落ちにくいエリ汚れのきれいな落とし方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

エリ の黒ずんだ汚れって、洗濯機で洗うだけではなかなかきれいに落ちませんよね。

エリ元が 汚れ ていると、なんだか不潔な印象を相手に与えてしまうものです。

汚れのない、きれいなエリの服を着たい! 

そんな方におすすめの、落ちにくいエリ汚れをきれいに落とす方法をご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

落ちにくいエリ汚れのきれいな落とし方

液体石けんを使った落とし方

まずは、最も一般的なのが、液体石けんを使った落とし方です。

普通の洗濯に使っている液体石けんをスプレー式容器に詰め替え、汚れのひどい部分に吹きつけてから洗うと、そのまま洗濯をするよりもきれいに汚れが落ちます。

また、衣料用洗剤ではなく、拭き掃除用や風呂洗い用の洗剤や、食器洗い用洗剤を2倍程度に薄めたものでもOKです。

吹きつける際は、汚れている箇所全体に洗剤をしっかり染み込ませるようにスプレーするのがポイントですよ。


固形石けんを使った落とし方

固形石けんを使う場合は、洗濯板のように平らな場所にエリの部分を広げて置き、水で濡らしてから石けんをそのままぬりつけて、ナイロンネットで擦りながら汚れを落とします。

洗濯板がない場合は、風呂場の床やバスタブのフタの上などで代用してもOKです。

ホームセンターで売られている『ウタマロ石けん』などを使うと、普通の石けんで洗うよりも、更に強力な効果を得られるようですので、チェックしてみてください。

液体石けんをスプレーするだけでは取れないような頑固な汚れには、固形石けんを試してみてはいかがでしょう。

きっと、新品に近い美しさを取り戻すことができると思います。


セスキ炭酸ソーダを使った落とし方

セキス炭酸ソーダとは、炭酸ナトリウムと重曹を混ぜ合わせたものです。

セキス炭酸ソーダを水に溶かしたものを汚れ部分に吹きつけて洗うだけでも、効果を得る事ができます。

さらにしっかりと汚れを落としたい場合は、セキス炭酸ソーダを吹きつけた後に液体石けんをスプレーしてから洗濯をしたり、固形石けんで擦ったりする方法もおすすめです。


それ以外の洗剤を使った落とし方

化粧落とし用のクレンジングオイルや、食器洗い用洗剤を使っても、エリの黒ずみを落とすことは可能です。

黒ずみがなかなか落ちない理由の一つは、そこに付着した皮脂です。

皮脂が汚れをコーティングしているせいで、普通に洗濯をしただけではなかなか黒ずみが消えないのです。

クレンジングオイルや食器洗い用洗剤には油の膜を洗い流す効果があるため、皮脂のコーティングを剥がして汚れを落とすことができるというわけです。

とくに、食器洗い用洗剤の『フロッシュ』はユーザーの間でも効果が高いと評判ですので、黒ずみ汚れにお悩みの方は試してみると良いかもしれません。


エリ汚れを防ぐには

エリの汚れをきれいに落とす方法はいろいろとありますが、一番良いのはそこまで頑固な汚れをエリに付着させないことです。

エリやソデなど、黒ずみ汚れがつきやすい場所には、あらかじめベビーパウダーをはたいておくと、汚れがつくのを予防する効果があります。

ベビーパウダーはドラッグストアの赤ちゃん用品コーナーなどで気軽に手に入れることができるため、エリの汚れにお悩みの方はぜひ一度お試しいただければと思います。

また、ワイシャツなどにアイロンをかけた後、エリ元にのりスプレーをしておくと汚れがつきにくくなる効果があるそうです。

どちらも簡単に試すことのできる方法ですので、頑固なエリの汚れを作ってしまう前に、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存