赤ちゃんのミルクに使いたい水の種類は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

環境問題や健康に対する意識が高まる中、水 もより安全で美味しく、体によいものが求められるようになってきました。

大人よりはるかに弱い 赤ちゃん にはより一層安全で安心な水を使いたいですよね。

水道水を始め飲料となる水はいろいろあります。

赤ちゃんの ミルク 適した水もあれば使わないほうがいい水もあります。

最も適した水は何でしょうか?


スポンサーリンク

赤ちゃんのミルクに使いたい水の種類は?

水の分類

日本の飲料水は大きく4つに分類されます。

まず、特定の地下水を採水し、ろ過、沈殿、加熱殺菌以外の人工的な処理を加えていない「ナチュラルウォーター」、次にナチュラルウォーターのうち、天然のミネラルが溶け込んだ「ナチュラルミネラルウォーター」、ナチュラルミネラルウォーターに人工的にミネラルを配合したり、ミネラルバランスを調整したり、複数のナチュラルミネラルウォーターを混合したり、紫外線やオゾンによる科学的処理を加えたりした「ミネラルウォーター」、そしてそれら以外の水(飲むことができる水)の「ボトルウォーター」です。

一般にミネラルウォーターとして売られているのはナチュラルミネラルウォーターとミネラルウォーターです。

ところで、日本では加熱殺菌した水もミネラルウォーターと呼びますが、海外では加熱を含め人工的な処理がなされたものはミネラルウォーターとは呼びません。

海外では加熱することで天然水の持つパワーが失われると考えられているので、ミネラルウォーターとはいわゆる「生水」のことです。


水の種類

水には軟水と硬水があります。これは水に含まれるカルシウムとマグネシウムの量を数値化した「硬度」で区別します。

硬度の計算式は(カルシウム量mg/L×2.5)+(マグネシウム量mg/L×4)で、日本では硬度100以下の水を軟水、それ以上のものを硬水と呼んでいます。


水の性質

普通の水は水素イオンの濃縮指数であるPh値が7で中性です。

Ph値は0~14までですが8以上がアルカリ性で6以下が酸性です。

水を電気分解することでアルカリ水、酸性水を作ることができます。


赤ちゃんのミルクに適した水

このように一口に水といってもたくさんの種類がありますが、ミルクは水道水を使って作ることを前提に作られています。

これは日本の水道水が安全で安心だと言う前提に基づいています。

世界の基準からみれば安全で美味しいと言われている日本の水道水ですが実際には水道管の老朽化や水質汚染、集合住宅の貯水槽の衛生管理の問題などもあります。

日本の水質管理は厳しく、病原菌や有害物質などで人体に影響が出ないことは保証されていますが、基準以下とはいえ有害物質を含んでいたり、異臭がしたりするような水は赤ちゃんには使いたくありませんよね。

そこでまずおすすめは浄水器の設置です。

家庭用浄水器も性能が高いものはほとんどの有害物質を除去することができます。

買いに行く手間や保管の必要がないのが利点ですが、殺菌のための塩素も除去されているため雑菌が繁殖しやすくなっていますから、汲み置きせずすぐに使い切るようにしてください。

市販のミネラルウォーターやウォーターサーバーを使うのも安心です。

宅配サービスのあるものなら重い水を買って帰る手間も省けます。

ただしほとんどの外国製のミネラルウォーターに見られる硬水は、ミルクが溶けにくいうえ赤ちゃんの身体には不向きです。

マグネシウム含量の多い水も下痢の原因になりますし、ミネラルが多すぎるとミルクに含まれる栄養素をこわしてしまう可能性があるので注意が必要です。

またアルカリ水も赤ちゃんの胃腸には負担になります。

日本製のミネラルウォーターはほとんどが軟水なので、ミルク作りには問題ありませんが、海洋深層水やミネラル強化をうたったものは避けたほうがいいでしょう。


井戸水は使わないで

雑菌に汚染されている可能性があるので井戸水は使わないでください。

熱に強い菌もいるので、たとえ煮沸するとしても避けたほうが賢明です。

水道水も必ず沸騰させたものを冷まして使ってください。

ミネラルウォーターもできれば沸かしてから冷まして使いましょう。

ミルクを溶かすときは、万が一の場合を考えてミルクを殺菌する目的があるので、どんな水を使っても70℃以上のお湯にして使いましょう。


おわりに

世界には190以上の国がありますが、その中で安全に水道水を飲めるとされているのは日本を含めてわずか15か国しかありません。

アメリカは水質管理基準が日本より厳しく、衛生面だけを考えれば水道水を飲むことは可能ですが、美味しくないので飲料水には不向きです。

その点、日本の水道水は衛生面でも味の面でも恵まれていると言えるでしょう。

ただ、人体に影響が出ないとはいえ、場合によってはカルキ臭がしたり水質が落ちていたりすることもあります。

赤ちゃんには煮沸した水道水か、浄水、ミネラルウォーターを使うことをおすすめします。

また、地域によって水道水の水質は随分と違いますから自分の住んでいる場所の水道水の水質を調べておくのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存