いつ安産祈願する?安産祈願ってどんなことをするの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

妊娠中に行う大切な行事の1つ、安産祈願

しかし、初めての妊娠では、安産祈願とは何をするものなのか・どこで行うものなのか、分からないことも多いですよね。

ここでは、安産祈願の意味や方法などを詳しくご紹介します。


スポンサーリンク

いつ安産祈願する?安産祈願ってどんなことをするの?

安産祈願とは?

安産祈願とは、「戌の日」に神社を参拝し、母体や胎児の安全・出産の無事などを祈願する行事のことです。

戌の日とは十二支の11番目にあたる日のことで、12日に1度巡ってきます。

戌(=犬)は一度のお産でたくさんの仔犬を産み、また、他の動物に比べてお産が軽いことから、古くから安産の守り神とされてきました。

その犬にちなんでお参りをするようになったのが、安産祈願の始まりと考えられています。


「帯祝い」を同時に行う場合も

戌の日に行う行事としてもう1つ有名なものが「帯祝い」です。

帯祝いとは、「岩田帯」と呼ばれる帯を妊婦のお腹に巻く儀式のことです。

お腹に帯を巻くことで、妊娠中の腹部を保護する・胎児を安定させる・冷えを予防する・精神的にお腹を気遣うようになるなどの効果があると考えられています。

ただ、最近は日常的に腹帯を巻く妊婦さんは減少傾向にあり、形式だけの儀式になりつつあるようです。


安産祈願を行う時期は?

一般的に、安産祈願は妊娠5ヶ月に入った最初の戌の日に行うのが望ましいとされています。

しかし、天候が悪かったり、体調が思わしくなかったりして、なかなか日程が合わないケースも珍しくありません。

そのような場合は無理をせず、都合の良い日を選んでお参りに訪れるようにしましょう。

その年の戌の日がいつにあたるのかは、インターネットなどでも簡単に調べることが可能です。

また、参拝を考えている神社に直接問い合わせてみるのも1つの方法です。


安産祈願はどこですればいい?

安産祈願は、祈願を実施している神社で行うのが一般的です。

また、神社以外に八幡宮でも祈願を行うことができます。

安産祈願が出来るかどうかは、目当ての神社や八幡宮に直接電話をするか、ホームページなどをチェックして確認しておきましょう。

当日突然訪れても、祈願を行っていなかったり、予約が必要だったりするケースもあるので注意が必要です。


安産祈願ではどんなことをする?

厄除けなどでご祈祷をしてもらった経験をお持ちの人も多いでしょうが、安産祈願も通常のご祈祷と基本的な流れは同じです。

まず受付で申し込み用紙に必要事項を記入し、初穂料と呼ばれる祈祷料を納めます。

その後、祈祷を行い、お守りや腹帯などをいただきます。

祈祷自体はそれほど時間がかかるものではありませんが、人気の神社や日が良い戌の日などは混雑する場合もあります。

体調がすぐれない時などは、無理のないスケジュールで行動すると良いでしょう。


初穂料はいくらくらいかかる?

妊娠や出産には何かとお金がかかるもの。安産祈願に必要な初穂料の相場はどのくらいなのかも気になりますよね。

神社や八幡宮によっても異なりますが、多くの場合は5000円~10000円前後が相場といわれています。

お祝い事なのであまりケチるのも……と思いがちな初穂料ですが、高額な金額を納めればその分多くのご利益が得られるというものでもないので、上記に挙げた相場を1つの目安として考えておくと良いでしょう。


安産祈願に行く際の服装は?

安産祈願の服装には特に決まりはありませんが、あまりラフすぎる格好は控えた方が良いでしょう。

女性はお腹が大きくなり始める時期なので、お腹を締めつけないゆったりめのワンピースなどがおすすめです。

男性はシャツにスラックスやチノパンなどの、清潔感のある服装であれば問題ありません。

真冬に安産祈願を行う場合は、防寒対策をしっかり行うようにして下さい。

神社や八幡宮などの社殿は、暖房が入っていても冷え込むケースが少なくありません。

妊娠中の冷えはお腹の張りなどを引き起こす原因にもなります。

せっかく安産祈願を行ったのに、そのせいで母体や胎児に負担がかかってしまったのでは元も子もありませんよね。

そうした事態を避けるためにも、真冬の安産祈願には万全の対策で臨むようにしましょう。


安産祈願は戌の日や大安以外に行っても良い?

基本的には、縁起が良いとされる戌の日に安産祈願を行う人が多いですが、近年は混雑を避けるために、あえて戌の日を外して参拝を行う人も増えているようです。

また、結婚式やお葬式とは異なり、安産祈願と仏滅・友引などの六曜は関係がないと考えられているため、大安にこだわる必要は特にはありません。

むしろ「大安」「晴天」「戌の日」といった好条件が揃っている日は、祈願をする人で神社やお宮がとても混み合う恐れがあり、つわりが残っている・お腹が張りやすいなど体調面に不安がある場合はできるだけ参拝を避けた方が賢明でしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存