赤ちゃんの寝んねトレーニング夜泣き改善への第一歩!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

赤ちゃんの寝んねトレーニング夜泣き改善への第一歩!

akatyan-nennnetoreininngu

最近よく耳にするようになった「赤ちゃん寝んねトレーニング」。

まだ小さい赤ちゃんにトレーニングをするの!?とびっくりされる方も多いと思いますが、これが夜泣きにすごくよく効くのです。

何をやっても泣き止まない、もしくは抱っこしないと寝ないなど、夜泣きに悩まされているお母さんも多いはず。

賛否両論ありますが気になる方はぜひ参考にしてみて下さいね。


寝んねトレーニングって一体なに?

皆さん、ご自身のお子様にはどのような寝かしつけ方をしていますか?

寝んねトレーニング、いわゆる「寝んトレ」。

これは抱っこや添い寝なしで、赤ちゃんがひとりで寝られるようにトレーニングすることを言います。

その方法は、赤ちゃんが泣いてもわめいても、特別な方法で寝かしつけをしないこと。

泣いても無視するのはサイレントベビーの心配があると思いがちですが、あくまで寝んトレは赤ちゃんを無視するのではなく、赤ちゃんの反応に敏感にならない、構いすぎないことで、赤ちゃんに無駄に泣く必要性がないことを教えます。


なんで赤ちゃんは夜泣きをするの?寝んトレのメリット

赤ちゃんの夜泣き原因は、まだ睡眠のリズムが発達過程にあり浅い眠りの中で目を覚ましてしまう子が多いことが考えられています。

また、欧米より日本の赤ちゃんの方が圧倒的に夜泣きをすることから、寝かしつけ方が原因という意見もあります。

日本では、同じ布団やベッドで寝る環境が多く、赤ちゃんが泣いたらすぐに対応できるところにいます。

ですから赤ちゃんが泣いたら、すぐに抱っこしたり授乳したりとお世話するのが一般的。

しかし欧米では、赤ちゃん専用の部屋を用意しひとりで寝かせ、夜中に泣いてもすぐに抱っこや授乳はしないそうです。

泣いてもお世話しないなんて可哀そうに思えますが、泣けばお母さんがかまってくれるという環境を作ってしまっているのが、夜中ちょっと目が覚めた時に泣いてしまう原因だとも考えています。

寝んトレをするメリットととして、赤ちゃんもお母さんも良い睡眠がとれる、そして毎晩起こされるストレスの軽減にもなり、良いことずくしなのです。


寝んトレの基本はこちら!赤ちゃんにあった方法を見つけよう

(寝んトレの基本のやり方)

寝んトレの基本は、抱っこや授乳などはせずに寝る時間になったら赤ちゃんを寝床に連れて行き寝んねさせます。

部屋は真っ暗にしてください。

ひとりで寝んね出来るね」「おやすみ」などと声をかけて部屋を出ます。

最初に泣いたらすぐに部屋に入り、抱っこせずにまた寝床に寝かせ「ママはここにいるよ」「寝んねしようね」などと数分なだめます。

その後、また部屋を出ます。その後は2回目、3回目…と泣く回数ごとに部屋に入る時間を少しずつのばしていき、赤ちゃんが寝るまで繰り返します。

  • 1回目はすぐに入室、数分なだめ退室。
  • 2回目泣き出してから5分待って入室、数分なだめ退室。
  • 3回目泣き出してから7分待って入室、数分なだめ退室

とこのようになります。

(プチ寝んトレでもOK!独自の寝んトレを探そう)

基本は上記で説明した通りですが、初日は本当に忍耐が必要です。

私が実際に行った方法として、赤ちゃんを寝床に寝かせ、急に部屋を出るのではなく、抱っこはせずにトントンをして眠くなる頃を見計らって部屋を出ました。

もちろん最初は、トントンが急になくなってお母さんがいなくなったのが分かり泣きます。

退室してからは、上記の寝んトレの基本と同じやり方で行いました。

このように、皆さんもご自身の赤ちゃんの性格に合わせて、寝んトレを取り入れる感じでやると双方負担なく気軽に始めることが出来ると思います。


まとめ

日本の環境では、泣いた赤ちゃんをほったらかしにするのは他の住民に迷惑がかかるかもしれないという不安もあると思います。

ですが、だいたい1週間の寝んトレを行うだけで変化が現れるのが大半ですから、その1週間で今後夜泣きもせず一晩中ぐっすり寝るようになるなら試す価値はありますよ。

私の娘も夜中に何回も起きる子でしたが、寝んトレ後は嘘のように一晩通して寝てくれるようになりました。

もし夜泣きで悩まされているお母さんがいらっしゃるなら、赤ちゃんの寝んトレもぜひ視野に入れてみて下さいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存