自然分娩・無痛分娩・帝王切開…各分娩方法のメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

出産にはいくつかの方法があります。

自然分娩・無痛分娩・帝王切開…。

それぞれの 分娩方法 にはどんな特徴があるのでしょうか?

メリット・デメリットも交えてご紹介します。


自然分娩・無痛分娩・帝王切開…各分娩方法のメリット・デメリット

分娩方法の種類

分娩方法にはいくつかの種類があります。

自然分娩と無痛分娩(和痛分娩)は経膣分娩といって、産道を通って分娩する方法です。

帝王切開は、お腹を切って赤ちゃんを取りだす分娩方法になります。

無痛分娩・帝王切開は産院によっては対応していない場合があるため、事前に確認しておきましょう。


自然分娩

自然分娩は日本で一番ポピュラーな分娩方法です。

陣痛が自然に起きるのを待ち、流れに沿った出産になります。

自然な経過を大事にしますが、分娩監視装置をつける、血管確保のための点滴など、母子の安全確保のために医療を行うのが原則となっています。

陣痛が弱い場合は、陣痛促進剤を使い、逆に強すぎて危険な場合は子宮収縮抑制剤を使用します。

分娩が長引いて母体の体力が低下した場合や明らかな胎児機能不全などにより急速遂娩が必要になった場合は、吸引分娩・鉗子分娩に切り替わることもあります。

自然分娩のメリット

・帝王切開と比べて産後の体調回復が早い

・立ち会い出産が可能

・費用が安く済む

・出産した感覚・達成感が一番強い

自然分娩のデメリット

・陣痛から出産まで激しい痛みに耐えなければならない

・いつ生まれるかわからない

・会陰裂傷や会陰切開する可能性がある


無痛分娩・和痛分娩

麻酔を用いて、陣痛を和らげる分娩を無痛分娩・和痛分娩といいます。

欧米では非常にポピュラーな方法ですが、日本では実施している病院が限られています。

日本では昔から「痛みがあってこそ母になれる」という考えが根強く残っており、なかなか普及し辛かったといわれていますが、近年海外での普及によって、周囲の無痛分娩に対する理解も深まり始めています。

無痛分娩には代表的な方法が2つあります。

ひとつは硬膜外鎮痛といって、硬膜外腔という背中の脊髄に近い場所に局所麻酔薬を投与します。

麻酔の範囲が子宮と産道付近に限られているため、母体の意識もはっきりしています。

もうひとつは点滴からの鎮痛です。

これは点滴で静脈の中に医療用麻薬を投与し、痛みを和らげてくれる方法です。

硬膜外鎮痛の方が鎮痛効果が高いですが、妊婦さんの血が止まりにくかったり、背骨に変形があったりと硬膜外鎮痛が受けられない場合や、背中に針を刺すのが怖いという場合は、点滴による鎮痛を選択できます。

無痛分娩のメリット

・出産の痛みが軽くなる

・疲労が少ないので産後の回復が早い

・計画無痛分娩の場合、出産の日にちを事前に決められる

無痛分娩のデメリット

・麻酔費用がかかる

・麻酔科医が必要なため、病院が限られる

・麻酔によっていきむタイミングがつかめず、吸引・鉗子分娩になりやすい

・麻酔の効きやタイミングによって、完全に無痛になるとは限らない


帝王切開

帝王切開は骨盤が狭かったりなどの理由で経膣分娩が不可能だったり、経膣分娩では危険性が高いと医師が判断した場合に、おなかを切って赤ちゃんを取りだす方法です。

胎児の大きさや母体の健康状態などを診断し、陣痛が起きる前に計画的に出産を行う「予定帝王切開」と、経膣分娩中のトラブルで母子が危険だと判断した時に行う「緊急帝王切開」があります。

帝王切開のメリット

・予定帝王切開の場合、事前に出産日がわかる

・予定帝王切開の場合、陣痛が始まる前に手術するため、出産時の痛みが少ない

・手術のため、対象保険に加入していれば給付金を受け取ることが出来る

帝王切開のデメリット

・立ち会い出産は出来ない

・出産費用が高め

・入院が長くなり、産後の回復も遅い

・子宮破裂のリスクが高いため、次回の出産も帝王切開になるケースが多い

・手術跡が残る


どんな分娩方法でも出産は命がけ!

自然分娩で産んだママは、その痛みに「次は無痛がいい!」と願うママや、「この痛みを乗り越えたから大抵のことは大丈夫!」と自信がついたママもいるかもしれません。

帝王切開で産んだママは、「やっぱり下から産みたかった」と思うママもいるでしょう。

いろいろな思いを持ってママは出産に臨みます。

でもどんな分娩方法であっても、出産は命がけです。

また、出産時の痛みの有無や強弱で、子供への愛情が変わることはありません。

お腹を痛めて苦労してこそ母親になれるという考えが根強い日本ですが、約9ヶ月もの間、大事にお腹の中で命を育み、出産後は産後の辛い身体で赤ちゃんのお世話をする…。

もうそれだけで十分子供への愛情は芽生えています。

ママの環境やライフスタイルによっても、分娩方法は変わってくるでしょう。

ぜひ、ご自身にあった分娩方法を選択してくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存