赤ちゃんが夜泣きをしないけど大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

ようやく夜の頻繁な授乳から解放されたと思ったら、今度は 夜泣き が始まってまたしても寝不足の毎日……。

そんなママやパパも多いと思います。

赤ちゃん の夜泣きは、ママやパパにとって、乗り越えるべき試練の一つです。

一方で、赤ちゃんがまったく 夜泣きをしない と、それはそれで心配になってしまう人も多いはず。

そこで、赤ちゃんの夜泣きについて、原因や対策などを詳しくご紹介したいと思います。


赤ちゃんが夜泣きをしないけど大丈夫?

夜泣きとは?

夜泣きとは、赤ちゃんが突然夜中に泣き出し、どんなにあやしてもなかなか泣き止まない現象を言います。

一般的には、生後3ヶ月~6ヶ月頃に始まり、1歳半~2歳頃にはおさまってくると言われています。

中には、抱っこをしてもおっぱいやミルクをあげてもまったく泣き止まず、夜中に車に乗せてドライブをするとようやく泣くのを止める……というような激しい子もいます。

毎日夜泣きに悩まされて寝不足気味というパパ・ママも少なくはありません。

夜泣きの原因は現在も完全には解明されておらず、日中に受けた刺激によるもの・ストレスによるもの・昼寝の時間がずれるなど生活リズムの乱れによるものなど諸説さまざまです。

生活リズムを整えることでおさまるケースもありますが、そうでないケースも珍しくなく、大人の都合で夜泣きを完全にコントロールをするのは難しいと考えられています。


夜泣きをしない赤ちゃんもいる?

夜泣きの激しい赤ちゃんがいれば、夜泣きをしない赤ちゃんもいます。

しかし、なぜ夜泣きをする子としない子がいるのか、化学的には解明されていません。

一説には、ベビーベッドに一人で寝かせるよりも同じ布団で添い寝をした方が赤ちゃんが安心して夜泣きをあまりしないとか、性格が神経質な子は夜泣きをしやすくおおらかな子は夜泣きをしないなどとも言われています。

しかし、これらの話には科学的なエビデンスがあるわけではなく、あくまでも通説に過ぎないため、なぜ夜泣きをする赤ちゃんとしない赤ちゃんがいるのか、その理由は結局のところ良く分かっていないというのが、今のところは一般的な考え方です。


赤ちゃんが夜泣きをしなくても大丈夫?

周りのパパ・ママたちが「赤ちゃんが夜泣きをして寝不足で……」などと話している時に、自分の子供だけがまったく夜泣きをしなかったら、「うちの子は変なのかも?」と不安になってしまう人もいることでしょう。

ですが、夜泣きをしないからといって、その赤ちゃんが異常なわけではありません。

大人にも良く泣く人と泣かない人がいるように、赤ちゃんにもいろいろな性格の子がいます。

夜泣きをしないからといってその子が異常なわけではなく、ほとんどはたまたま夜泣きをしないタイプの子だというだけのことです。

新生児を例に挙げてみても、夜間に頻繁な授乳が必要な子と、産まれて間もないにも関わらずまとまって眠る子がいますよね。

夜泣きをする赤ちゃんとしない赤ちゃんの違いも、その程度の差にすぎないと考え、必要以上に神経質にならないようにしましょう。

ただし、いつもは夜泣きをするのに、急にぐったりして泣かないなど、普段と明らかに異なる様子が見られる場合は、体調不良のサインであるケースも少なくないのでご注意ください。


赤ちゃんが夜泣きをしないためには?

前述のように、赤ちゃんの夜泣きを完全にコントロールするのは難しいとされています。

ですが、毎晩毎晩寝不足に悩まされているパパやママにとって、夜泣きは切実な問題です。

完全にコントロールをするのは難しくても、夜泣きをさせにくくするための対策はいくつかあります。

主なものとしては、「朝になったらカーテンを開けて部屋を明るくし、太陽の光を浴びさせる」「昼寝のタイミングを調整する」「日中しっかり体を動かして適度に疲れさせる」「夜になったら部屋を暗く静かにして眠りやすい環境を整える」などが挙げられます。

こういった対策を行うことで、赤ちゃんの生活リズムが整えられ、夜泣きを予防できると考えられています。


夜泣きをする赤ちゃんはどうしたらいい?

夜泣きはパパやママにとって大変なものです。

しかし、赤ちゃん本人も夜泣きをしたくてしているわけではありません。

また、どんなに夜泣きが激しい子でも、ある程度の年齢になれば、自然と朝まで続けて眠れるようになるものです。

夜泣きに悩まされている時は、その辛さが永遠に続くような気分になってしまいがちですが、「夜泣きはひと時のもの」と割り切ることで、夜泣きの辛さが多少なりとも和らぐ場合もあります。

夜泣きをする赤ちゃんも、夜泣きをしない赤ちゃんも、親としては心配になってしまいますが、それも個性の一つとして、おおらかな気持ちで成長を見守ることが大切です。

また、どうしても不安だという時は、保健センターなどで相談してみるのも1つの選択肢です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存