二人目の出産準備に必要なこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

二人目 の 出産準備 をする時に上のお子さんは何歳ですか?

子育てをしながらの妊娠、出産は喜びも大きいですが、初めての妊娠、出産とは比べものにならないくらい大変です。

上の子との年齢差で、大変さの内容は変わってきますが、対策に共通するものも多いです。

生まれてからもいろいろと必要なものが増えてきますから、慌てなくて済むように、二人目が欲しいと思ったら、心積もりをしておくといいですね。


二人目出産に一番必要なのは

上の子との年齢差がいくつであろうと絶対に必要なのが周囲のサポートです。

妊娠中もつわりだからと寝ているわけにはいきませんし、食事の用意や掃除、洗濯は待ってくれません。

子どもが病気になっても病原菌の蔓延する病院に妊婦はできれば近づかないほうがいいに決まっています。

ママや子どもが体調不良のときや検診のとき、夫でも両親でも親戚でも友だちでもご近所さんでも、家事の手助けを頼んだり、上の子を預けたりすることができる人員を確保することは絶対不可欠です。

検診で不調が見つかれば安静や入院になる場合もありますし、出産時には数日は家のことも子どものお世話も全くできません。

夫の仕事が忙しかったり、実家や親せきが遠かったり、気心の知れた友だちがいなかったり、ご近所付き合いがなかったりする場合は公的機関や営利団体のサポートを利用する方法もあります。

市町村によっては助産師や保育士、ベビーシッターの派遣制度があるところもありますから市役所で確かめておくといいですね。

生まれてからも夜中の授乳と二人分の育児でママは息つく暇もありません。

一人目のときは添い寝をしながら一緒にお昼寝もできたでしょうが、二人目以降はそういうわけにもいきません。

下の子が寝ている間に、上の子を外遊びに連れ出してくれる人手があれば疲労度は随分違いますよ。


忘れないで上の子ケア

子どもの心はとてもデリケートです。

今まで愛情を独り占めしていた上の子にとって、赤ちゃんの登場は自分の地位を脅かす一大事です。

どんなに小さくても、上の子どもには赤ちゃんが生まれてくることの喜びや幸せ、赤ちゃんが生まれた後でも自分への愛情は変わらないこと、でも赤ちゃんのお世話は大変なのでママを助けて欲しいことをきちんと話して聞かせて、弟や妹の誕生を待ち望む気持ちを育んであげましょう。

赤ちゃんに焼き餅を焼くのはあたりまえです。

忙しい時に限ってわがままを言って困らせようとしたり、いたずらをしたりして気を引こうとします。

赤ちゃんに意地悪をするのはそれがママの注意を自分に向けさせるのに一番効果があるからです。

つい叱ったり、我慢をさせたりしてしまいがちですが、上の子もまだまだ赤ちゃんだということを忘れないであげてください。


歳の差別出産準備

年子

子育てが一気に終わるので将来楽になるのも早く、まとめて産休、育休を取った後本格的な職場復帰も可能です。

その分一番大変な時期の忙しさは想像を絶します。

妊娠中から無理をしがちなのでママの体の負担も大きいです。

周りのサポートなしでは相当しんどいですから、早めに頼れるあてを探しておくといいでしょう。

肌着や洋服はお下がりが回せますが、季節が違えば買い直さなくてはいけないこともあります。

上の子、下の子の体格差がなければお下がりにできないことも。カトラリーやエプロンなど食事関係のグッズは二人分必要です。

上の子が下の子にいろんなものを貸したりあげたりするのを嫌がることも多いので、別々に用意する必要があるかもしれません。

お風呂に入るときは上の子にも下の子にも使えるタイプのバスチェアーがあると便利です。

将来的には入園、入学が2年続けてありますが、教育費のかかる期間が短いので子どもが自立した後の資金プランは建てやすいです。


2歳差

上の子が下の子のお世話をしたがるのでママも助かりますし、少し余裕をもって子育てができます。

育児用品やおもちゃもお下がりが回せるので経済的です。

特別に準備するものはないかもしれませんが、上の子のケアに一番気を配らなくてはならない年齢差です。

赤ちゃんが生まれる前から十分にスキンシップをとって安心させてあげてください。

赤ちゃん返りをして、せっかく止めていた哺乳瓶やおむつをまた使い出したりすることもありますが、2歳差の兄弟姉妹では上の子が早くにしっかりしてきて手がかからなくなることが多いので、甘えたい時には思い切り甘えさせてあげましょう。

子育てにかかる期間は長くはないので職場でキャリアを積むこともできます。

小学生までは教育費もまとまってかかることがないので比較的余裕のある資金プランが立てられます。


3歳差

育児用品は進化が激しいので新しく買い直すこともあるかもしれません。

特にベビーカーは古くなっていないか、壊れていないか確かめておいた方がいいでしょう。

哺乳瓶も劣化しているかもしれませんし、衣類のシミも気になるかもしれません。

取っておいたお下がりを回す予定なら早めに確認しておきましょう。

上の子が自分のことを自分でできるのでママの負担はかなり軽くなりますが、その分ついつい上の子に我慢をさせがちになってしまいます。

ママの気持ちや周りの状況を理解することができる年齢なので、上の子のストレスは他の年齢差の子どもより大きいかもしれません。

保育所や幼稚園に預けているなら一緒にいる時間は十分にコミュニケーションをとってあげてください。

本格的な職場復帰には時間がかかりますが、長いブランクはないので仕事の勘は戻りやすいです。

中学校以降は入学、進学が重なり、塾などの費用がかさむので教育資金は上の子が小学生のうちに準備しておきましょう。


4歳差~

3歳差と同じく、上の子で使った育児グッズが使えるか、早めに確かめておきましょう。

肌着など長い間しまっておいたものは思いのほか汚れが気になります。

小さな子のいる生活を忘れてしまっていることも多いので育児に慣れるまでが大変です。

上の子の用事で忙しいでしょうが、母親学級などにも行ってみるといいですよ。

上の子は遊びたい盛りですから、連れ出してくれるママ友だちがいると心強いです。

赤ちゃんは上の子の習い事や行事に付き合わせることが多くなるのでベビーカーはフラットになるタイプのものをおすすめします。

上の子が下の子の面倒を見てくれるので頼もしく、微笑ましいですが、上の子もまだ甘えたい気持ちがありますから、十分にくみ取ってあげてくださいね。

育児と仕事の両立は圧倒的に楽ですが、育児期間が長いので行事やPTA活動で忙しいです。

教育資金は必要な時期が分散されますが長くかかるので計画的なプラン設計が必要です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ