二人目の上の子にイライラする!? その原因って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

二人目の上の子にイライラする!? その原因って?

gf01a201503090200lu9np

二人目 が生まれて、とっても幸せ!

なはずなのになぜか イライラ しちゃう……そういうことってありますあります。

ついつい、上の子 に当たり散らしちゃって、自分もつらくなってるママに、大丈夫だって言ってあげたい!

そんな気持ちを込めて原因を考えてみました。


その原因、上の子の赤ちゃん返りかも?

上の子の手が離れてきたし、そろそろ下の子を……と思ったはずのに、下の子出産と同時に、急に上の子に手がかかり始めた!?なんてことはよくあります。

これは、よくいう「赤ちゃん返り」です。

赤ちゃん返りって、赤ちゃんに戻って幼児語をしゃべり出したり、ハイハイに戻ったりするだけじゃないんですよ。

おむつが外れてたのに、夜おねしょをするようになったり、ママと寝ないでパパと寝ていたのに、またママと寝るようになったり……。

もうとにかく、「ママに手をかけてもらいたい!気にかけてもらいたい!」のアピール満載です。

余裕がある時は、かわいくてたまらないんでしょうが、何しろ生まれて間もない赤ちゃんが側にいるんですから、ママは大変。その大変さがイライラにつながるんですよね。

この時期は、下の子よりも上の子優先でとよく言われます。

赤ちゃんが泣いてるのにそんなことできないと思っているママも、今だけだからと何とか納得して上の子を甘やかしてあげてください。

数分でもぎゅっとしてあげることでだいぶおさまりますよ。


ママのホルモンバランスでイライラしているのかも?

かわいい我が子なのに、もう全てにイライラしてたまらない!どうしよう私!な状態になっているママ、それは産後のホルモンバランスによるものかもしれません。

たった数か月間で赤ちゃんを急成長させたんです。そんなにいきなり体は戻りません。

しかも、頼りなく泣く赤ちゃんが身近にいたら、ママはどうしてもピリピリしてしまいます。

上の子が下の子にちょっかいだしたり、そばで危ない遊び方をしていたら、ママはまず赤ちゃんへの危険を第一に考えて、上の子に激しく当たってしまうはず。

あまりにも激しく怒りすぎたなと感じたら、冷静になった時に、上の子をぎゅっと抱きしめて言葉や態度で愛情を示してあげてください。

特に言葉にすることで、自分でもいかに子供(上の子)が大切な存在かを再確認できますよ。


何よりもいそがしいからイライラするんじゃないかな?

上の子がいる場合、産後もゆっくりしてなんかいられませんよね。

上の子のお世話は待ってくれません。でも、他にする人もいなくて……。

二人目を出産したママは休むことなく大忙しです。忙しければついイライラしてしまいます。

ということで、ママはできるだけ「お願い上手」になりましょう。

仕事のできる真面目なママほど自分一人で何とかしようと抱え込みがち。

子育てはママ1人でしなくちゃいけないものではありません。

チームでした方が、ママにももちろんですが、子供たちにとってもプラスの影響です。

何より、みんなでやってもらうことでママが笑顔になれば、子供たちがそれだけでハッピーです。

パパなどの家族の力を借りるのももちろんですが、各種サービスなども利用してうまく息抜きしてください。

子供を置いて息抜きなんて…とそれでも罪悪感を抱えてしまうママは、もう一度どっちがいいか考えてみてくださいね。

ずっと一緒にいるけどイライラを抱えているママと、ときどきいないけれど、一緒にいるときはニコニコ笑顔のママ。

きっと子供の気持ちになったらわかりますよ。

上の子がある程度の年齢になっている場合、ママはイライラしているのは、自分のせいかもしれないとまで思うような場合もあります。

是非割り切って下さい。

二人目が生まれてどうも上の子にイライラしちゃう…そんな場合にどうすればいいか一緒に考えてみましたが、基本は全部自分で抱え込まないことです。

上の子が赤ちゃん返りで泣きわめいて手が付けられなくなった時には、ママももうわかんない!と一緒になって泣いちゃうのも手ですよ。

泣くと意外にすっきりします。

子供はちょっとびっくりするかもしれませんが、イライラされるより一緒に泣いてくれる方がいいんじゃないかな?と個人的には思ってます。


まとめ

二人目の上の子にイライラする!? その原因って?
その原因、上の子の赤ちゃん返りかも?
ママのホルモンバランスでイライラしているのかも?
何よりもいそがしいからイライラするんじゃないかな?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存