馬油クリームの特徴とおすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

天然のスキンケアクリームとして人気のある馬油。

その名の通り馬の脂です。中国では4000年以上もの歴史があります。

日本でも昔から火傷の特効薬として民間治療に用いられてきました。

馬の脂は食用にもなることから安全性も高いと子どもや赤ちゃんに使う人も多いです。

たくさんの種類の 馬油クリーム が売られていますが、どんな効能効果があるのでしょうか。

そして品質の良い馬油を選ぶコツは何でしょうか。


スポンサーリンク

馬油クリームの特徴とおすすめ

馬油の歴史

馬の油は中国では騎馬民族の時代から利用していたと思われ、効能については、古くは5~6世紀に中国の陶弘景が記した医学書『名医別録』に「馬の油は髪を生ず」と記され、16世紀には医薬学者の李時珍が薬学書の最高峰として名高い『本草綱目』の中で「シミ、ソバカスを取り除き、ひび割れ、肌荒れを改善し筋肉痙攣を和らげる」と記しており、5~6世紀頃にはすでに薬として用いられていたと考えられます。

日本では江戸時代に本草学が盛んになり、『本草綱目』に多大な影響をうけましたが、馬の油がいつ頃から皮膚の治療や保護に使われ始めたかについてははっきりとした文献は残っていません。

一説では奈良時代(8世紀半ば)に九州の太宰府に立ち寄った鑑真和尚の一行が馬の油の効能を伝えたともいわれています。

馬と関わりが深く、馬肉を食べる習慣のあった九州地方の一部では昔から「馬の油は火傷や怪我に効く」と言い伝えられており、自然に受け継がれていったと考えられます。

馬の油の効能は経験と伝承によって連綿と受け継がれていましたが、「ソンバーユ」の販売元として知られる現(株)薬師堂の創業者が、長年の研究の結果として「ガマの油は馬油である」との自説を発表したことから全国的に知名度が上がりました。


ソンバーユ 無香料 70ml

しかし、皮膚保護剤としての医薬品の認可を求めましたが叶わず、1988年にスキンケア化粧品の原料として厚生労働省の認可を受けるまでは「馬油」は食品として販売されていました。


馬油の特性

馬油には動物性油脂には少ない不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。

不飽和脂肪酸は悪玉コレステロールの抑制や高血圧の予防に効果があります。

また、人が体内で作り出すことのできない必須脂肪酸であるリノール酸やα-リノレン酸も豊富に含んでおり、健康に良い油として注目されています。

馬油の脂肪酸構成は人の皮脂と非常に似通っているため浸透力が強く、肌に塗るとべたつかずに皮膚の奥までスッと染み込みます。

副作用がないため赤ちゃんからお年寄りまで幅広い年代の人に使え、万が一口に入ってしまっても安心です。

製造工程での精度が低いものは独特の獣臭さがあり使いにくいですが、きちんと品質管理されたものはほぼ無香料で抵抗なく使えます。


馬油の効能効果

・抗酸化作用 細胞の老化を防ぎアンチエイジング、がん予防や生活習慣病の予防にも役立ちます。

・抗炎症作用 α-リノレン酸が皮膚に素早く深く浸透することで火傷や怪我による腫れや痛みを和らげます。

・殺菌作用 殺菌効果のあるα-リノレン酸が毛穴の奥深くまで浸透することで細菌の侵入、増殖を防ぎます。

・抗菌作用 皮膚に馴染みやすいのでバリヤーの役割を果たします。

・保湿作用 肌の乾燥を防ぎ、潤いを与えます。α-リノレン酸の作用でアトピー性皮膚炎の症状の改善にも効果が期待できます。

・肌荒れ防止 水仕事をする前に塗っておけば膜を張ったようになるので冷たい水や洗剤による肌荒れやあかぎれを予防できます。

・血液循環促進作用 塗りながらマッサージすることで血行が良くなり冷え性の改善にも役立ちます。

・育毛作用 頭皮に浸透させてマッサージすれば血行が良くなり髪が生き生きと健康になります。


どんな馬油クリームを選べばいいのか

同じ馬油クリームでも値段にかなりばらつきがあります。

原因の一つとして認可の問題があります。

効能効果を謳うためには化粧品であっても薬事法に基づき医薬部外品としての認可を受ける必要があります。

効能効果を謳わなければ成分表示を明確にするだけで承認の必要のない化粧品と比べて、医学部外品としての認可を受けるためには実験データや安全性確認が必要になり手間もコストもかかります。

当然価格に反映されることになりますが必ずしも最高品質とは限りません。

価格を抑えるためにあえて効能効果を謳わず、化粧品として販売しているものもあるからです。

純粋な原料だけでなく石油系の化合物や添加物を加えて安価に製造している粗悪なものもあります。

馬油自体は無害でも不純物や添加物を含んでいるものは安全とはいえませんし、低品質の商品は嫌な臭いがしたりべたついたりしたりして馬油本来の良さを感じられません。

馬油クリームに限らず体に影響があるものを選ぶときには成分表示や添付文書をよく読み、余計な添加物や香料が入っていないか、原材料が安心できるものかをしっかりと確かめる必要があります。

製造元が明記されており、問い合わせやトラブルの際の窓口がはっきりしていることも大切です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存