赤ちゃんの首すわりはいつ頃?時期と判断の方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

赤ちゃんの首すわりはいつ頃?時期と判断の方法について

baby-1370925_640

生後初めての成長とも言える 赤ちゃんの首すわり

首がぐらぐらの状態だと、抱っこするのもお風呂に入れるのも少しドキドキしたりしますよね。

首がすわることによって、赤ちゃんのお世話もぐっと楽になります。

今日はそんな赤ちゃんの首すわりについてのお話です。

ではさっそく見ていきましょう。


赤ちゃんの首がすわる状態とは?

産まれたばかりの赤ちゃんは首がぐらぐらでふにゃにゃ。

少し持つ角度を変えただけでも首が折れてしまうのではないかと、不安になったことを覚えています。

この時期はまだ筋肉が発達しておらず、自分で首を自由に動かすことが出来ません。

そんな赤ちゃんの首がすわる状態とは、支えなしでもしっかりと首が立ち、自由に動かすことが出来る状態を言います。

今まで支えがないと倒れていた首が、少しずつゆらゆらと自分で力を入れるようになる兆候から始まり、その後だんだんと首を自分でまっすぐに動かそうとする時間が増え、最後にはぐらぐらせずしっかりと立つようになります。



肩こり・腰痛になりにくい!【napnap 抱っこひも】


赤ちゃんの首すわりが始まる時期はいつ?判断の仕方

赤ちゃんの首すわりは、生後3ヶ月頃から兆候を見せ始め、5~6ヶ月頃にははっきりとすわっていることが確認できるようになります。

もちろん個人差はありますので、早い子では1~2ヶ月から兆候、3~4ヶ月で既にすわっている子もいます。

その反対に遅い子ももちろんいます。比較的大きく産まれたわが子は、早い方の部類でした。では、赤ちゃんの首すわりの確認方法をご紹介しましょう。

   赤ちゃんを仰向けに寝かせ、両手を握り起こしてみる

こちらの方法は健診の時によく小児科の先生がやっています。

私たちの親指を赤ちゃんの手に握らせながら、ゆっくりと起こしてみて下さい。

首がしっかりとくっついて起き上がってくるようであれば首がすわった証拠です。

   縦抱っこをして、赤ちゃんを少し斜めに傾けてみる

正面くらいの高さまで抱っこをして、赤ちゃんの体を傾けます。赤ちゃんの首が傾けた方ではなく反対側に起こそうとしているようであれば首がすわっている証拠です。

   うつ伏せをさせてみる

赤ちゃんをうつ伏せにさせます。

自分で首を持ち上げることが出来るようであれば、首がすわっていると判断してよいでしょう。


首すわりへの近道!?赤ちゃんうつ伏せ首すわり体操

うちの子はまだ首がすわっていない…と不安に思わず、少しみんなより遅れていても何も心配することはありません。

実際にわが子に実践したうつ伏せ首すわり体操は、あくまでも赤ちゃんへの体操として、ついでに首すわりへの近道になれたらと思い実践していた体操です。

方法はとっても簡単

ただ赤ちゃんを「うつ伏せ状態」にしてあげるだけです。

うつ伏せにしてあげたら、音の鳴るオモチャを上から鳴らしたり、赤ちゃんの名前を呼んで上の視点に興味を誘ってあげて下さい。

もちろん、うつ伏せにしたまま目を離さないで下さいね。

現在は窒息死の原因として新生児の頃のうつ伏せはあまり推奨されていませんが、ひと昔前には、赤ちゃんの筋肉発達を促すとして一般的にさせていました。

首の筋肉だけでなく、背筋にも効果がありますので、興味があるお母さんは、赤ちゃんの無理のない程度に実践してあげてみて下さい。


まとめ

いかがでしたか?うれしいわが子の第一歩の成長「首すわり」。

赤ちゃんは十人十色なので、おませさんものんびりさんもいますから、慌てずに成長を見守ってあげましょう。

赤ちゃんは不思議なもので、私たちが少しお手伝いをしてあげると、信じられないくらいの急成長をするときがあります。

どうしても遅いな~と気になるお母さんがいらっしゃるなら、赤ちゃんとコミュニケーションをとる感じで、体操やマッサージなどを実践してあげてみて下さいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存