新生児の赤ちゃんを一人でお風呂に入れる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

生まれたばかりの新生児の 赤ちゃん を一人で お風呂 に入れるのは、とても緊張するものです。

特に初めての子供の場合は、入れかたをどうすれば良いのか分からずに困ってしまうママも少なくありません。

そこで今回は、新生児の赤ちゃんを一人でお風呂に入れる方法や注意点などについて詳しくご紹介します。

ぜひ参考にされてみて下さい。


スポンサーリンク

新生児の赤ちゃんを一人でお風呂に入れるとき

赤ちゃんをお風呂に入れる前に準備すること

一人でスムーズに赤ちゃんをお風呂に入れるためには事前の準備が大切です。

バスタブにお湯をはっておくのはもちろんのこと、ママと赤ちゃんの着替えを用意する・赤ちゃんを待機させるためのバウンサーやバスチェアを置くなど、事前にしっかりと準備を行っておきましょう。


自分一人での入浴とは異なり、赤ちゃんとの入浴は一度入ったら途中で出ることは難しいので、その点注意が必要です。


赤ちゃんを一人でお風呂に入れるときの手順

赤ちゃんを一人でお風呂に入れる際は、あらかじめ一連の流れを把握しておくと、途中でパニックにならずに済みます。

以下に、スムーズに入浴を行うための主な手順をご紹介します。

まずはママの体を洗う

まずは、赤ちゃんをバウンサーやバスチェアに待機させ、ママの体を洗います。

バウンサーに待機させる場合は脱衣室に置き、浴室と脱衣室を仕切る扉は全開か半開きにして、赤ちゃんの様子がすぐにわかるようにしておきます。

夏であれば、あらかじめ赤ちゃんを肌着にしておくと、すぐに次の手順に移れて便利です。

次に赤ちゃんの体を洗う

次に赤ちゃんを洗います。服やおむつを脱がせたら、沐浴布をかけて浴室に入れ、ママの膝に乗せるか、もしくはベビーバスの中で頭、顔、体などを優しく洗っていきます。

特にわきの下やおまた、お尻、耳の裏、首の下といった場所は汚れが溜まりやすいため、指の腹を使って丁寧に洗ってあげて下さい。

ひと通り洗い終えたら、桶にすくったお湯や、水圧を弱くしたシャワーで流します。

赤ちゃんを抱っこして湯船に浸かる

ママと赤ちゃんの体を洗い終わったら、赤ちゃんを抱っこして湯船に浸かります。

赤ちゃんによっては、不安になって泣いてしまう子もいるかもしれませんが、そんな時は「気持ちいいね」「怖くないよ」など声かけをしてあげると赤ちゃんも安心してお湯に浸かることができるでしょう。

お風呂用のおもちゃなども売られているので、そういったバスグッズを取り入れてみるのも楽しいですね。

着替えをさせる

お風呂から上がったら、赤ちゃんの体をバスタオルで拭きます。

夏であれば、おむつだけ履かせて赤ちゃんを待たせておき、先にママが着替えをしてしまいましょう。

冬の場合は肌着を着せた状態で赤ちゃんを待たせ、ママが先に服を着てしまいます。その後、赤ちゃんの服を着せます。

夏は赤ちゃんが汗をかいて湯冷めの原因になる場合もあるため、お風呂から出たあとはすぐには服を着せずに、少しクールダウンさせると良いでしょう。


赤ちゃんをお風呂に入れる際の注意点

赤ちゃんをお風呂に入れる際の主な注意点をご紹介します。

おむつは予備も準備しておこう

おむつを履かせている途中で、赤ちゃんがうんちやおしっこをしてしまうのはよくあることです。

おむつを1枚しか用意していないと、そんな時にパニックになってしまうので、おむつは必ず予備の分も含めて2枚以上用意しておくようにしましょう。

また、おしり拭きシートなども用意しておくと、いざという時に慌てずに済みます。

湯船では赤ちゃんをしっかり抱っこしよう

湯船に赤ちゃんを入れる時は、お湯の中に落としてしまわないように、しっかり抱っこをするようにしましょう。

赤ちゃんを一人でお風呂に入れるのに慣れてくると、つい油断をしてしまいがちですが、そんな時ほど事故は起こりやすいものです。

万が一赤ちゃんをお湯の中に落としてしまうと、恐怖で赤ちゃんがお風呂嫌いになってしまう恐れもあるため気をつけましょう。

長風呂は禁物

大人と違い、赤ちゃんはすぐにのぼせてしまいます。

そのため、長風呂は禁物ですゆっくりお風呂に入りたいというママも多いかと思いますが、赤ちゃんが小さなうちは、体が温まったらさっとお湯から上がるようにしましょう。

のぼせると鼻血が出たり、脱水になってしまったりする恐れもあります。

赤ちゃんをそんな目に遭わせてしまわないためにも、長風呂には注意をしましょう。


赤ちゃんとのお風呂タイムを楽しもう

赤ちゃんを一人でお風呂に入れるのは緊張の連続ですが、手順に慣れてくると手際よく入浴できるようになります。

せっかくの赤ちゃんとのお風呂タイムなのですから、緊張ばかりではなく、リラックスして楽しめると良いですよね。

上記にご紹介しました内容を参考に、赤ちゃんとのお風呂タイムにぜひチャレンジしてみて下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存