子供の事故にも使える自動車保険の弁護士費用特約に入っていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

子供の事故にも使える自動車保険の弁護士費用特約に入っていますか?

boy

弁護士費用とは。必要性は。どのような場合に使えるか。

弁護士費用特約とは、裁判で、起訴された場合や、示談が成立した際など、弁護士が必要になった場合の弁護費用を補償する特約です。どのような場合、弁護士が必要なのか、代表例を3つ上げて考えてみます。

①起訴された(裁判を起こされた)場合。保険契約側の弁護士に、依頼する弁護士費用補償。

②もらい事故の等の示談交渉。示談による弁護士費用補償。保険会社が、もらい事故で示談交渉することは、(第72条非弁護士法律事務の取り扱い等の禁止)に抵触します。)

③自転車事故などの示談書作成を弁護士に依頼する弁護士費用補償。

など、あらゆる車両事故に関して法的に、事故の賠償を巡って、民事裁判に移行した際の保険契約者の弁護士の費用として高額になりがちな弁護士報酬費用に補填できるオプションが、弁護士費用特約になります。


裁判が起訴された場合

被害者になれば、被害額の請求。加害者になれば、加害に対する評価額を算定し裁判所で争います。

弁護士の報酬は、地域、弁護士の能力によって、大きく、違い、裁判を左右します。

正直に言えば、弁護士で、裁判の勝敗が決まることも多くあります。新人の弁護士とベテランの弁護士では、裁判をしている数が違うので同じレベルではない。

例えば、(ドラマ:リーガルハイ)などで弁護士のレベルの差がわかります。

能力の高い弁護士は、着手金でも数百万円単位必要となり、経済的負担も高くなります。

交通事故の場合、過失が、ある程度まとまっているので(赤・青本)訴訟になることも少ないのですが、

民事における賠償責任(金額)に関しては、裁判も長期化するケースも多々あり、中には、5年間以上の民事賠償事件など、数多くあります。その場合には、弁護士も着手金以外にも請求されるケースが、でてきます。

弁護士に一任していても、領収書や、売り上げ明細など、非常に提出物も多く、手間と股間が必要なことも多く、弁護士の経験の差で、的確な指示受けて、裁判の期間も短くて済む場合もあります。得意分野を持つ、交通事故訴訟には強いなど、弁護士の得意分野を見極めて依頼をしましょう。

また、裁判を起こす際には、訴訟時に必要な印紙も裁判所に納める事が多く、高額になります。

裁判になることは、高額な費用が必要になります。

その中でも弁護士報酬が最も高い費用になります。

私が自動車保険選びをする際には、まず、弁護士費用特約 訴訟費用特約のオプションがあるか、また補償金額が十分であるかを第一に、確認して選びます。


もらい事故の場合の示談  

今回の弁護士費用特約は交通事故とは限定されず弁護士が必要な場合

例えば、もらい事故。(駐停車中に、走行車が飛び込んできたなど)にも、弁護士費用等特約が利用できます。

弁護士に一任できるので、時間も拘束なれることもなく、示談を成立して頂けます。(非常に便利なオプションです。)

もらい事故(100:0)の場合、保険会社は関わることが出来ないので、(車両事故ではない為)非常に、トラブルになるケースが多く、素人同士の話し合いでは、問題が山積で、解決は、難しいとされていますが、弁護士に一任しておけば安心して解決できます。


自転車事故にも対応できます  

また、事故の基準が曖昧で、年々増加している自転車事故にも弁護士補償特約は、利用できます。

日常の車両事故には、弁護士費用特約は、安心なオプションになります。


弁護士費用特約とは安心の対応策

万が一、車両事故を起こした場合、事故の過失割合を問わず、契約者の弁護士等に関する法的事務(示談、裁判、交渉等)の弁護士費用負担を回避又は、軽減し、自己財産を守る特約保険でオプションです。

事故を起こさないことが一番ですが、事故が発生した場合の対応として弁護士に依頼し安心して問題を解決していくことも必要な考えです。弁護士に安心して依頼できるように。対策も必要です。


まとめ

子供の事故にも使える自動車保険の弁護士費用特約に入っていますか?
裁判が起訴された場合
もらい事故の場合の示談
自転車事故にも対応できます
弁護士費用特約とは安心の対応策

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存