費用で塗布を受けることができます。

念のため、塗布の前に費用について確認しておくと安心です。


フッ素を使用する際の注意点

安全性は確立されているとはいえ、フッ素はれっきとした医薬品です。

体重1kgに対して2mg以上のフッ素を摂取すると、急性の中毒症状を引き起こす恐れがあります。

歯科医院での塗布や、市販の歯磨き粉程度では、そのような中毒症状が起きるリスクはほとんどありませんが、そのようなケースもあるということは頭に入れておきましょう。

特に、フッ素を含むうがい薬の誤飲には注意が必要です。

うがいが上手くできない内は、うがい薬の使用は控えた方が良いでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存