旅行でリフレッシュしたい!赤ちゃんとの旅行はいつから行ける?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

旅行でリフレッシュしたい!赤ちゃんとの旅行はいつから行ける?

akatyan-ryokou-itukara

何かと出来ることも限られていた妊娠期間を終えて無事出産と思ったら、今度はかわいいわが子のお世話で外に一歩も出ず1日が終わった…なんてお母さんも多いはず。

自宅にいるだけでも大変なのに、まだ小さいわが子を連れてのおでかけなんて想像がつかないですよね。

たまった育児の疲れを癒したい、たまには外に出てリフレッシュしたいけど、いつから 一緒に旅行できる?赤ちゃん の負担はどう?と、いろいろな疑問や不安もあると思います。

旅行 とひとつに言っても日帰りや宿泊旅行、国内や海外旅行とさまざまですが、こちらでそれぞれのケースの場合を考えながら、ご自身のお子様の最適な時期を見つけてみましょう。


赤ちゃんはいつからお外へ連れて行けるの?

赤ちゃんをお外に連れて行くタイミングはそれぞれ皆さん違う考えをお持ちだと思いますが、一般的には生後2か月ごろからがいいとされています。

1ヶ月検診を終えるまではなるべく自宅のみで、検診を終えてからはベランダや自宅の外での日光浴から始めて少し慣れてくる頃が生後2か月ごろとされています。

しかしまだこの頃の赤ちゃんは首が座っていないうえ免疫力も弱いので、長時間外出する旅行へは首が座ってくる3か月ごろすぎからがいいでしょう。

もちろん赤ちゃんそれぞれ発育状況も違うと思いますので、ご自身の赤ちゃんの様子を見ながらにしましょう。


やっぱりはじめては自宅近郊の国内旅行から!

初めての旅行は赤ちゃんにとって負担がかかることなので、自宅から所要時間が少ないところから始めるといいでしょう。

その中でも日帰り旅行は、一番おすすめしたい方法です。

赤ちゃんの持ち物も少なくてすみますし、自宅ではなく外にいるときの赤ちゃんの様子を知ることができ、今後の長距離旅行をするときの参考になります。

旅行の距離を少しずつのばして赤ちゃんを慣れさせるのが一番いい方法だと思いますが、もちろん、いきなり宿泊旅行にしたい!という意見もあるかと思います。

朝昼晩のペースが赤ちゃんにつかめてきた頃であれば、宿泊旅行も可能でしょう。

現地に1泊することによって、無理なくスケジュールを組むことが出来ますし、日帰りよりのんびりできるのが利点です。

宿泊旅行を検討している方におすすめなのが「ウェルカムベビーのお宿」というウェブサイト

子連れにやさしい全国各地にあるホテルや旅館を紹介、さらに予約まで出来てしまう便利なサイトです。

各お宿にはさまざまなプランが用意されていて、滞在するにあたって安心ポイントが細かく書いてあり、ベビーバスの貸し出しやベビーフードの用意まであるお宿もありますから、面倒な準備もいりません。


飛行機を使っての旅行はいつから?

各航空会社の規定によると、生後8日未満の赤ちゃんは飛行機搭乗できないことになっています。

ですから、生後8日からは飛行機に乗ってもいいということになります。

でもそこで気になるのが耳ぬき。もちろん赤ちゃんは自分で耳ぬきができませんが、ある方法で自然に耳ぬきをしてあげることができます。

それは、離着陸時に授乳をしてあげること。授乳の時間が長いおっぱいの方が最適ですが、もちろん粉ミルクでも大丈夫です。

われわれ大人もツバを飲み込むと耳ぬきが出来るように、赤ちゃんにも飲み物を飲ませ自然に耳ぬきをさせてあげるのです。

私のおすすめのタイミングは、離陸時は滑走路から浮いた瞬間、着陸時は地上が見え始めた瞬間です。


赤ちゃんと飛行機、不安な点や特別なサービスのありなし

各航空会社には、赤ちゃん連れのお客様に配慮したサービスを用意しています。国内線利用の場合ですがANAのウェブサイトを見ると、どのようなサービスが受けられるかなど詳しく載っていますので、初めての方はぜひ参考にしましょう。

ほとんどの航空会社に共通しているのが、ベビーベッドの用意、優先的搭乗、ベビーフードの用意(有料の場合あり)などです。

こればかりは航空会社やスタッフによりますが、赤ちゃん好きな乗務員が多い便ですと何かと気にかけてお手伝いしてくれる場合もあります。

また、一番不安なのは機内でぐずってしまったとき…周りの目を気にしながらなんとかしようと自分の席で頑張ろうとしてもダメだときがあります。

そんな時は、機内後方へ行ってみましょう。

機内後方には、食事や飲み物を収納しているスペースが一番広く確保してあり、少し歩けるようになっています。

どうしても泣き止まないときは、抱っこひもをしてそこで少し待機することがおすすめですよ。

子供も旅行になれてくると泣いたりすることも少なくなりますのでJAL・Visaカードでポイントをためてお得に旅行を楽しむのもいいですよね。


まとめ

上記でお話したように旅行といってもさまざまです。

赤ちゃんを連れだす時期は、旅行の計画と赤ちゃんの様子を見ながら無理のないように決めましょう。

もちろん、産後まもないお母さんの体の負担も一緒に考えながら、素敵なはじめての家族旅行にしてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存