赤ちゃんの蚊対策!大人用は害になる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

赤ちゃんの蚊対策!大人用は害になる?

akatyan-ka-taisaku-gai

夏になると心配なのが、赤ちゃんの虫刺され です。

ぷにぷにの手や足が蚊に刺されて赤く腫れあがってしまうのは、とても可哀想ですよね。でも、大人用の虫除けスプレーを使うのはちょっと心配という人も多いはず。

そこで、赤ちゃんの 蚊対策 について、詳しく見ていきたいと思います。


赤ちゃんは蚊に刺されやすい!?

一般的に、赤ちゃんは蚊に刺されやすいと言われています。

蚊は、熱・汗・二酸化炭素につられて寄ってきます。大人でも、汗っかきの人の方が蚊に刺されやすいというのはよく聞く話ですよね。

赤ちゃんは大人に比べて体温が高く、新陳代謝も活発でよく汗をかき、呼吸の回数も多いため、どうしても蚊を引き寄せてしまうのです。

また、大人であれば蚊に刺される前に手で追い払うこともできますが、無防備な赤ちゃんはそれもできないため、蚊に刺される頻度が高くなってしまうというわけです。


赤ちゃんの蚊対策

痒みや腫れだけでなく、デング熱や日本脳炎、マラリアなどの感染症も心配な、蚊による虫刺され。

赤ちゃんの虫刺されを防ぐためには、下記のような対策が有効です。

外出時の対策について

まず、できるだけ肌の露出が少ない服装を選びましょう。

夏場はどうしても薄着になってしまいがちですが、羽織ものを活用するなどして、露出する面積を減らすように工夫してください。

また、蚊は紺や黒などの濃い色を好む習性があるため、親も含めてそのような色合いの服装は避けるべきです。

蚊が多そうな場所に近づかない努力も大切です。

蚊は水たまりに産卵して繁殖します。

水のある場所や湿った茂みなどは蚊の巣窟といえます。

そのような場所に近づくのは、みすみす蚊の餌食になりに行くようなものなので、控えるようにしてください。

虫除けパッチや虫除けスプレーといったアイテムを利用するのも効果的です。なお、大人用のものは赤ちゃんには成分が強すぎる場合があるため、必ず子供用のものを選ぶようにしましょう。

部屋の中での対策について

基本的には、部屋の中に蚊を入れないことが重要です。窓を開ける際には必ず網戸を閉めるようにしましょう。網戸にスプレーするタイプの虫除けを併用すると、さらに効果を高めることができます。

また、蚊取り線香も便利なアイテムです。蚊取り線香の煙が苦手だという人は、煙が出ない電子タイプの蚊取り器もありますので、そういったものを選ぶと良いでしょう。安全対策のために、蚊取り線香や電子蚊取り器を使用する場合は、赤ちゃんの手の届かない場所に設置してください。

さらに、昔ながらの蚊帳を使ってみるのも効果的です。今は、ベビーベッドに取り付けられるタイプのおしゃれな蚊帳も売られていますので、興味のある人はチェックしてみてください。

パッと広げて被せるだけ 赤ちゃんを起こさずに 虫から守る ベビー用 蚊帳 かや ペット対策にも (ブルー)


赤ちゃんにお勧めの虫除けグッズ

オーガニックの虫除けスプレー

虫除け剤に含まれる成分が気になる人にお勧めなのが、天然ハーブやアロマ由来の成分のみで作られたオーガニックの虫除けスプレーです。

一般的に売られている虫除けスプレーに比べると効き目は若干落ちますが、赤ちゃんでも安心して使用することができます。

また、ペパーミントやユーカリ、ティートリーなど、虫除け効果が期待できるアロマオイルを使って、手作りの虫除けスプレーを作ってみるのもお勧めです。

その他の虫除けグッズ

ドラッグストアのベビー用品コーナーに行くと、子供でも使用OKの虫除けグッズが色々と売られています。

洋服などに貼るシールタイプや、ベビーカーに取り付けられる吊り下げタイプ、手首や足首に巻きつけるリングタイプなど、さまざまなグッズがありますので、用途に合わせて使いやすいものを選んでみるのも良いでしょう。


まとめ

赤ちゃんの蚊対策!大人用は害になる?
赤ちゃんは蚊に刺されやすい!?
赤ちゃんの蚊対策
赤ちゃんにお勧めの虫除けグッズ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ