姑と同居!嫁のストレス体験談25話!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

同居 をするとなると特に仲が悪くなくお互いに良好な関係だとしても、ずっと同じ家で生活するとなると色々考えてしまうのが本音だと思います。

夫婦二人なのか子供がいるかによっても同居の状況は変わってくると思います。

「舅と姑と生活習慣も価値観も違いすぎるけど同居がうまくいくの?」

「もうこんなのいやだ!ストレスばかりで家に居ても全然休めない」

今までの生活習慣が違うもの同士の同居は、そもそも難しい事が多くお互いにストレスが。

今回は姑と同居しているお嫁さんの同居妻は姑のどのようなところにイラッときているのか?また日々どんな我慢をしているのか?実体験を紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク

姑と同居!嫁のストレス体験談25話!

目次

食事や料理のストレス体験談

姑に食事メニューの口出しをされることが多い

食事を作ることは、毎日のことなのでとても大変です。それだけでも作る方としては、とてもつらいことなのです。料理が好きという人の場合はそんなことはないと思いますが、料理を必死で作る人の場合はとても大変です。それだけでも大変なのに、作った時に食事メニューに口出しをされると更にストレスがたまることになります。

私の場合は、姑に食事メニューの口出しをよくされていました。まず和食でないといけないという、そんな感じがありました。和食を頑張って作った時には、機嫌がいいのですがその後に必ず口出しがあります。

その一つは、味が濃いということ。薄味にしたつもりですがやっぱり濃いと指摘されました。また油を使うことを嫌がられて困ったこともありました。

姑との食事の量と同居生活でのストレス体験談

姑との同居はなにかと大変です。食事の量も気を配らなくてはいけないですし、部屋の掃除や家の周り周辺の掃除をしているのですが、なにかと細かくネチネチ言ってくるのです。あそこが汚かったとか、ここをもっと綺麗にしてほしいとか、あらゆることを私にしつこく言ってきます。結婚する前は、そんなことは気にしたことはなく、なんとかなるだろうという考えでした。もっと先行きの事を考えて結婚を決めればよかったなぁと今になって思います。旦那にも相談するのですが、旦那は姑の味方なのか、あまり協力的ではありません。今は姑の言うことは聞き流しているようにしています。そうしないと身が持たないので。姑との相性がよければ仲良くやっていけると思いますが、私の場合はそうでないので大変です。

料理の味に意見する舅に何も言わないお姑さん!

お姑さんよりも、お舅さんが料理の味について遠慮なくずけずけと意見してくるのがストレスですね。それで、お姑さんがお舅さんを援護射撃して一緒に文句を言うーとかいうのではないのですが、フフフと笑っているだけで、こちらからしたら「あんたの亭主どうにかしてくれよー!」というものですが、夫婦のパワーバランスの関係なのかヘルプも出してくれないのですよね。

いやもうむしろ料理の味に意見する姿勢にしましても、お舅さんの性格がアレなところがしっかりと出ていると言えるでしょうか。そして、料理の味に意見するお舅さんに対するお姑さんの態度にしても、この同居でストレスがたまる一端が出ているとも言えるでしょうよ!料理の味に意見する舅に何も言わないお姑さんという関係が!

姑とキッチンに二人で立つのはストレスです

二世帯住宅で住んでいますが、やはり一番ストレスを感じるのは、姑とキッチンに二人で立つ時です。例えば、私がお味噌汁を作ろうとしている時、お出汁の取り方や大根や他の野菜の切り方まで、細かくチェックして口出ししてくるので、次第に嫌になってきました。わざと時間をずらして少し早めからキッチンに入ると、わざとらしく「私と一緒にキッチンに二人で立つのが嫌だから、先にキッチンに入ったのでしょう?」と声かけてくるので、それもカチンときますし、かなり日常的にストレスを感じるようになりました。昼間は仕事をしているので外に出ていますが、それが唯一の憩いの場になっている様な感じで、姑がいると次第にストレスになってきました。キッチンに二人で立つのはなるべく避けたいと考えています。

姑との食事ストレスがマックス

姑と一緒に食事をする時、食事ストレスがかなりあります。まず一緒に食事をすることで、その食事をけなされることにストレスを感じます。口をつけないこともありました。口に合わないと思っても、少しは食べてくれたらいいのにと感じます。

またテレビを見て食べる時、そのテレビの放送を姑の好みの番組然見る事ができないのです。子供が見たい番組、私が見たい番組など見ることができません。主人もたまに一緒に食事をするのですが、その時も姑にテレビの番組を合わせているのです。食事をする時には、唯一の楽しい時間と思っているので好きな番組を見ることができない辛いさは、マックスです。

後片付けももちろん私です。仕事をしているのに、どうしてそこまで全てしないといけないのか爆発しそうです。

「家事への口出しがうるさい!同居を後悔しています」

姑は毎回家事に口出しをしてきます。結婚してから何度か姑の作る料理を食べたことがあるのですが、それほど料理上手とは思えないのに私の料理について色々と文句を言ってくるんです。私が嫌いなんでしょう。

私の掃除の仕方にもすぐに嫌味を言ってきます。もっと丁寧に床掃除をしたほうが良いとか、掃除をした後にトイレがまだ汚れているなど言われます。いじめだなと思いますね。同居を始めてしばらくは姑に文句を言われても我慢してきましたが、最近はきちんとやっていることをはっきりと言うようにしています。

夫は私が姑に色々と言われても気にならないようです。姑が嫁に教えてあげているのだから従っていれば良いと思っているようです。全然頼りになりません。

最近はすごくストレスがたまっているので、姑と一緒の部屋にいると胸が苦しくなったりします。何故同居をしてしまったのかと過去の自分を責めてしまいます。姑がいるとリラックスできません。


子供の教育方針の違いに

同居中の姑の教育の概念の違いに振り回され中です

我が家には長男と長女がいます。それぞれ小学2年生と4年生なのですが、この自宅のある学区の公立小学校や中学校は、良い学区戸して知られているので特に私立中学の受験は考えていません。なのに同居している姑は長男だけでも私立中学に通わせるべきだと主張するのです。

私たち夫婦の考え方としては、公立の学校で色々な生徒たちに揉まれながら生きていくスキルをつけていって欲しい、成長していって欲しいという基本的な教育概念があります。ですから姑の教育の概念には正直ついていけません。同居している姑から子供の教育についてあれこれ言われるのだけは本当に勘弁して欲しいです。子供の親は私たちなので姑は全く部外者なわけです。こういった事に顔を突っ込んでくればくる程、姑の事が嫌いになっていきます。

優しい姑なのですが孫に優しすぎる!

姑と一緒に暮らしていると、言いにくいことがたくさんありますね。その一つに、こどものことで、嫌と思うことが多いです。それは、姑にしたら孫なので、可愛いと思っているようですがその結果、甘やかしているところが多いと感じます。

優しい姑なのですが、孫に対していつも優しいのは困ります。もっと、いけないことについてはしっかりと叱って欲しいと思うのです。食事をする時に、動き回っている子供に対して元気があるのでいいというのです。そのため、注意をしないのです。そこで私が叱ると、そんなに叱らなくてもといってしまいます。そんな風に、とても甘やかしてします。

電車に乗った時も、子供が電車内で走っているのに注意をしないのです。それって完全におかしいですよね。その都度、注意をして欲しいとやっとの気持ちで言っているのですが全く聞く耳をもってくれません。

姑の育児への口出しにはイライラマックス状態です

娘は2歳になったばかりですが小食で好き嫌いも激しいので親としても結構手を焼いています。それ自体、母親としてもどうしてものかとかなり悩んでいて、甘やかしすぎないように食事をきちんととれるようにしつけをしている最中なのです。しかし姑は食事の時に、私がわざと聞こえるように、ちゃんと食べないと大きくなれないのにね〜〜お母さんのご飯がおいしくないのかしらね〜と嫌みを言うのです。そして、私には直接、もっとおいしく食べられるような工夫をしなさいよ。と文句をつけてきます。こうした育児への口出しは私が一番嫌なことです。このような状態が、この先も続くのかと思うと本当にストレスで胃炎になりそうです。なんとか別居できるチャンスをうかがっているところです。


掃除や清潔感の違いでイライラ

綺麗好きの私にはどうもちょっと

奇麗好きの私ですが、同居しております母上はそれが気に入らない様子なのです。

テーブルなどをきれいに拭きたいのですが、「なんでそんなに拭いているの?」「さっき拭いたわよ。」とよく言われます。

どうして拭いているかといいますと、汚れているからです。

布巾が真っ黒になるくらい汚れているのです。

きっと年を召されて目が悪くなっておられるのでしょう。

しかしキッチンの汚れ具合や食器洗い場の汚れは尋常ではありません。

汚れた水がたまったところに洗った食器を置いておられるのを掃除しますと「さっき掃除したから。」と言われしまうばかりです。

綺麗好きの私にはつらいですし、食中毒にもなりかねません。

しかし、きっと目が見えていないのだ、と我慢する日々をおくっています。

いやいやですが、体も細菌に対して強くなっているのでしょう。

実は本当に私は同居してから何度か当たっているのです。

お肉を切ったまな板でサラダの野菜を切ったりするのはやめてもらいたいと思っています。

ガサツな姑にうんざり!こんなところが嫌!

姑と一緒にいると、本当に疲れてしまいます。その理由の一つとしてガサツな姑ということで耐えられなくなります。

それはまず、中途半端であるということです。たまに料理を作った時等、洗い物をした時に、全て洗い直しが必要となるくらい、中途半端な洗い方をしているのです。目が見えにくくなっているのかもしれませんが、何にしろ中途半端なところがあるので、綺麗にすることができない姑が嫌になります。

また、掃除をする時は、雑巾でどこでも拭いてしまうのです。床を拭いている雑巾を見た時に、それはテーブルをふいた雑巾と思うこともありました。しかもその後に、テーブルを拭いてしまうのです。そして炊事場のところで洗ったりします。その行動を見ていると、本当に一緒に暮らすことが嫌になります。


生活習慣の違いにストレス

生活習慣の違いに困惑した。

同居してみると小さな違いが積み重なって大きなストレスになることがあります。

そんな体験談を紹介していきます。

お姑さん世帯よ、部屋のごみを分別してー

比較的温厚に同居生活を送れているとは思うのですが、しかし不満はありますよ。とても些細なことだとは思うのですが、「部屋のごみ」に対しても不満はありますよ。だって、ゴミ出しをした後で、親世帯の部屋のごみを持ってくるのですから!

親世帯の部屋のごみの量はたかが知れているとはいえますけれど、しかしゴミ出しをした後に持ってこられたらイラッとしてしまいますよ。嫁世帯の方にゴミ出し用の大きめのゴミ箱が置いているので、そこに入れれば良いのですが、けれどもまあ部屋のごみ出しにしても、自分でやらずに私を通しますから。

それはまあいいのですが、朝にゴミ出しをしてから持ってくるので、時々は「わざとか!」と、思ってしまいます。しかもごみの分別が甘いので、私がゴム手袋をしてゴミの分別をしなくちゃいけないじゃないですか!そこがもうイラッとしてしまいますよ。

姑との突然の同居で見るだけでストレスが増す

義父が他界して、やむを得ず急遽姑との同居が決まりました。元々価値観が全く違う人なので、食べ物や衣服、生活全般が合いません。食材は、スーパーでは農薬漬けの商品しか売られていないから無農薬で無添加のだけを取り寄せたいと言ってきます。自分で支払ってくれるのならいいですが、こちらの負担なのでもうやめてもらいたいです。また、外食するときも自分の食べたい物だけを優先します。孫の言い分には一切耳を傾けません。子供にたべさせているおやつも、なぜ手作りしないのかと責められます。体調が悪くて休んでいる時でさえ、動いてればそんなの忘れるだのうるさくて溜まらないです。子供みたいに、どっか連れて行けとうるさくてストレスマックスです。

いつでも戸をしめていない姑にストレスを感じていました

事情で姑と同居をしている時期が1年ありました。

戸建てで1階を姑の部屋とし、2階は共有のリビング、そして私たち夫婦は3階が居室としていました。

当時は子どももいなくて私も仕事をしていたため同居とは言っても一緒に過ごさない時間が多く、家事をやっておいてくれるのは正直助かることも多くありました。

しかしストレスだったのは、姑が1階の自室にいるときにいつも戸をしめていないことです。引き戸だったためいつもフルオープンになっていて、玄関からは丸見えのため、どこへ行く時も声をかけなくてはいけません。仕事に出るときなど、長く家をあける時は声をかけるのは当然だと思いますが、例えばちょっとコンビニに行くなどというときも必ず目が合ってしまうので、行き先を告げるほかありません。しかも出るとき、戻ったときに挨拶をすると必ず時計をチラリと見るのです。戸さえしめてくれたら気にならないのに…、といつも思っていました。

小さなことではありますが積み重ねでストレスをかかえるので、一日家にいる立場だとしたらとても同居は無理だなと悟った1年でした。

コミュニケーション不足からくる姑へのイライラ

同居当初は姑と気が合いそうな気がしたのですが、やはり、一緒に暮らすうちに徐々にズレが生じてきました。そのズレはちょっとしたことなのです。

例えば、私の実家ではずっとお米は常温で保存してきました。しかし姑は冷蔵庫で保管しています。お米のためにはその方がいいのかもしれません。ですが、米虫が発生したようなお米でも冷蔵庫に入れるのです。それがどうしても嫌でたまりません。しかし、コミュニケーション不足ということもあり、はっきりそのことを姑に言えずにいます。本当はこうしたいのにと思っていても、我慢して過ごしている状態です。

もっとコミュニケーションがスムーズな姑との関係なら、こういったこともサラッと言えて私もストレスなく過ごせていたのかもしれません。あまり強く言えない性格もあり、つい自分の思いを内に隠して我慢してしまうので、それがいけないのかもしれません。


生き方や考え方の違いで

姑との生き方、考え方の違い

姑とは結婚してからずっと同居しています。昼間にずっと姑と顔を付き合わせているのも耐えられませんし、もともと家にじっとしているのが苦手な性格なので結婚当初から仕事はずっと続けています。ですが姑はそれが気に入らないらしく、いつも仕事をやめて子育てに専念するように何度も説得してくるのです。私は家庭に束縛されすぎず自分らしく生きることを理想としているので、姑とは生き方、考え方の違いの壁が存在しています。私たち家族と一緒に同居させてあげているのに、我が物顔で自分の考えを押し付けるのは本当にやめてもらいたいです。このままだと本当に私もブチギレて、姑とは絶縁状態という最悪の状況になりかねないと思っています。

どっちが嫁か分からない、私の同居の場合。

旦那の両親と同居して10年経ちます。

他の家庭からは見えませんが、一緒に住んでる人にしかわかりません。

嫁と姑は切っても切れない縁だと思っております。

うちの姑は、自分の旦那さんのご飯支度を一切せず、朝6時にコンビニに出かけて、1人でおめかしをしてルンルン出て行き、弁当を買ってきます。

自分だけの弁当です。

そして、部屋で引きこもり ひとりっきりで食べます。

これが 彼女に良いのかはわかりませんが、私はなぜそうしているのか 意味がわかりません。

きっといろいろあるのでしょうけど

ご飯は家族でみんなで食べたいものです。

後は嫁が全てやって当たり前のことだと感じていて、全て押し付けてきます。

自分の旦那の分は、全部自分でやってほしいのに。自分の旦那の食べた物も洗わない全て自分主義なのです。自分も嫁の時もあったはずなのに、本当に、どっちが嫁か分からない。

姑の遠慮のなさには毎回驚きを隠せません

うちの姑の遠慮のなさに驚いてしまいます。同居をする時にはお互いに遠慮をしながら思いやりをもって生活をしていこうと私は思っていたのですが、姑はなんでも思ったことをズケズケ言ってくるので嫁と姑の仲は最悪です。

例えば私がちょっと太ると、「そんなでぶは旦那に浮気されるよ」と言われるんです。言われた時にはものすごくびっくりしました。他人にそんなことを言われたことはありません。口が悪くて最初は言われるたびにショックを受けていました。

姑の身体のことを考えて塩分控えめの食事を出しても、「味がしない!年寄りだと思ってバカにしているの?」と文句を言われます。姑はすごく早起きなのですが、私たちがまだ寝ているのに掃除機をかけることもあります。とてもうるさくて休日は寝ていられません。

私が大切に使っているお皿やマグカップなども平気で使いますし、夫婦の寝室にもノックをしないで突然入ってきます。ここまで遠慮をしない姑なんて珍しいのはないかと思っています。


小言や悪口でストレス増量

小言が多い姑と同居しています

数年前、義両親からの援助を受け、言われるがままに二世帯住宅を建てました。本当は家族水入らずのマイホームが欲しかったのですが、義両親がかなり高齢であること、子供が小さく家でみてくれる人がいると助かることから、軽い気持ちで同居を決めてしまいました。

離れている分にはとてもいい姑だったのですが、一緒に暮らすととても小言が多いです。まず、食事の味から始まり、掃除の仕方、買い物の仕方、布団の敷き方や収納の仕方まで、くまなく小言をはさんできます。

毎日毎日続くので、これにはさすがに参って、夫に相談しました。でも夫にとっては大切な母親なので、私がうまく受け流すようにと逃げてしまうだけです。姑と同居するのは、本当に心が削れます。

陰口を言われてイラッとした体験談

私はよく姑からやられていることがあります。それは嫁の陰口を言っていることです。近所の人と話すのが大好きな姑。いろいろ私にものを頼む上に、当の本人は何もしません。そして何かあるとすぐに近所の人に私の悪口を言うのです。最初は私の方にそのことは聞かされていなかったので、わからなかったのですが、ある時知り合いの人と合う機会があり、私の姑がいろんな人に私の話をしているらしく、近所の人からは私はあまりよくない嫁という位置づけにされているそうです。一体どんな話を姑はしているのか話を聞いてみたところ、なんでも料理が自分よりも下手だとか、掃除させてもあまり綺麗ではないとか、とにかく家の事について話をしていたそうなんです。その事がわかった時、もうイライラして仕方ありませんでした。

「なぜ上から目線?姑のことがとても嫌いです」

姑というだけで何故上から目線なのでしょうか。私の友達も何人か同居をしていますが、どの姑も上から物を言ってくるのでみんな腹が立っているようです。最初はおとなしい嫁を演じていましたが、姑のいじわるに耐え抜きだんだん私も強くなってきています。言い返すことが増えました。でも、別居をしたいという気持ちは変わりません。

料理がおいしくないから料理教室へ行けと言われるんです。でも姑の料理だって上手ではありません。むしろ、味付けが濃くて健康に悪いなと思います。私の方が絶対に料理が上手なのに、料理教室へ行かないとだめだとお説教されます。信じられません。

姑という立場を利用して、毎日いじわるをしてきます。同居をしていくしかないので、できるだけ穏かに暮らしたくて我慢している状態です。もし私が姑とたたかうことになったら夫だって辛いでしょうし、私が我慢するしかありません。でも、毎日嫌なことがあると精神的におかしくなってしまいそうです。


理不尽な事に

同じ話を何度も繰り返す義母にうんざり

同居中の義母は現在76歳です。確かに最近歳をとったのでちょっとボケてるんじゃないかと思うことが増えてきました。例えば、食事の時などにも同じ話を何度も繰り返すのです。一度聞いたことある内容を、それこそ初めて話をするかのように繰り返すので私も子供達もウンザリしてしまうのです。でも娘が、”おばあちゃん、その話前にも聞いたよ”と言おうものなら、ものすごい勢いで憤慨して手がつけられなくなります。そして私に”あなたの躾が悪いから、こんな小生意気なことをいう子供になったのよ!”と怒鳴るのです。

これには本当に限界になっているので最近では義母が同じ話をはじめても、半分無視状態で、あいづちだけうって聞いているふりをしています。

全部私のせい?姑の被害妄想がひどくなってきているんです

姑の被害妄想に悩んでいます。

ある日、姑が楽しみに残していた和菓子がなくなったと騒いでいました。日中家にいるのは私と姑だけなので、姑が「誰かに食べられた!」と大声で言っているのを聞いてストレスがたまるんです。こういうことが最近とても多いです。

きっと旦那が食べたのだと思いますが、姑は私のことが嫌いなので私が食べたと思い込んで嫌味を言ってきます。騒いでうるさいので、私が「今買ってきますね」と言ってすぐに買いに行きます。ため息が出ます。悪いことがあったら全て私のせいだと思い込んでいる姑が怖いんです。

物がなくなった時も必ず私にどこにいったか知らないかと聞いてきます。知らないと言っても疑った目で見てきます。被害妄想がどんどんひどくなってきているんです。旦那に相談しても気のせいだと言われます。もともと思い込みが激しい姑なのですが、年々思い込みが激しくなってきているような気がしてなりません。姑の言動に毎日疲れています。


子離れできない姑にイライラ

子離れしていない姑!ベタベタして気持ちが悪いです

姑に対して子離れしていないなと感じることが多くてイライラしています。旦那は一人っ子なのでとても可愛いのでしょう。頻繁に旦那の服や下着などを買ってきますし、出かけた時に旦那の好きなケーキやお菓子などを買ってきて、旦那が美味しそうに食べる姿をニコニコしながら見ています。私には手土産は毎回ありません。

旦那のこと小さな子を呼ぶように「~ちゃん」と呼んでいます。正直気持ち悪いです。私には「妻は夫にいつも健康面で気遣わないとだめだ」と言ってきます。旦那には良いものを食べさせてしっかりとお世話をするようにと注意してきます。

月に2回ぐらいは旦那と2人でお出かけをして楽しそうにしています。そういう姿を見ると本当に嫌な気持ちになりますし、子離れしてほしいです。孫もいるのに一番大切なのは自分の息子だとはっきりと感じられます。孫よりも息子の方が可愛くて仕方がないようです。毎日そんな姑の姿を見てイライラがたまります。

似たもの親子の仲睦まじい会話にイラッ!

私の夫は4人兄妹の3番目なのに、同居でした。
それは明らかに姑に可愛がられているからです。
もう、不気味なほどに似たもの親子でした。
食事の時にご飯、味噌汁、おかずを食べる順番。
なにかショッキングなことに遭遇すると、まずはお互いに報告し合うこと。
夫は私に話すのは決まって姑の次で、姑も舅に話すのは息子の次と決まっていました。
マザコンなんて生易しい言い方では言い表せないような不気味さです。
付き合っている時から母親への電話を私の前でも平然とする人だなとは思っていましたが。
ここまでいくと共依存のレベルだと思います。
一応、私のことはそれなりに大事にしてくれるし、姑も私に意地悪なわけではありません。
ただ、お互いが一番なんだな~って。
でも、二人の仲を観察する限り、異常さを感じずにはいられないのです。

【関連記事】

妊娠中の25の体験談!旦那(夫)の行動でストレス?


他人行儀に気を使いしすぎにストレスが

お互い気を遣いすぎて・・

最初会った時、すごく良い人だなと思いましたが・・。3年が経った今、未だに「良い人」の域を超えることが出来ません。それならいいじゃないか、と思われるかもしれませんが、そうとも言い切れない現実があるんですよね。なんというか、他人行儀なんです。多分、本当は気に入らないこともたくさんあるんだろうけども・・。それを極力顔に出さないようにしているのが、ヒシヒシと伝わってきて・・。こちらも、相手に迷惑をかけないように、不平不満を顔に出さないようにしている。お互い気を遣いすぎて、なんか変な空気感が漂っているんですよね。友人や、テレビドラマ、小説なんかを見ていると、ガミガミ言われて、腹を立てている人たちがいますが・・。何も言わないのもそれはそれでストレスですよ。腹を割った関係性を確立したいものです。

他人行儀な姑で距離が縮まらない

同居妻はお姑さんに対して気を遣うのはわかるのですが、しかしわが家の場合は、お姑さんが良い意味でも悪い意味でも、わりと他人行儀なんですよね。その姿勢は同居を続けて行く上では、とても羨ましいと思われるものなのかも知れません。けれども、同居嫁としてはお義母さんにはもっと頼って欲しいなんてことも思ってしまいますよ。それでこう言ってはずうずうしいとは思うのですが、私ももっと頼りたいのです。

しかしお舅さんはともなく、まず他人行儀な姑さんですから、こちらもなかなか距離を縮めていけないのが悩みですね。職場でもなんでも年長者の人から距離を縮めて行ってくれればとは思うのですが、まあなかなかわが家は距離が縮まらないですね。でも、これでいいのかもーとは思ってるところはありますが。

まるで他人に対する気の遣い方・・ホント疲れる

特に口うるさく言われるわけでもなく、陰でコソコソと愚痴を言われるわけでもなく、平和に暮らせているのですが・・。何をやっても、オールOKというのは正直ちょっと疲れるんですよね。料理にしろ、掃除にしろ、子育てにしろ、普通何かしら思う事があると思うんですけど。気を遣っているのか、ここまで何のダメ出しもされたことがありません。最初のうちは、それでもよかったんだけど・・。ある程度長いこと一緒にいるのに、まだ当初と同じような関係性というのは、うーん、それって、どうなんでしょうね。まだまだ家族として認めてもらえないのかな。相手の事を想って、気を遣ってくれているのならまだしも、私たちの場合は、まるで他人に対する気の遣い方なんですよね。淡白というか、他人行儀というか・・。それが良いという人もいるでしょうけど、私はもうちょっと心の通った関係性を造りたいなあ。


まとめ

姑との関係でストレスをためて離婚に発展と言うこともあります。

ストレスをためないように発散できる方法を是非見つけてみて下さいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存