元旦と元日の違いは?正月のすごし方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

新しい年の始まりを表す言葉として、人々の間に定着している「元旦」。

しかし、本来の意味を正しく理解している人は意外に少ないものです。

ここでは、元旦と元日の違いや、正月の期間、そして元旦や正月の主な行事などをご紹介します。


スポンサーリンク

元旦と元日の違いは?正月のすごし方は?

元旦と元日の違い

一年の始まりを表す言葉として良く使われる「元旦」と「元日」。

同じ意味を持つ言葉のように思われがちですが、実はこの2つには大きな違いがあります。

元旦とは、1月1日の夜明け(日の出)を指す言葉です。

よく「元旦の朝」という表現を見かけますが、直訳すると「1月1日の朝の朝」という意味になってしまうため、この言い方は誤りです。

一方、元日はその年の最初の日、つまり1月1日そのものを指す言葉です。

つまり、「元日の朝」というのは元旦ということになるのです。


正月はいつからいつまでを指す?

それでは、「正月」はいつからいつまでの期間を指すのでしょう?

一般的には1月1日~1月3日までのいわゆる「三が日」が正月というイメージをお持ちの方が多いかもしれません。

しかし、本来正月とは1月の別称であり、1月全体を意味する言葉とされています。

また、1月1日~1月7日までを「松の内」、1月15日までを「小正月」と呼ぶこともあります。

日本では古来より、元旦には「年神様(としがみさま)」と呼ばれる新年の神様がそれぞれの家に降臨し、1年の幸福をもたらすとされてきました。

多くの幸せを授けてもらうために、年神様を迎え入れてお祝いするという風習が、現在の正月行事に繋がっているのです。


元旦や正月の行事とは?

元旦や正月はいろいろな行事が目白押しです。

以下に、元旦や正月の主な行事をご紹介します。

大掃除

「大掃除」というと、年末の行事というイメージを持たれがちですが、これも立派な正月行事です。

前述の年神様を気持ちよくお迎えするために、家の中や神棚、仏壇などを念入りに掃除して清めます。

隅々まできれいにすることで、より多くの幸せがもたらされると考えられています。

元々は、12月13日に江戸城で行われていた「すす払い」に由来しており、その名残から12月13日を「正月事始め」と呼びます。

門松

「門松」は、建物の門に左右一対の松を飾る風習です。

年神様が迷わずに降りてくるための案内役とされています。

古来より松は神の宿る木とされていたことから、年神様の目印として、松を飾る風習が生まれたと考えられています。

その昔は庭先に一本松を飾る習わしでしたが、現在は竹や梅などの縁起物を飾った華やかな門松が一般的です。

初日の出

一年の始まりを象徴する「初日の出」は、元旦の定番行事です。

年神様は日の出と共にやってくるともいわれており、縁起の良いありがたいものというイメージをお持ちの方も多いかと思います。

特に、山頂で迎える日の出は「御来光」とも呼ばれ、毎年多くの人々が御来光を見るために年越し登山を行います。

おせち

正月の大きな楽しみの1つ、「おせち」。

家族や友人と集まって皆でにぎやかにごちそうを食べる行事と思われがちですが、実はおせちは年神様に供えるための供物料理です。

作りおきできる料理が多いのは、その家の主婦が休むためではなく、かまどの神様を休めるため。

また、近年は洋風のおせちなど、料理の意味にあまりこだわらないものも増えていますが、本来は家族の繁栄を願う縁起物を中心に、1品1品に願いを込めてさまざまな料理を詰めこみます。

雑煮

野菜や鶏肉、魚などと一緒に餅を煮込んで食べる「雑煮」も、正月の定番メニューです。

元々は、年神様に供えた餅を下して頂くための料理で、雑煮を食べることで、新年の力(年魂)を得られると考えられています。

また、正月は酒を飲む機会が多いことから、酒宴の前に食べて胃腸を保護するための前菜料理という意味合いも持っています。

雑煮に入れる具材は地方によって異なり、汁も赤味噌、白味噌、澄まし汁などさまざまです。

おとそ

おせちや雑煮と一緒に飲むことが多い「おとそ」。

このおとそにも、もちろん正月ならではの意味が込められています。

おとそは「お屠蘇」という字を書きます。これには、邪気を「屠(ほふ)」り、魂を蘇らせるという意味があります。

つまり、おとそとは邪悪なものを祓い不老長寿を願って飲む薬酒なのです。


正しい元旦の過ごし方とは

「元旦はこう過ごさなければならない」という決まりはありませんが、やはり一年の始まりは、家族そろって心穏やかに年神様をお迎えするというのが、本来の正しい元旦の過ごし方と言えるでしょう。とはいえ、近年は元旦や正月に海外旅行に出かけたり、家族ではなく友人や恋人と過ごしたりする人も少なくありません。

どんな形で元旦を迎えるにしても、元旦や正月の持つ本来の意味はきちんと理解しておきましょう。

古き良き伝統が忘れられつつある今だからこそ、幸せな一年を過ごすために年神様をお迎えするという、古来より日本に伝えられてきた精神を忘れずにいることが大切だと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存