赤ちゃん生まれて一年間の行事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

待ちに待った 赤ちゃん の誕生、喜びもひとしおです。

八百万の神がおわす日本では昔から様々な 行事 を通して子どもの健やかな成長を神に願い、感謝と祈りを捧げてきました。

古より続くしきたりや習わしの中には祖先の知恵や教えが込められています。

赤ちゃんが生まれてから一年間の行事にどんな意味があり、どんな願いが込められているのか考えてみませんか。


スポンサーリンク

赤ちゃん生まれて一年間の行事一覧

赤ちゃんがお腹に宿ったら

帯祝い

妊娠5か月目の戌の日に岩田帯といわれる腹帯を巻き、母体の安全と赤ちゃんの無事の誕生を祈願する儀式です。

かつてはお腹に帯を巻く「着帯式」のあと親族で膳を囲みましたが、核家族化が進む現代では夫婦だけで祝ったり、とくに行事は行わずガードルや簡易タイプの腹帯を巻くだけで済ましたりすることも多いです。

多産で安産な犬にあやかり戌の日に行いますが、安定期に入りお腹が大きくなりはじめるこの頃に、お腹を支え、冷えを防ぐ帯を巻くことは母体や胎児を守るうえでも重要な意味があります。


赤ちゃんが産まれてから1年間の行事

出産祝い

赤ちゃんが産まれたら、両親や親族など身近な人にだけ知らせ誕生を祝ってもらいましょう。

病院で出産することが多い近年ではあまり見られませんが、赤ちゃんの誕生直後にお米を炊く「産飯(産立て飯)」、誕生三日目にお湯で赤ちゃんの身体を洗い麻の葉模様の新しい産着を着せる「三日祝い」、七日目に赤ちゃんの名前をつけ親族に披露する「お七夜」が主な誕生祝の行事と儀式です。

「産飯」は茶碗に高く盛り付け産神に供え、出産の無事を感謝すると同時に「一生食べ物に困らないように」と祈願します。

一生」にかけて一升の米を炊くことが多いです。

三日祝い」で使うお湯は産まれてすぐ身体を洗うお湯と同じく「産湯」と呼ばれます。

産着の麻の葉模様は麻の葉が丈夫で真っ直ぐ育つことに由来します。

お七夜」には命名書を書き命名式を行います。医療が未熟で子どもが育ちにくかった時代には七日目になってようやく名前を与え、人として迎え入れる儀式を行いました。

祝い膳には赤飯と尾頭付きの魚を用意します。昔は祖父母など目上の親族が名付け親になることも多く、命名書は奉書紙に命名者が書きましたが現代では両親が名付けることも多いので形式にこだわる必要はありません。

赤ちゃんの名前、生年月日、両親の名前、続柄を濃い墨で書き、神棚や床の間に供えたり、鴨居に下げたり、ベビーベッドに貼ったり目立つところに飾ります。

出生届は出生日から14日目までに提出します。

お宮参り

生後一か月前後に初めて神社にお参りします。

有名な神社に参ることも多いですが本来は住んでいる土地の氏神に赤ちゃんを氏子として認めてもらうための儀式ですので、地域の神社に詣でるのが理に適っています。とはいうものの地縁の薄い現代ではあまり気にする必要はないでしょう。

お宮参りには父方の両親が同行し、産後間もない母親が疲れないように父方の祖母が赤ちゃんを抱いて参るのが習わしですがこれもあまりこだわる必要はありません。

赤ちゃんには白羽二重地の内着を着せ、男の子は羽二重地に鷹や松、兜、鶴、武者などが描かれた五つ紋、女の子は縮緬地か綸子地に手鞠や花、小鼓、御所車が描かれた無紋の、一つ身といわれる背縫いのない祝い着を着せかけます。

赤ちゃんを抱いた人の首の後ろで祝い着の紐を結び、縁起物の犬張子、でんでん太鼓、お守りなどを結び付けます。

祝い着は母方から贈られ、仕立て直して七五三の3歳の男の子や5歳の女の子のお祝いに利用するのが習わしですが、近年ではベビードレスや貸衣装などを利用することも多いです。

赤ちゃんの額に「犬」の字や「×」を書いたり、わざと泣かせたり、扇子を奉納したり、30日目は鳥居までで帰り、100日目に正式にお参りするなど地域によって様々な風習があります。気になるなら年長者に相談してみるといいですね。

お食い初め

生後100日目に「一生食べ物に困らないように」との願いを込めて行う儀式です。

平安時代の宮中行事「五十日百日之祝儀(いかももかのしゅうぎ)」が由来で、初めて箸を使うことから「箸祝い」「箸初め」「箸揃え」とも、初めて魚を食べることから「真魚(まな)の祝い」、100日目に行うことから「百日(ももか)の祝い」とも呼ばれます。

まだ本当には食べられないので食べさせる真似をするだけですが、「ままの一粒食い」といって、一粒だけは食べさせる地方もあります。

祝い膳は一汁三菜で、お赤飯、尾頭付きの焼き魚、香の物、煮物、吸い物が基本です。丈夫な歯が生えるようにと、膳に皿に盛った小石を添える地域もあります。小石は氏神の境内や川原、海岸から拾ってくるのがよいとされています。

また、しわが寄るまで長生きできるようにと高つきに梅干しを盛る地域もあります。

食べさせる役は「養い親」といい、長寿にあやかれるように親族の中の年長者で、男の子には男性が、女の子には女性がなります。

お食い初めの食器は漆塗りで、正式には母方が用意し家紋を入れます。

箸は白木の柳ばしです。男の子用は朱塗り、女の子用は外側が黒塗りで内側が朱塗りのものが基本ですので間違わないようにしましょう。

とはいうものの漆器は高価で手入れも大変なので子ども用の食器を使う場合もありますが、お祝い事なのでできるだけ新しいものを用意しましょう。

初正月

赤ちゃんが初めて迎えるお正月を「初正月」といい男の子には破魔矢を、女の子には羽子板を贈る習わしがあります。破魔矢には「魔を射る」、羽根つきに使う羽子板には「(災いを)はねのける」力があるとされ、子どもの無病息災を願う縁起物として大切にされてきました。

正月事始めの12月13日頃からどんと焼きが行われる1月15日頃まで飾るのが一般的とされていますが縁起ものなので1年中飾っておく地方もあります。

初節句

女の子なら3月3日の桃の節句を、男の子なら5月5日の端午の節句をお祝いします。

子どもの厄を祓う雛人形や鎧兜、鯉のぼりを飾り、祝い膳を囲みます。

節句飾りは母方が用意するのが習わしですが経済的な負担も大きいのでこだわる必要はありません。

また、魔除けでもあるので一人一人に用意するのが基本です。

雛人形は早くに飾って早く片付けるのがよいといわれ、前日に出す「一夜飾りは」縁起が悪いとされています。

正式な段飾りは高価で場所も取りますから親王飾りや三段飾り、市松人形などを用意する家庭も多いです。

雛飾りには身を清める白酒と桃の花と雪と若葉をあらわす三色の菱餅を供え、祝い膳には夫婦円満の象徴である蛤の潮汁を用意します。

端午の節句飾りには室内に飾る鎧兜や武者人形のようなものと屋外に飾る鯉のぼりや幟旗があります。

鯉のぼりは一番上に吹き流しを、その下に真鯉、緋鯉、子鯉をつけますがマンションのベランダでも飾れるようなコンパクトなものもあります。

難を避ける意味があるとされるちまき、子孫繁栄を願う柏餅を食べ、魔除けの意味のある菖蒲を入れた風呂に入ります。

菖蒲には疲労回復や血行促進の作用もあります。

初誕生

昔は正月に歳をとる数え年が一般的でしたので誕生日を祝う習慣はありませんでしたが、子どもが育ちにくかったため無事に迎えられた初めての誕生日だけは特別でした。

健康で力の強い子に育つようにと餅をついて祝うことから「餅誕生」ともいわれます。

一升餅を風呂敷に包んで子どもに背負わせたり、困難を乗り越えていけるようにと足で踏ませたりします。


おわりに

子どもの健やかな成長を願う気持ちはいつの時代も同じです。

古いしきたりには祖先から受け継がれてきた願いや祈りが生活の知恵と共に込められています。

生活様式が変わり、伝統行事も簡略化されることが多くなりましたが、温かい気持ちのこもった伝統は末永く伝えていきたいものです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存