ベビー用品ってどんなものをレンタルしたらいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

妊娠中の病院の待合室や、産後の病室で、ベビー用品レンタル のカタログをもらったり、ベビー用品のレンタルについての記事が載った雑誌などを目にする機会が多いと思います。

赤ちゃんの時代にははその時々にしか使わない商品もあり、購入するよりレンタルをしたほうがお得で便利なのです。

必要な時に必要なものを必要な場所に配達してくれるサービスもあるレンタルベビー用品。これを利用しない手はありません。

どの時期にどんな商品がおすすめなのか調べてみました。


スポンサーリンク

ベビー用品ってどんなものをレンタルしたらいいの?

おすすめ商品あれこれ

ベビーシート

まずは退院の時からその後の定期検診などに車に乗るときに使えるベビーシート。

車につけられて、着脱も簡単なものを選びましょう。

取り外してそのまま移動できる軽量のものがおすすめです。

ベビーカー

出産後買い物に出かけたり、散歩へ行くのに便利なA型ベビーカー。

A型はB型のベビーカーに比べると大き目で重たいし、赤ちゃんがおすわりが出来るようになる頃の短期間の仕様なので、レンタルがおすすめです。

ベビーベッド

産後すぐから始まるおむつ替え。

そのたびに立ったり座ったり結構腰に負担がかかるものです。

動けるようになったら大人と同じ場所で寝かせるとして、それまでの間はベッドがあったほうが便利でしょう。

ベッドメリー

これはとっても助けられます。泣いてもメリーのオルゴールを鳴らせば泣き止んだり、寝る前の儀式のように聞かせると、この音楽だけで眠くなったり。

首が座り寝返りを打てるようになると、メリーを触りたいと手を伸ばすので、運動にもなります。

ただし、かさばるのでベビーベッドとセットでレンタルし、使わなくなったら返却が良いでしょう。

バスチェアー

いつも誰かに手助けしてもらえるお風呂タイムなら良いのですが、ママ一人で赤ちゃんとお風呂と言うこともありますよね。

上にまだ手のかかる子もいる場合も考えられます。新生児のうちはお風呂で使えるバスチェアーもおすすめで風呂場での危険防止のためにも一つあると便利です。

ただ、立っちが出来たり、歩けるようになると使わなくなるのでレンタルが良いでしょう。

ハイローチェアー

ずっとベッドに寝かせきりではぐずってしまう赤ちゃんのために、リビングにおいて寝かせるのに使います。

また、このチェアーはおすわりが出来るようになると食卓椅子として活躍もしてくれます。

ハイローと言うくらいなので高さを低くして大人が床に座ったときに同じ目線で物を見ることが出来る椅子にもなるし、背面にやわらかいクッションがついているので安心です。

新生児のころからおすわりが出来るようになるまで活躍してくれますが、おすわりがしっかりできて離乳食が始まるようになると、食卓用の子供椅子と変わっていくためレンタルがおすすめです。


レンタルの良さ

何といっても、必要な時期に必要な品物を借りることが出来ることです。

実際に購入となると使い終わってからの保管場所も必要ですし、新生児のころに必要な道具はベッドやベビーカーやチャイルドシートなど大型なものが多いものです。

次の子のためにと思ってとっておいても、現在ベビー用品の進化は目覚ましく、何年か前のベビーカーとは比べ物にならないくらい高性能なベビーカーが現在は販売されていたりします。

長期に使う品物は購入するとして、短期でしか使わないものは、レンタル商品が賢明でしょう。

レンタル製品は毎回徹底的にクリーニングされ、きれいな状態で借りることができます。

もしそれでも誰かが使った品物に抵抗があると言う人は、少し値段は高くなりますが、新品指定も可能だと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存