ベビーパウダーの使い方とおすすめ3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

babypauda-osusume

赤ちゃんの肌ってもちもちでスベスベですよね♪

ですがお世話をしていると、赤ちゃんのお肌ってトラブルになりやすいと感じるママは多くいます。

あのスベスベお肌は、ママのお肌ケアがあってこそ!

ここでは、そんな赤ちゃんのお肌ケアにおすすめのベビーパウダーについてご紹介します♪


スポンサーリンク

ベビーパウダーの使い方とおすすめ3選

ベビーパウダーってどんなもの?

ベビーパウダーは、主にあせもやただれを防止するために皮膚に塗る粉末のことです。

乳幼児に使うことが多いので、「ベビーパウダー」という名がつけられています。

軽度のあせもやかぶれ、ただれの他、剃刀負けなどにも効果があります。

主な原料はタルクと呼ばれる鉱物と、コーンスターチなどの植物のでんぷんです。

すごく細かな粒子による毛細管現象で水分を吸い上げ、でんぷんで湿度を適度に保ち、タルクで皮膚の表面をなめらかにします。

乾燥するんじゃないの?と思われるママもいるかと思いますが、ベビーパウダーは皮膚を乾燥させるわけではなく、皮膚同士の摩擦を少なくすることで、あせもをできにくくする効果があります。


ベビーパウダーは毛穴に詰まるって本当?

ベビーパウダーは毛穴が詰まるから使わない方がいいという話を聞いたことがあるママさんも多いでしょう。

ですが、きちんとした使い方をすれば皮膚トラブルは避けられます。

皮膚トラブルの多くは、ベビーパウダーのつけすぎによるものです。

ベビーパウダーをつけすぎると汗の逃げ場がなくなり、パウダーがだまになったり、そこに微生物が繁殖したりする恐れも

また、ベビーパウダーをつけたら皮膚呼吸出来なくなるんじゃないの?と心配されるママもいますが、メーカー側のテスト結果によると、ベビーパウダーを使用する前後の皮膚表面の二酸化炭素濃度を測定値に違いがなかったという報告があります。

ベビーパウダーを使用しても赤ちゃんの皮膚呼吸を妨げる心配はありません。


ベビーパウダーおすすめ3選

あせもやかぶれ予防に効果的なベビーパウダー。

年中通して皮膚トラブルが多い赤ちゃんにとっては必要不可欠なアイテムです。

ここでは、ベビーパウダーのおすすめをご紹介します♪

シッカロールキュア 140g(和光堂)


シッカロールキュア 140g

うるおい成分である、ももの葉エキスが配合されている薬用ベビーパウダーです。

原料はすべて天然由来のもの。

有効成分である「アルジオキサ」と「酸化亜鉛」が配合されていて、あせもを予防し、赤ちゃんのお肌を整えてくれます。

肌触りの良いパフがついていて、敏感肌の赤ちゃんにも安心して使えます。

粉飛びの少ない良質なパウダーを使っているため、使用時のストレスもありません。

ベビーパウダーの別称であるシッカロールという名を聞いたことがあるママも多いと思います。

シッカロールは和光堂商品の販売子会社、アサヒグループ食品の登録商標なんですよ♪

ジョンソン ベビーパウダー プラスチック容器 140g(BAND-AID(バンドエイド)


ジョンソン&ジョンソン ベビーパウダー プラスチック容器 140g

産まれたその日から使えるやさしいベビーパウダーです。

ベビーパウダーといえばコレ!と言われるほど認知度が高いロングセラー商品。

原料はタルクと香料のみというシンプルなものなので、赤ちゃんのお肌に余計なものをつけたくないという自然はママさんにおすすめです。

使われているタルクは、良質で人体や環境にやさしい蒸気滅菌が施されています。

香料は国際香粧品香料協会と呼ばれる香料の安全性を管理している協会の基準を満たした上、さらに自社基準を設けて、赤ちゃんにやさしい香料を配合しています。

プラスチック容器のものに加え、携帯に便利なシェーカータイプのものもあります。

・ピジョン 薬用ベビーパウダー 弱酸性 ピンクパフ付 30g (医薬部外品)(ピジョン)


ピジョン 薬用ベビーパウダー 弱酸性 ピンクパフ付 30g (医薬部外品)

こちらは肌の弱い赤ちゃんに適した弱酸性の薬用ベビーパウダーです。

アルカリ性に傾きがちな赤ちゃんのお肌を、健康な肌と同じ弱酸性に保ちます。

球状のサラサラパウダーが入っているため、下半身の使用に向いています。

スクワラン・ホホバオイルといった保湿成分と、皮膚保護成分であるシリコーンオイルが配合されており、お肌にやさしいベビーパウダーです。


ベビーパウダーを活用しよう!

赤ちゃんがねんね時期の頃は、首や脇などが蒸れやすいです。

私の娘も、汗やよだれ、汚れなどが首筋に溜まったせいで、カンジタと言われるカビが悪さをし、ただれが起きてしまいました。

この時、ベビーパウダーを使用していれば予防出来ただろうと後悔しました。

正しく使えば赤ちゃんの皮膚トラブルを予防できるベビーパウダー。

ぜひ活用してみてくださいね♪


まとめ

ベビーパウダーの使い方とおすすめ3選
ベビーパウダーってどんなもの?
ベビーパウダーは毛穴に詰まるって本当?
ベビーパウダーおすすめ3選
ベビーパウダーを活用しよう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存