安産祈願って何するの?戌の日の意味は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

annzann-kigann

日本には、昔から妊娠5ヶ月目の最初の戌の日に安産祈願をする風習があります。

でも初めての妊婦さんには 安産祈願 で何をするのか?戌の日って何なのか?疑問がいっぱいですよね。

お腹の中の赤ちゃんが無事に産まれてきてほしいと願うのはどのママも同じ。

古来からある風習にあやかって、元気な赤ちゃんを産みたいですよね!

ここでは、安産祈願について詳しく解説します♪


スポンサーリンク

安産祈願って何するの?戌の日の意味は?

安産祈願とは

安産祈願は、妊娠5ヶ月になった最初の戌の日にご祈祷してもらうことです。

妊娠5ヶ月目の最初の戌の日は、腹帯にお祓いをしてもらい、それを締める日にふさわしい日とされています。

日本全国、どの神社でも安産祈願はできます。子供がゆくゆく育っていく地元の神社でお参りするのもいいですし、子安神社や水天宮など安産祈願で有名な神社でお参りするのもいいでしょう。


戌の日とは

「戌の日」の「戌」は十二支の11番目にあたるイヌを指します。12日に一度巡ってくる日のことで、1ヶ月で2・3回戌の日が存在します。

たくさん子供を産み、お産が軽いとされているイヌは、昔から安産の守り神として崇められていました。それにあやかって、12日に一度訪れる戌の日に、妊婦さんと産まれてくる赤ちゃんの健康を願って、安産祈願を行うようになったといわれています。


いつ行けばいい?

妊娠5カ月目の最初の戌の日が最適とはいいますが、なかなか都合がつかないこともあると思います。

神社では戌の日や大安吉日に限らず、安産祈願を行ってくれます。

妊婦さんの体調の良い日やご家族の休みが取れる日など、都合のいい日に行くのも間違いではありません。


誰と行けばいい?

安産祈願に同行するのは、一般的に旦那さんです。二人の大事な赤ちゃんのために、夫婦揃って安産祈願に行きたいと思う妊婦さんは多いです。

他には、きょうだいやご両親が一緒に行ったり、妊婦さん一人で行ったりするケースもあります。

また、妊婦さんの都合がどうしてもつかない場合は、旦那さんや実母、義母に代理を頼むことも出来ます。


準備するものは?

安産祈願に行くことが決まったら、腹帯を準備しましょう。

神社によっては、すでにご祈祷済みの腹帯が授与品に入っていたり、購入できたりする場合もあります。

多くは持参した腹帯にお祓いしてもらい、御朱印していただくのが一般的です。

そして、ご祈祷していただくための初穂料を準備しましょう。

納める初穂料は、神社によって様々ですが、大体5,000~10,000円ほどが多いです。

何段階かに分かれていて、金額によって授与品が異なります。


服装は?

神社にご祈祷となるとフォーマルな服装がいいのかな!?と思ってしまいますが、普段の服装で問題ありません。過度な露出は控えたカジュアルな服装で大丈夫です。

特に安産祈願を行う頃はお腹も膨らんでくる頃です。神社の砂利道を歩いたり、ご祈祷中に椅子や床に座ったりするので、スーツやワンピースなど締めつけるような服装よりは、動きやすい服装の方がいいでしょう。

神社には階段など段差も多いですので、靴はかかとが低く、歩きやすいものを。


どのようなことをするの?

まずは神社の社務所で受付をし、初穂料を納めます。

神主様がご祈祷の際に、名前と住所を読み上げるので、わかりやすく丁寧な字で書きましょう。

ご祈祷が始まるまで待合室や神社の脇で待つ際は、他の参拝客に迷惑がかからないよう静かに待ちます。

呼ばれたら本殿へ移動し、ご祈祷が始まります。

作法がわからなくても、神主様が適宜指示してくださいますのでそれにならってください。

祝詞が読み上げられ、大体20~30分ほどで終了します。

本殿を出る時に、授与品として神社からお札やお守り、よだれかけなど安産祈願の縁起物が手渡されます。


安産祈願が済んだら

頂いたお札は、神棚や高い位置に飾り、無事に出産が済んだら神社にお返ししましょう。

安産祈願は決して強制ではありませんが、このような儀式を行うことで、赤ちゃんが無事に産まれてほしいという願いはもちろん、ママになるんだ!という気持ちも新たになると思います。

ぜひ旦那さんと一緒に日本独自の文化を楽しんでください。


まとめ

安産祈願って何するの?戌の日の意味は?
安産祈願とは
戌の日とは
いつ行けばいい?
誰と行けばいい?
準備するものは?
服装は?
どのようなことをするの?
安産祈願が済んだら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存