福岡県で初詣にお薦めの神社!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

九州地方の北部にある、人口511万人(2017年度)で九州地方のなかで最も多く、政令指定都市の一つとされております。

福岡 と言えば“博多どんたく港祭り”が浮かんできますよね。

お祭りも盛んで有名ですが、史跡地としても名高い知名度があります。

特に太宰府市には、数多く存在し、市の約15%にも及ぶ史跡地があります。

歴史を感じさせられる、初詣 で行きたい 神社 を幾つか紹介してみたいと思います。


スポンサーリンク

福岡県で初詣にお薦めの神社!

太宰府天満宮

天神様を即ち、菅原道真公を祀られている、全国12,000社の総本宮となります。

学問・至誠・厄除けの神様として、年間800万人に及ぶ参拝客が訪れています。

毎月25日に行われる天神祭は、御祭神の菅原道真公を祀られていることから、縁日が本殿で行われます。

更に、太宰府といえば、“曲水の宴”が有名です。

十二単の姫や、平安装束に身を包んだ参宴者が曲水の上流から流れてくる酒盃が自分の前を過ぎるまでに和歌を作り、御神酒を頂くなんとも優雅な雅な神事の事となります。

四季折々に風情が楽しめる境内には、梅や桜など、目の保養、更には癒やされる事となりますが、1年の始まりの初詣に是非、参拝したいですね!

住所:福岡県太宰府市宰府4-7-1

アクセス:西鉄電車 太宰府駅 下車 徒歩5分、駅下車すると参道になります。

宗像大社

道主貴(みちぬしのむち)とは、国民のあらゆる道を導いてくれる神様の事となり、別名でこのように

呼ばれています。

御祭神の田心姫神は沖津宮、淵津姫神は中津宮、市杵島姫神は辺津宮に祀られており、天照大神の三柱の

御子神が祀られて、この三宮の事を「宗像大社」と呼ばれています。

沖津宮が祀られている沖の島は、神ノ島とも言われ、最近ではテレビなどで報道されるようになり、女性は島には入る事はできません。

春の主基地方風俗舞は昭和天皇が即位されたときに奉納された舞となり、昭和15年の皇紀2,600年を奉祝した巫女舞「天地の 神にぞ祈る 朝凪の 海の如くに 波たたぬ世を」を元に作舞され、春と秋の大祭りの時に奉奏されます。

住所:福岡県宗像市田島2331

アクセス:JR鹿児島本線 東郷駅北口下車 神湊波止場行きバス 宗像大社前下車、徒歩すぐ

高良大社

福岡県久留米市にある筑後国一の宮総社として、八幡大神、高良玉垂命、住吉大神の御祭神をお祀りされています。

歴史は古く、「高良玉垂宮」と呼ばれていましたが、何時しか高良大社と呼ばれるようになりました。

江戸時代からの権現造りの社殿は、神社建築として、九州最大の大きさを保っています。

このことから国の重要文化財として指定されています。

6月に行われる川渡祭は厄払祈願で茅の輪をくぐり、お祓いを受けると災難から守ってくれると言い伝えがあり、10月には、高良山獅子舞や観月祭など3日間かけての盛大なお祭りが行われます。

住所:福岡県久留米市御井町1

アクセス:JR 西鉄電車 西鉄久留米駅 下車 西鉄バスNO1,8番系統信愛女学院行きのバスに乗車し、御井町で下車 徒歩20分 タクシーで10分

高良山の山頂にあるだけに、景色は癒やされることは間違いなく、感慨深い趣きに心打たれる事となります。

心落ち着く神社として、初詣には是非お参りをしたいです。


宮地獄神社

福岡県福津市にあり、宮地嶽神社の総本山として、年間220万人の参拝客が訪れる、開運、商売繁昌の神様が祀られており、特にお正月3が日の参拝客の多いことは、有名です。

更に、有名にした「光の道」宮地嶽神社からまっすぐの参道の延長線上に夕日が沈み、照らされる参道の景色は、年に2回だけ見ることができます。

夕陽祭には、願い事が書かれた竹灯3000本にご神火が灯され、荘厳の中にも優雅な雰囲気を漂わせます。

一社ずつ参拝をすれば必ずご利益がある願いが叶うとされる「奥の宮八社」があり、参拝客で賑わっています。

シンボルとして、「大しめ縄/大注連縄」は直径2.6メートル、長さ11メートル、重さ3トンもあり、1500人の奉仕の方によって造られています。

日本国産の材料で造られている直径2.2メートルの大太鼓、重さ450㎏もある銅の大鈴は日本一となります。

住所:福岡県福津市宮司元町7-1

アクセス:JR 福間駅 下車 バス、タクシーで5分、徒歩25分

水田天満宮

福岡県筑後市にある菅原道真公を御祭神とする1226年に建立された太宰府天満宮に次ぐ2番目の天満宮になります。

「飛梅伝説」とは菅原道真公が謡った“東風吹かば匂ひおこせよ梅の花 あるじなしとて春なわすれそ”その詩に答えた梅の花が、菅原道真公の所へ飛んだ事からこのように呼ばれるようになりました。

恋の神様 と呼ばれる恋木神社もあり、御祭神は恋命が祀られております。

全国でもここだけの神社となります。

良縁幸福の神様ともいわれ、恋みくじが人気を呼んでおります。

ちょっと行ってみたい!!

住所:福岡県筑後市水田62-1

アクセス:JR鹿児島本線 羽犬塚駅 下車 徒歩20分

九州と思える深い趣きのある神社のイメージがわいてきます。

神社には、必ず古い歴史を感じ、荘厳に見守ってくれているお姿に感動するだけですが、いかがでしょう。

1年の始まりに、そんな神社に初詣にお出かけになられたら、きっと有意義な年となりましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存