月経前症候群(PMS)でお悩みのあなたへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

毎月生理前になるとさまざまな体調不良に悩まされる「月経前症候群」。

症状は様々でお仕事を休まないといけないといったそんな辛い症状の人まで。

そんな月経前症候群の原因や症状、対応策についてご紹介します。


スポンサーリンク

月経前症候群(PMS)でお悩みのあなたへ

月経前症候群とは

月経前症候群とは、月経前の3~10日程の期間、多種多様な精神的・身体的不調に襲われる症状をいいます。症状の種類や軽重は人によって異なります。

また、同じ人間でも周期によって症状が軽い時もあれば、症状が重い時もあります。

基本的には、月経の開始と共に症状は軽くなり、やがて自然に消失します。

月経前症候群が重いケースでは、日常生活に支障をきたすほどの不調に見舞われる場合もあり、月経がある多くの女性たちにとって、悩みの種となっています。


月経前症候群の原因

月経前症候群の原因は未だにはっきりとは分かっていませんが、排卵後の黄体期に症状が現れることから、女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」が関係しているのではないかと考えられています。

月経直後から排卵期にかけて分泌量が増加するエストロゲンは、“女性らしさを作るホルモン”ともいわれ、女性らしい体を作る・子宮内膜を厚くする・自律神経を整えるなどの働きを担っています。

一方、排卵期から月経前にかけて分泌量が増加するプロゲステロンは、“妊娠を助けるホルモン”ともいわれ、子宮内膜の厚みを維持する・体内の水分を保持する・食欲を増進させる・基礎体温を上昇させるなどの作用を体に及ぼします。

月経前症候群は、これらの女性ホルモンの急激な変動が原因となって引き起こされるのではないかといわれています。


月経前症候群の症状

月経前症候群の症状は多岐に渡ります。一説によると、200種類以上の症状があるといわれています。その中でも、比較的良く見られる症状をご紹介したいと思います。

精神的症状

  • 理由もなくイライラする
  • 突然泣きたくなる
  • 怒りっぽくなる
  • 情緒不安定になる
  • 落ち込む、憂鬱な気分になる
  • 家族や友人、恋人などにきつくあたってしまう
  • 集中力がなくなる

身体的症状

  • 乳房が張る、痛みを感じる
  • 肌が荒れる
  • 体重が増加する
  • 下腹部に違和感がある、痛みを感じる
  • 眠気が強い、不眠などの睡眠障害がある
  • 疲れやすくなる
  • 頭痛や頭が重い感じがする
  • むくむ

これらの症状に当てはまる場合は、月経前症候群の疑いがあります。


月経前症候群の対応策

月経前症候群に特効薬は存在しませんが、次のような対応策を行うことで、辛い症状を緩和できる可能性があります。

アルコールやカフェインを控える

イライラしている時は、ついアルコールやカフェインを摂ってしまいがちですが、刺激物はイライラだけでなく、むくみや精神的な緊張を悪化させる危険があります。

月経前は、アルコールやカフェインの摂取はできるだけ控えるようにしましょう。

運動をする

ウォーキングやヨガ、ストレッチなどの適度な運動は、体と心をリラックスさせ、月経前症候群の症状を和らげてくれます。

日常の生活の中に、積極的に取り入れるようにしましょう。

禁煙をする

喫煙は“百害あって一利なし”の言葉通り、体にさまざまな悪影響を与えます。

その1つが血行不良です。喫煙をすると血行が悪くなり、結果としてホルモンバランスの崩れにも繋がります。

健康のためにも禁煙を心がけましょう。

食事のバランスに気をつける

偏った食生活は、ホルモンバランスの崩れや体重増加、むくみ、乳房痛などを引き起こす原因になります。

女性ホルモンに良いとされる食材を中心に、食事のバランスに気をつけることで、月経前症候群の症状を緩和したり、予防することが可能です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存