喜ばれる絵本のプレゼントと選び方のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

喜ばれる絵本のプレゼント、選び方のポイント

ehonn-purezento

お友達の赤ちゃん誕生のお祝いや、お誕生日のお祝いに 絵本 の プレゼント はいかがでしょうか。

絵本は何冊あってもオモチャのようにすぐに飽きられてしまうことも少ないですし、言葉の発達にも大きな影響を与えてくれます。

お子様を持つ親御さんであれば絵本選びは難しくないかもしれませんが、いらっしゃらない方は何を選んだらいいかさっぱり…なんて方も多いのではないですか。

たくさんの数ある絵本の中から、プレゼントに喜ばれる絵本の選び方のポイントをこちらにまとめてみましたのでぜひ参考にしてみて下さいね。


絵本を贈るこどもの年齢をリサーチせよ

数多くある絵本の中から喜ばれる絵本を選ぶには、大事なヒントになる絵本を贈るお子様の年齢。0~1歳、1~2歳、3~4歳、5~6歳別にご紹介いたしましょう。

まず0~1歳向けには、書いてある文章や物語にはこだわらずに絵で楽しめるものを選びましょう。

この時期はまだ絵本の内容が理解できなくても、ママやパパとのコミュニケーションの材料になります。

優しいタッチの絵のものや、赤ちゃんの視覚にこだわった絵本を選ぶといいと思います。

そして1~2歳、この頃になると私たちが話していることが少し理解できるようになり、簡単な単語を話すようになります。

絵本に出てくる食べ物や動物が分かるようになる時期です。

0~1歳のときよりは少し物語のある絵本や、食べる、寝る、歯磨き、うんちなどの生活習慣に関連した絵本をチョイスするのもいいかもしれません。

つづいて3~4歳向けには、お勉強できる絵本がおすすめです。

この時期になると言葉もだいぶ話せるようになり、様々なものに興味を持ち始めて好奇心旺盛です。

絵本からいろいろなことが学べるように、数字やアルファベット、動物の名前や食べ物の名前など、クイズ形式で読み聞かせ出来るものがおすすめです。

5~6歳頃になると自分で文字が読めるようになっている子も出てくるかと思います。

文字が読めるからといって、文字が多く並ぶ児童書よりはまだまだ絵本を選んであげる時期だと思います。3~4歳同様の選び方でよいでしょう。

【書店の絵本おすすめにまどわされてはダメ?新刊よりもロングセラーを選ぶ】

現在日本では、絵本の新刊が毎年1000~2000冊出ているそうですが、はかなく絶版になってしまうものも多いそうです。そんな中でも、何年も生き残って再版され発売されている絵本は優秀だと言えます。

書店の絵本コーナーの陳列は、新刊の絵本や話題性を重視したものが多く、中を開けて見られないものも多いですから「買って失敗した…」なんて声も数多く上がっています。

そんな時は、発行年の確認をしてみましょう。もちろん、新刊の絵本が悪いと言っているわけではありません。老舗絵本の方がハズレが少ない、というお話です。

絵本の中身が確認できればそれにこしたことはないのですが、確認できない時はこちらも参考にしてみて下さいね。

1967年発行の「いないいないばあ」現在でもトップの売上


かぶる心配を軽減!しかけ絵本で攻める

せっかく一生懸命選んだけど、すでに同じ絵本を持っていた!なんてことは避けたいですよね。

そんな時は、しかけ付きの絵本を選んでみましょう。おすすめなのが、mikiHOUSEで発売されているしかけ絵本です。

現在mikiHOUSEではしかけ絵本が63種類ほどあり、定番の動物からトイレトレーニング関連のもの、男の子に人気の車、木琴やピアノ、マラカスがついて光る絵本など、すべてサウンドのしかけが付いています。

自分で買う絵本なら、まずはオーソドックスなものから買うでしょうから、こういったしかけたっぷりの絵本をチョイスするのもありでしょう。

 


まとめ

絵本なんてサッパリ…と思っていた方も、少しは絵本選びのヒントになりましたでしょうか?

テレビゲームで遊ぶ子供たちが増えてきている世の中ですが、絵本の絵から美的感性を磨き、想像力を膨らませ、書いてある文章から優しい日本語を学ぶことがこの小さい時期にいかに大切かと考えます。

贈る時点での年齢ではなく、少し先の年齢のものをチョイスしてプレゼントするといいかもしれません。

ぜひこの機会に、あなたが選んだ一冊をプレゼントしてみませんか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存