急な発熱と赤い発疹!赤ちゃんの突発性発疹の症状と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

急な発熱と赤い発疹!赤ちゃんの突発性発疹の症状と対処法

akatyan-toppatuseihossinn

ほとんどの 赤ちゃん が一度はかかると言われている 突発性発疹

名前は聞いたことがあるけど、実際にどんな症状になるのか、どうやって感染するのかなど、意外と具体的に知らないことも多いですね。

今日はその突発性発疹の症状や対処法についていろいろお話していきたいと思います。


突発性発疹ってなに?症状と原因と見分け方

ヒトヘルペスウィルス6型による感染

突発性発疹は、ヒトヘルペスウィルス6型と7型に初感染しておこる発疹。

0~1歳の間に感染する赤ちゃんが多く、だいたいは2歳までに感染します。

ほとんどの場合が6型に感染し、一度感染すると抗体が一生続くので2度感染するケースは少ないと言われていますが、まれに2回感染した場合は7型の場合が多くみられます。

感染元は家族や幼児同士から

おもな感染元は、もともとヒトヘルペスウィルスをもっている家族や幼児同士からと考えられています。

感染経路はおもに咳などの飛沫感染、唾液などによる経口感染、皮膚がふれる接触感染の3種類に分かれます。

しかし、感染力が弱いウィルスなので経口感染などの濃厚な接触がおもな原因と考えられています。

突発性発疹の症状と判断について

38~39度ほど(まれに40度になる場合もあります)の高熱が3~4日間ほど続き、熱が下がり始めたと同時、もしくは下がった翌日から全身に赤い発疹が出てきます。

まずは赤い小さいポツポツのようなものから現れて、そのあと大きく斑点のように発疹が広がっていきます。

そのあとは跡形もなく2~3日できれいに消えていきます。

高熱のわりには元気で、その他の症状としては下痢が見られます。

突発性発疹かどうかの判断は熱が下がらないと判断が出来ないことが多いです。


突発性発疹 かかってしまったときの出来る対処法

突発性発疹は感染しても自然治癒で治す病気なので、発疹が出てきても特にお薬を飲む必要がありません。

上記のように、熱が下がって発疹が出てこないと判断が出来ないので、高熱以外とくに他の症状が見られなければ様子を見ます。

熱が出て水分が奪われますので、水分補給には十分気を付けてあげましょう。

あとは風邪で熱が出てしまったときと同じ対処法でいいと思います。

まれに40度の熱が出ることもありますので、赤ちゃんの様子をしっかり観察しながら、もしもぐったりしているようであれば一度小児科の先生に見てもらいましょう。


実は高熱が下がってからの方が大変!?

突発性発疹による発熱があっても赤ちゃんは基本的に元気な場合が多いので、看病をするお母さんはそんなに大変じゃないと思いがちですが、実は熱が下がってからが勝負どころになります。

基本的に発疹は全身に出てきますが、赤ちゃんによって顔だけ、胴体だけ、足だけ、などと強く発疹が現れる場所が違います。

その姿はなんとも可哀そうでかゆそうに思えるのですが、かゆみはさほどありません。

しかし、やっぱり体に異常を感じているのか、発疹が出始める頃からぐずり出す赤ちゃんがほとんどです。

わが子の場合もひと時も私から離れず少しでも離れてみようものなら泣きじゃくって本当に大変でした。

発疹が消えるとともにぐずりも軽減していくので、高熱が下がってももうひと踏ん張り頑張りましょう。


まとめ

いかがでしたか?

突発性発疹について少しはお分りいただけましたでしょうか。

あまり重い症状の病気ではないので大きく心配することはありませんが、まれに高熱による熱性けいれんや、その他合併症を引き起こす可能性もありますので、少しでも不安なことがあればかかりつけの小児科医に相談してみて下さいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存