赤ちゃんの離乳食進め方ガイド!意外と簡単にできた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

赤ちゃんの離乳食進め方ガイド!意外と簡単にできた!

akatyan-rinyuusyoku

赤ちゃん のお世話の中でも、ちょっと面倒と思いがちなのが 離乳食 づくり。

自分たちのお料理とは別に作らなくてはいけないし、一度の量も少量…そんな面倒な離乳食づくりも、ちょっと工夫するだけでさっと調理ができて、メニューもバリエーション豊富にすることが出来ますよ。まずは基本の進め方から見ていきましょう。


離乳食をはじめるタイミングはいつごろ?

離乳食を始めるタイミングは一般的に、首もすわり授乳のリズムもだいたい整ってくる5ヶ月~6ヶ月ごろと言われています。

しかし、それぞれ発育状況も異なってくるので赤ちゃんの様子をしっかり観察しましょう。

お母さんが食べているものをじっと見たり、よだれがたくさん出ているようであれば離乳食を始めるサインです。


生後5ヶ月より前に、離乳食を始めてもいい?だめ?

生後5ヶ月以前の月齢は、まだ胃が十分に発達しておらず、離乳食はまだ与えない方がいいと言われています。

また、WHO(世界保健機構)の声明により、生後5ヶ月未満の赤ちゃんにはおっぱいや粉ミルクしか与えないというのが現代の考え方でもあります。

しかし、離乳食を始める前のステップとして、母乳やミルク以外の味やスプーンに慣れさせておくとスムーズに始めることが出来るのではないかと個人的には思います。

お風呂あがりなど喉が渇いていそうなタイミングで、スプーンを使って白湯や薄めた麦茶、果汁などを与えてみます。

慣れさせることが目的なので、無理に飲ませることはありません。

ご自身のお子様の様子を見て、試してみたい方はぜひこちらの方法からスタートしてみて下さいね。


離乳食づくりに便利な調理器具をそろえてみよう!

お家にある調理器具でも調理は可能ですが、あると便利なものをこちらでご紹介いたします。まずは、赤ちゃん用品店などで購入可能な離乳食セット。

むす、すりつぶす、おろす、うらごしが出来る器具が入っています。

小さいお椀サイズで少量を作るにはとても便利です。

またコスパのよい100円ショップでも離乳食用のものが販売されているショップもあるのでぜひチェックしてみて下さいね。


時期別の離乳食進め方

初期・中期の離乳食

月齢は5~8ヶ月ほど、離乳食を開始してから3ヶ月くらい過ぎたころまでをいいます。

開始時はドロドロ形状のものから、舌でつぶせるかたさにまでもっていきましょう。

離乳食の回数は1回からスタートして2回になります。

まだこの時期はおっぱいやミルクメインで与えていくイメージでかまいません。

  • おすすめ調理法

初期のころはお粥、野菜のすりつぶしや裏ごしから始めましょう。

様々な種類の野菜や果物を食べさせていろんな味を体験させて下さいね。

中期に入ったら2つの食材を組み合わせたり、お粥とおかずとわけてメニューを考えてもいいですよ。

後期の離乳食

月齢は9ヶ月~11ヶ月ごろを目安にします。

そろそろ前歯が生えてくるころです。

この頃のかたさは歯ぐきでつぶせるかたさにしましょう。

離乳食の回数は3回になります。この頃から少しずつ、おっぱいやミルクの回数を調整していきましょう。

  • おすすめ調理法

食材の形状を残す調理法をしてあげましょう。

形状は残しますが、十分に柔らかくなるまで煮たり蒸したりしてください。目安はバナナくらいのかたさです。

完了期の離乳食

1歳~1歳3ヶ月(~1歳6ヶ月)をめどに完了期とします。この頃になると奥歯が生えてくる子もいますが、かたさの目安は後期と同様歯ぐきでつぶせるくらいがよいでしょう。

ゆで卵の白身くらいのかたさを想像してくださいね。

回数は同じく3回、1歳をすぎたころから牛乳を飲むこともできます。

  • おすすめ調理法

この頃になると、赤ちゃん用のメニューを考えるよりは大人と同じメニューの取り分けメニューがよいでしょう。

でもまだ薄味を心掛けて下さいね。大人メニューを薄味で作るか、もしくは味付け前に取り分けて、赤ちゃん用に味付けして下さい。


冷凍保存、ベビーフードをうまく活用する!

簡単に時短で作るのに役立つのが冷凍保存。小さい小分けタッパーやアイストレーを利用しましょう。

初期~中期では、一度に大量に作って1食分ずつ保存します。

後期のおすすめは、たくさんの種類の野菜を一度にゆでて、野菜ごとに小分けにして保存すること。

作りたいおかずの材料だけ野菜を解凍し使用することが出来るので、時短になりバリエーションを増やすことができます。

また、野菜をゆでた汁も野菜スープとしてお料理に活用できるので一石二鳥です。

そして全期を通して便利なのがベビーフード。パウダー状になっていてお湯をまぜて使えるタイプがおすすめです。

食材タイプ・ソースタイプがあり、食材タイプであれば足りないと思ったものに混ぜてみたり、ソースタイプであればお湯に混ぜて麺類にかけたら一品の出来上がりです。

インスタントはちょっと…と思いがちですが生の食材とうまく混ぜることでうまく活用できます。


まとめ

形状のかたさ、離乳食とおっぱい・ミルクの調整は、ご自身の赤ちゃんの様子を観察しながら無理なく進めていってくださいね。

食はこれから成長する上でとても大切なことです。

食べることは楽しいことと赤ちゃんに伝えながら進められるといいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ