アウトドアってどんなところが楽しいの?面倒ではないの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アウトドアってどんなところが楽しいの?面倒ではないの?

beach

家族でのアウトドアが毎年夏の恒例行事の我が家。

夫婦と子供3人、犬一匹。大自然の中でのキャンプが大好きな家族の様子をご紹介して、アウトドア体験オススメしたいと思います。


ボーイスカウト

長男が幼い頃、ボーイスカウトに誘われて加入して、皆でのキャンプを体験して来ました。

開口一番楽しかった!と言いました。

その後に学校でバンガローではありましたが、子供たちはキャンプをして来て、やっぱり楽しいから、うちでも行こうと言います。

旅行と言うとホテルや旅館で泊まる事しか考えていなかったので、私も主人も学生の頃の施設でのキャンプ以外は経験した事が無かったのですが、子供達にとっても経験としてとても良いだろうと思い、色々と調べながらのまずは形からで道具を揃え出す事にしました。


いきなりテント?

道具からと言っても、いきなりテントは張った事が無いのでまずはバンガローを経験する事にしました。

取り敢えず寝袋、テーブルセットや食器類、一番やりたかったバーベキューセットを揃えて行ってみました。

この時はそれ程遠くなく、子供達が小学校で行ったバンガローでのキャンプにする事にしました。

この施設はがらんとしたバンガローにカーペットが敷いてあるのみ。寝袋は必須でした。

バンガローが有るので到着したら、夜にバーベキューが出来たり、朝ご飯が作れたりするセッティングをしました。

夕方までは場内でボールで遊んだり、川に入ったりして遊び、夕方になり、お待ちかねのバーベキューの為の炭を付ける作業を開始しました。

初めてで中々上手く行かず、点いたと思っても一瞬着火剤が燃えただけで肉を焼くうちに、弱くなって行ったりして難しかったですが、無事バーベキューも堪能して楽しい一日目が無事終わりました。

夜は星を眺めたり、場内を散歩してカブトムシを探したりしながら9時には就寝です。犬は昼間は外に繋ぎますが、夜はその施設は玄関ならペットを入れても大丈夫でしたので、一部屋で一緒に寝ました。

youth

まだまだ子供達も小さかったので、そんな健康的な一日が大満足でした。

翌朝は簡単な朝食を作り、みんなで食べます。キャンプ場の朝は爽やかです。

昼間は近所を散策したり、犬を連れて散歩したり、虫を探したり、川に入って川遊び、魚釣り、大自然と一日中触れ合いました。とっても楽しそうな子供達。

夜は、又星を眺めながらの夕飯。その日はカレーを作りました。外で食べるご飯は最高ですし、何よりビールが美味しい!と主人と堪能しました。

翌朝も犬の散歩後、朝食を皆で食べ、帰り支度ですが、バンガローなので片付けはバーベキューセットやテーブル類だけなので簡単に済ませ、チェックアウト時間迄場内で遊びまくり、帰路に着きました。

あっという間の二泊三日。初めてのキャンプは大自然の中で、お天気にも恵まれて楽しく終わりまして、皆の意見は勿論!又行こう!でした。


病みつき

もうそのキャンプ以降、犬も居る事ですし、旅館やホテルには中々行けなかった我が家ではすっかりはまりました。

アウトドア本を買い、スポーツ用品店ではアウトドアコーナーへ行き、インターネットで色々調べたり、用品を購入したり、来年はどこに行こうか、帰ってきたばかりなのに調べ始めたりと見事な

はまりっぷりにびっくりです。

いつの間にかグッズも増えていました。主人は買い物に行く度に、アウトドアコーナーを訪れては、グッズを仕入れて来ていた様で、次にキャンプに行くと初めて見るグッズが必ず有るのです。

楽しいんだなと思っていました。

もうすっかりはまったので、勿論テントも買う事にしましたが、最初はどんなのが良いかよく判らず、予算と大きさと相談しながら高くもなく、でも限りなくリーズナブルなテントを買ってみました。来年のキャンプはテントで!みんな乗り気です。


初めてのテント!

翌年、夏休みに向けての、犬も連れて行けて、程良い距離でのキャンプ場探しを開始しました。

まだどんな型式のキャンプ場だと便利なのか、それ程遠くなくて、どの位の広さが有ると具合が良いか、犬が繋げるか、その程度の条件しか思い浮かばずでした。

そういった条件を考慮して、最初のテントを使ったキャンプに行きましたが、思ったよりもテントを張る事が大変でした。長男は手伝えても下のちびっこは、まだ手伝えなかったので四苦八苦してテントを立てたのを思い出します。

キャンプはそうしたちょっとした苦労も有るから、思い出も多いし、楽しいのかなと思います。

その時のテントキャンプも大成功でした。テントは張ったり、片づけたりが大変だったりもしますが、家族が一致団結しないと何も出来ません。みんなで協力して色々な事が出来るので勉強にもなるでしょうし、家族の絆も深くなる様な気がします。


楽しい事ばかり?

後になれば楽しかった思い出ばかりなのですが、その時には大変だった事も勿論たくさん有ります。

一番嫌だし、大変なのはやっぱり雨。

アウトドアの天敵は雨や突風だと思っています。キャンプに行く時は、何日も前から天気予報とにらめっこ。夏は台風が来るかもしれません。来るなら勿論日をずらしますが、ちょっとした雨なら迷うところですが、最初のうちは雨にも負けずに行っていました。

何回かは、天候が回復するのを待ちました。

主人が海の仕事をしているので、行くなら山に行きたがります。

山は天候が急変します。最初は晴れていても、急に土砂降りになった事は何回も有ります。

雷にも遭いました。テントを張るのは時間がかかるので、折角立てたら、一泊では勿体無いと大抵二泊三日で行きますが、殆ど雨だった事も有りました。

テントの周りに水溜りが出来た事も有りましたし、テントの屋根に水が溜まり、何度も水を下から押し上げて溜まった水を追いやったり、楽しくご飯を食べていると、雷がゴロゴロ鳴り出して大慌てしたり、突風が突然吹いて、テントが飛ばされそうになったり、そんなハプニングは回数行っているので、あげたらキリが有りません。

でもそんな事が有っても、それ以上に自然の中で虫を探し回ったり、川で遊んだり、流れ星を見付けたり、川のせせらぎの音を聞きながら寝たり、それ程良いお肉では無くてもバーベキューがとっても美味しかったり、何よりいつもは別々に寝ている家族が同じ一つの部屋で寝て、そして協力して一つの事をする、そんな楽しい事がたくさんのキャンプ、やめられません。


道具は大事

最初は判らないので、どんなグッズが有るのか一通り売り場で色々と物色しました。

まず悩んだのはテントです。安い訳では無いので一度買うと、きっと相当期間使えます。値段はピンからキリまで有ります。

よく聞くメーカーさんのテントだと4~5人用で10万位しますし、お値打ちな物なら3万円弱の物も有ります。

やった事無いしお値打ち品で良いのでは?と決定し、3万円弱のテントを購入して最初の年はやりましたが、初めは判らないのでこんな物かと思っていましたが、何回か使用して大雨が降った際、事も有ろうに!雨漏りして来ました。テントで雨漏り・・・・困りました。

酷くなる前に持っていたシートをテントの上に被せまして、それ以上は雨漏りするのを防ぎました。

その年はそれでやり過ごし、シーズンオフにたまたまアウトドア用品店をのぞいた際に、割と有名なメーカーさんのテントがかなりお値打ちになっていて、店員さんに事情を話してこのテントがお値打ちだけどどうなの?と尋ねたところ、理由はシーズンオフだからと言う事と、旧モデルなので処分品だからお値打ちだと教えて頂き、よく行かれるのであればテントはそこその良い物の方が良いと言う事を教えて頂き購入しました。

翌年はそれを使用してキャンプをしましたが、明らかに最初のテントとは造りが違い、こういう事かと思いました。

コンパクトに収まるところも違いましたし、細かいところ、例えばチャックの締まり具合や骨組みの丈夫そうなところ、組み立てる際にもガタつかなかったり、値段の違いはこう言う所なんだねと素人判断ですが思いました。

このテントは5年位毎年使っておりますが、全く今でも問題ありません。最初のテントは生地も何回か使っていたら、へたって色もあせて来ましたが、今の物はそれも有りませんし、快適です。

最初のテントは安物買いでしたが、それも経験です。

他の物でもテントでは無く、雨を避けたり日差しを避けるだけの屋根しかないテントも最初は安い物を使っていましたが、突風に遭いあっけなくぐしゃりと壊れました。

こちらは安すぎの千円で購入していたので仕方ないなと思えましたが、やっぱり何回も使う物はそこそこメーカー品を買った方が結局は長く使えるんだなと判りまして、それからはそこそこ良い物を購入しているので、毎年安心して使っております。


アウトドアのススメ

こんな調子で試行錯誤しながら、子供達が夏休みに行ける様に段取りして、毎年2回位は行っていましたが、今は働いている息子もおりますので、中々合わせられず誰かが欠けたりはしますが、一年に一度は行っています。

高校の子供達もキャンプは大好きなので、ついて来てくれるので犬と共に毎年行っています。

犬も車に多少酔いますが、自然の中で気持ち良さそうにしています。

私達がキャンプ場を選ぶ基準、家族によって色々と有ると思いますが、うちは川が好きなので川が近くに有る事、温泉が出来れば近くに有る事、自分たちのテントの隣に車が停められるオートキャンプが出来る事、隣同士があまり近くない事、混み合わない所、ペットOKな所、でしょうか。

温泉が場内に有る所が少なくて、全てが叶うキャンプ場はあまり無いので、いつもどれかは妥協していますが、それでも家族で楽しみにしています。

子供達がやがて大人になり、家族を持ちいつかは私達の孫を連れて行けたりする様になれば、それも楽しいだろうなと未来予想図を描きながら、きっと今年の夏も行く事でしょう!


まとめ

アウトドアってどんなところが楽しいの?面倒ではないの?
ボーイスカウト
いきなりテント?
病みつき
楽しい事ばかり?
道具は大事
アウトドアのススメ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存