結構当たる赤ちゃんの性別の迷信的見分け方9つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

男の子でも女の子でも生まれてきてくれるならどちらでも構わない、そうはいっても 赤ちゃん の 性別 は気になるところです。

ベビーグッズの準備や名付けなど、性別が判っていた方が現実的に何かと都合がいいこともあります。

技術の進歩により、うまくいけば12週くらいから超音波検診のときに性別を知ることができますが、病院によって積極的に教えてくれる所もあればなかなか教えてくれない所もあります。

あまり早い段階での画像診断だと間違っていることもよくありますし、ほぼ間違いないといわれていても産まれてみたら違っていたということもまれにありますからあまり真剣にならないほうがいいですが、昔のように何が何でも男の子を、女の子をというプレッシャーが少ない分、当たっても外れても笑顔になれる赤ちゃんの性別予想は、妊娠中の不安や恐怖心を取り除いてくれるいい気晴らし方法といえるかもしれません。

迷信のような性別判断の伝承も「もしかしたら当たっているかも?」と気楽に考えて試してみてはいかがでしょうか。


結構当たる赤ちゃんの性別の迷信的見分け方9つ

男の子?女の子?お腹の赤ちゃんの見分け方

1.ママの顔つきがきつくなったら男の子、穏やかになったら女の子

ぱっと見で判断しやすいせいか昔からよくいわれるおなかの赤ちゃんの見分け方で、見ず知らずの年配の方にいきなり「その顔は男の子」といわれて驚いた妊婦さんも多いかもしれません。

特に目元がきりっとしていると男も子、優しくなったら女の子だといわれています。

2.お腹が突き出たら男の子、丸く膨らんだら女の子

これもお腹が目立ってくるといろんな人によくいわれます。

男腹、女腹という言い方もします。

お腹が前にせり出して後姿からは妊婦さんとわからない場合は男の子の可能性が高いといわれています。

3.酸っぱいもの、塩辛いものが食べたくなったら男の子、甘いものが食べたくなったら女の子

つわりで食べ物の好みが変わる妊婦さんは多いですが、レモンや梅干しなどの酸味の強いものや、ポテトチップスのように塩味の強いジャンクフードやファストフードなどを食べたくなったら男の子、アイスクリームやケーキのような甘いものが食べたくなったら女の子といわれています。

生まれた子どもの嗜好は妊娠中のママの食生活に似るともいわれていますから逆説的に生まれた迷信かもしれませんね。

4.つわりが軽いと男の子、つわりが重いと女の子

つわりの程度は人によって様々ですが、9割の妊婦さんが何らかの症状を経験します。

比較的つわりが軽い場合は男の子、ひどいつわりに苦しむ場合は女の子といわれています。

5.上の子はおなかの赤ちゃんが弟か妹かわかる

神秘的な話ですが、侮れないのが小さな子どもの言葉です。

5歳くらいまでの上の子がお腹の赤ちゃんの性別を言い当てるのは珍しいことではありません。

大きくなると失われてしまう、小さな子どもにだけ備わった不思議な力があるのかもしれません。

まだ言葉がうまく話せない幼児の場合、ママの大きなお腹に興味を持ったら自分とは違う性別の赤ちゃん、あまり興味を示さなかったら同性の赤ちゃんといわれています。

6.妊娠中に毛深くなると男の子、毛が薄くなると女の子

胎児の性ホルモンが影響するのか、妊娠中のママの体毛が濃くなると男の子、反対に薄くなると女の子だといわれています。

7.ママの肌荒れがひどいと女の子

これもホルモンの影響かもしれませんが、「女の子は母親の美貌を奪う」といわれるように、妊娠中なにかと肌トラブルに見舞われがちだと女の子といわれています。

つわりが重かったり、毛が薄くなったり、肌荒れが続いたり、女同士は生まれながらにしてライバルのようです。

一方で赤ちゃんが男の子のほうが、肌荒れがひどいという地域もあるので、妊娠中はいずれにしろ肌荒れには悩まされるということです。

8.糸を通した五円玉が揺れたら男の子、回ったら女の子

こっくりさんやダウジングのようですが、糸の代わりにママの髪の毛を使ったり、五円玉の代わりに指輪を使ったり世界中で同じような性別判断方法があります。

五円玉の穴に糸を通し、お腹の前に垂らします。

五円玉が左右に揺れたら男の子、クルクルと回ったら女の子です。

9.ママの左右の手首の脈動を比べて左が強いと男の子、右が強いと女の子

根拠はわかりませんが手軽にできるので運試しくらいのつもりでやってみるにはいいかもしれません。

この他にも胎動が激しいと男の子、おとなしいと女の子、お腹が左に張っていると男の子、右に張っていると女の子など、たくさんありますからどれが当てはまったか、生まれた後で検証してみるのもいいですよ。

当たったら当たったで嬉しいし、外れたら外れたで大笑いできる性別判断。

超音波画像の場合、たまたま男性器が陰になって映らなかったせいで女の子だと思っていたら男の子だったということはたまにあります。

また、へその緒や指などを男性器と間違えて男の子と判断してしまう場合もあり、いくら精度が上がったといっても100%はあり得ません。当たるも八卦当たらぬも八卦、どの道確率は50%です。

愛しい我が子の誕生を待ちながら、いろいろ楽しんでくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存