小さい子供がいる家庭の防災グッズは何が必要か考えてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

阪神大震災、東日本大震災、熊本地震、日本では近年大きな震災が起こっています。

今でも、多くの人が生活の不便をしいられています。

それでも、自分には関係ない、自分の地域ではそんなことは起こらないだろう、と思ってはいませんか。

起こりえないと思っていても、いつ何が自分のところに起こるかわかりません。

そんな「まさか」の時に備えて防災グッズを備えていくことも考えてみませんか。

小さな子供がいる家庭では、自分の分だけでなく子供の分まで考えなくてはなりません。

そこで、小さい子供がいる家庭の防災グッズについて、必要なものを考えてみました。


スポンサーリンク

小さい子供がいる家庭の防災グッズj準備は何が必要か考えてみた

ミルク

まず、必要になってくるのはミルクです。

母乳を飲ませているから安心、と思っているママも、被災地では母乳を飲ませる環境がなかったり、ストレスで母乳が止まってしまったりして、ミルクが必要になることがあったようです。

ミルクも缶などで置いておくのは場所も取りますので、スティックタイプの粉ミルクが便利です。

各メーカーから出ていますが、飲んだことのないメーカーのものは避けましょう。

飲みなれないものだと拒否する赤ちゃんもいます。

母乳の赤ちゃんは、心配なら一度あげてみて飲めるか確認しておくと安心ですね。


使い捨て哺乳瓶

哺乳瓶も、使ったら洗わなければならないし、衛生面が気になりますね。

そういった時は、使い捨ての哺乳瓶があることをご存じですか?

あまり店頭では見かけないこのタイプの哺乳瓶、ネットで検索するとたくさん出てきます。

こんなに種類があったのか、と驚くかもしれませんが、まずは自分の子供に合ったものを探してみましょう。


オムツ、おしりふき

被災地では、支援物資が用意されていてもすぐには届けられなかったニュースを見聞きしたことはありませんか。

オムツがなかったら困りますね。

かさばりますが、いざという時手の届くところにオムツを用意しておきましょう。

おしりふきもセットにしておくと安心ですね。最低でも2週間分くらいあった方が良いです。


非常食

離乳食中の子供には、常温で温めなくても食べることができるものが売っていますので、月齢など確認して買っておくと便利です。

器やスプーン付きのものもお勧めです。

おやつも、ビスコなどのビスケットやクッキーなどの長期保存缶がありますので、とても便利です。


衣料品

実際に、被災地に支援物資として衣料品は届けられたようですが、カビが生えていたり汚れやシミがあったり、ほとんどが中古品で、着られるものを選ぶのが大変だったことがあるようです。

ずっと毎日同じ服、というわけにはいきませんよね。

普段の服に加えて、昼夜の寒暖差も考えて、上着も用意しておきましょう。

雨が降った時のことも考えて、レインコートもあった方が良いです。


抱っこひも

いざ避難しなければならない時、家族の防災グッズなどの荷物を抱えて、さらに子供を抱っこして、というのはかなり大変です。

抱っこひもは移動の時に便利なので、すぐ手の届くところに置いておきましょう。


防災ずきん

頭上に落ちてくるものなど、危険をさけるために防災ずきんがあると便利です。

できる限り、子供を危険から守りましょう。


保険証、母子手帳

子供を守るものとして、保険証と母子手帳があると便利です。

しかし、防災グッズをまとめる袋やリュックに入れておくのは不便と感じるママも多いでしょう。

そんな場合は、保険証のコピーや、予防接種と病気の履歴を書いた紙を用意しておくと代わりになります。

以上、たくさんにはなりますが、必要だと思う防災グッズをまとめました。

食料品やミルクなどは定期的に賞味期限を確認するようにしましょう。また、オムツや衣類などはサイズが合っているかを確認し、サイズアウトになりそうだったら早めに消費するようにしましょう。

家族の分として、水、3日分の食料、医薬品やタオル、毛布、懐中電灯、生理用品、貴重品なども一緒に用意しておき、いざという時に備えましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存