赤ちゃん連れの旅行に便利なグッズ特集!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

非日常感を味わい、リフレッシュ&リセット出来る効果大の 旅行

でも、赤ちゃん 連れだと予定が立て難く、思い通りにならないことも多いですよね。

リフレッシュどころか、お世話にぐったり、なんてことにならないように、事前準備は万全にし、赤ちゃんもお母さんも楽しめるための 便利グッズ を用意しましょう。


スポンサーリンク

赤ちゃん連れの旅行に便利なグッズ特集!

最低限必要なものをピックアップしておく

おもちゃは大量に用意したけど、オムツを忘れちゃったなんてことは案外起こりがちです。

赤ちゃん連れの旅行なら、突然思いついて電車に飛び乗る、なんて無計画なことはないと思いますので、実際に準備をし始める前に、時間が準備物リストを作っておくと安心です。

リストを作り、直前にチェックすることで、保険証など、前日や当日じゃないとカバンに入れられないものなどを、忘れてしまうことを予防することが出来ます。

海外旅行、国内旅行、短期、長期など、内容によって持ち物は変わってきますが、これだけは共通して持って必要と思われるものをピックアップしてみました。

健康保険証

赤ちゃんの体調は変わりやすいので、必ず持参するようにしましょう。

抱っこ紐、ベビーカー

両手が空く抱っこ紐は、買い物をするときなどにも便利ですし、普段と違う環境だと興奮してなかなか寝ない時もありますので、寝かしつけにも有効です。

ベビーカーは、マザーズバッグなど、大量の手荷物の置き場所としても大変便利。

行き先で貸し出しがある場合は、それを利用してもいいかもしれません。

オムツ

かなりかさ張る荷物ですが、これがないと大変です。

圧縮袋などでペッタンコにして持って行き、帰りは汚れ物などを入れて持ち帰ると一石二鳥。

おしり拭き

お手拭がわりにもなりますので、これは必須ですね。

日数に合わせて、1パック丸ごと持って行ったり、半分くらいの使いさしを持っていったりするといいと思います。

海外旅行をする方は、使い慣れた日本のものを持っていくことを強くおススメします。

現地のものは香料がキツかったり、なにがはいっているのやら泡立つものもあります。

ミルクグッズ

完母の方は必要ないかもしれませんが、急な環境の変化におっぱいをあまり飲まないということも考えられますので、夜にぐっすり寝てもらうためにも、ミルクは一応用意しておきましょう。

ミルクはキューブ状やスティックになったものが便利です。

使い捨て哺乳瓶も売ってますので、飛行機を利用する人は特に、数個持って行ったら安心ですよ。

離乳食グッズ

こだわりがありそうなら、いつも使っている食事用エプロンを、そうでないなら、使い捨てのエプロンを持っていくと、こぼした時も安心です。

子供用のスプーンを置いていない所もありますので、プラスティックのスプーンやフォークもケースに入れて持っていったら、必要な時に活躍します。

食事は、フリーズドライの離乳食などを活用しましょう。


助かった!あると便利なグッズ

保険証のように、なくてはならないほどではないですが、あったら助かるグッズをご紹介します。

ただし、「コレ、あったら便利かも。」というものが増えすぎて、カバンがパンパンになるのも考えもの。

物が多すぎて、必要なものがすぐに取り出せないという、イライラしてしまう状態に陥らないためにも、ほどほどに。

ビニール袋

これはコンビニ等でもらえるので、どうしてもというわけではないですが、小さく折って、オムツグッズのカバンのポケット、マザーズバッグのポケットなどに入れておくと、重宝します。

子供がぐずったときに、シャカシャカ音を出してして紛らわせたり、汚れ物入れ、使用済みオムツ入れとしても便利です。

ただし小さいので、どこに入れたかをハッキリ覚えていないと、使いたいときに出てこず、焦りますので、忘れないように!

バスタオル

車での移動でしたら、12枚バスタオルを座席に用意して置くと、何かと安心です。寝てしまったときにかけたり、嘔吐やジュースをこぼした時などにも、そばにバスタオルがあると助かります。

ipad / タブレット

赤ちゃんと家族が写っている動画や、赤ちゃん受けするキャラクターの歌やダンスなど、ぐずる時には、文明の機器に頼りましょう。

もちろん、充電器を忘れずに!

除菌スプレー、ジェル、シートなど

ポケットに入るサイズの除菌スプレーやジェルを持っていると、手を洗えないときや、調乳前など、ちょっと手を綺麗にしておきたい時に重宝します。

赤ちゃんが触るものには、除菌シートでささっと拭いてあげれば安心です。

お菓子

泣く子も黙るお菓子。ボーロなど、少しずつ口に入るものや、食欲のない時にも安心の、お米でできたお菓子などは、赤ちゃんがたちまち笑顔になる優れもの。

ただし、食事には響かない程度にあげましょう。

ジップロック

お菓子を小分けしていれたり、食事時に寝てしまった赤ちゃんの分を取り置いたり、歯磨きセットを入れたりと、何かと活躍します。

100円ショップでも大小さまざまな大きさのものが置いてあるので、シャンプーなど、こぼれたら困るものは口をしっかり閉じられる袋に入れておくと安心です。

オモチャ

いつものお気に入りのオモチャ12個にプラスして、100円ショップでいくつか新しいオモチャを用意して置くと、目新しいものに反応するので間が持ちます。

おしゃぶりホルダーも100円ショップで売っているので、いくつか購入しておき、おしゃぶりの他に、オモチャにホルダーをつけておけば、無くなったり、落としてしまったりの心配がなくなるので便利ですよ。


まとめ

いかがでしたでしょうか?旅行は準備の時から始まっていますよね。

いつも頑張っているんですから、ママも新しい服を下ろしたり、赤ちゃんの旅行準備も万端にして、旅行にアクシデントはつきものですから、それも笑いに変えられるような、楽しい時を家族で過ごしてくださいね。

家族がみんな笑顔になる、思い出いっぱいの旅行になりますように!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存