自家製油を作ろう!!油搾り器の紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

高カロリーで健康や美容の敵のように思われますが、脂質は人間が生きていく上で不可欠なエネルギー源の一つで、炭水化物、たんぱく質とともに三大栄養素と呼ばれています。

不足すると細胞に張りがなくなり免疫力が低下したりホルモンバランスが崩れたりします。

また、肌や髪の潤いもなくなってしまいますし、冷えや疲れの原因にもなります。

脂質には動物性油脂と植物性油脂の2つの種類があり、分解されてエネルギーとなる脂肪酸の構成が動物性油脂と植物性油脂では大きく違います。

脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に大別されますが、健康や美容の大敵、中性脂肪を増やして肥満の原因になるのは主として飽和脂肪酸で、バター、ラード、ヘッドなどの動物性油脂に多く含まれます。

不飽和脂肪酸はさらに多価不飽和脂肪酸(オメガ3、オメガ6)と一価不飽和脂肪酸(オメガ9)に分けられ、特に人間が体内で合成することができないため食事から摂取する必要のある多価不飽和脂肪酸を必須脂肪酸といい、植物性油脂に多く含まれています。

中性脂肪を減らし、老化防止、高血圧や肥満の抑制に効果があるといわれるオメガ3は亜麻仁油やえごま油に、免疫力を高めたり、体の調子を整えたりする効果のあるオメガ6は胡麻油やひまわり油、紅花油、コーン油、クルミ油に、悪玉コレステロール値を下げる働きをするオメガ9はオリーブオイルや米油、ナッツ類に多く含まれています。

不飽和脂肪酸を多く含む植物性油脂の適度な摂取は健康と美容にとても大切なのです。

しかし、空気、熱、光に弱い油脂の難点は酸化しやすいこと。

古い油は味が悪いだけではなく体内で過酸化脂質となってがんを誘発する可能性もあります。

家庭用 油搾り機 を使えば植物のエキスが詰まったフレッシュな植物性油がいつでも作れます。

自家製ならではの安心、安全でしかも健康に役立つ美味しい油を味わってみませんか。


自家製油を作ろう!!油搾り器の紹介

搾油方法

油を抽出するには溶剤に油を溶かし出してから溶剤を蒸発させる方法と、素材から直接油を搾り取る方法があり、大豆や菜種などの市販の油はほとんどが溶剤を使った抽出方法で作られています。

溶剤を使うと短時間で多くの油が採れるため効率的でコストも低く抑えられますが油本来の風味には欠けます。

素材を絞る方法としては、圧力で押し潰す圧搾式とすり潰して搾るスクリュー法とがあり、圧搾式は玉絞め法とも呼ばれます。

原料に対する採油率は低く時間もかかります。

一度に処理できる量も少なく強い圧力が必要なので効率的とはいえませんが、伝統的な搾油方法で熱源が必要なく雑味のない上質な油が採れます。

スクリュー式は圧搾法より効率は上がりますが熱を加えながら作業する必要がある点と味に雑味が混ざりやすい点が欠点です。


家庭用油絞り機

家庭用油絞り機

 石野製作所


家庭用油しぼり機 SHIBORO2【無添加の美味しさを!あなたの種を油にします!】

SHiBORO2 SHiBORO-Pro30 SHiBORO-Pro65 圧搾式 小型でスタイリッシュ、キッチンに置いても違和感がないお洒落なデザイン。

操作性がよく、さびにくくて手入れも簡単です。

手動式ですが小型なのでそれほど力は要りません。

搾りかすの処理が少し手間だった2に改良を加えたのがPro30とPro65です。

さらにProは本体を傾けて油を取り出せるので手を汚すことなく、抽出した油をすぐに使うことができるようになりました。

どれも操作方法は同じで2とPro30は一度に約8gの胡麻油を絞ることができ、Pro65は約15gです。

本体重量は4.5kg~6.5kg、大量生産には向きませんがフレッシュな油をその度に楽しむには適しています。

ナチュラル油搾り機

Well Rich 


ナチュラル油搾り器 WR-5000

WR-5000 スクリュー式 日本初の家電タイプの搾油機です。

家電としては大きめで重量も7.5kgとかなり存在感がありますが電動なのでスイッチを入れるだけで自家製油が作れます。

家電タイプの搾油機は外国製が何種類か輸入されていますが、修理や部品の交換、安全性、使いやすさを考えると難があります。

炒り胡麻100gに対して搾油率は40~50%です。

卓上油絞り機

Uniworld


卓上油絞り器 手動式油しぼり機 搾油機 スローフード ナッツオイルやシードオイルを自宅で!家庭用油しぼり機

オランダのPiteba社製 スクリュー式 オイルカップはついていないのでペットボトルなどを使用します。

本体重量は2.2kgですが頑丈な台座に固定する必要があり、ハンドルの回転にも力が必要です。

1時間の処理機能が5kgもあり、連続使用できるので約1.89Lの油が搾れます。

農家の収益率を上げるために開発された商品なので屋外で作業するには向いています。

本体が硬質スチール製で安全性は高いですが、さびやすいので使用はきれいに洗ってよく乾かした後植物油を薄く塗布しておくと安心です。

アルコールランプを使う素朴さとレトロな雰囲気の赤いボディが手作業の楽しさを演出してくれます。オプションパーツを使えばオリーブオイルも絞れます。

小型手動搾油機

サン精機

K15-T 圧搾式 業務用搾油機メーカーの家庭向け商品です。

約16万円と高価ですが性能は抜群です。ジャッキを上下させて圧縮するのでかなり力が必要です。

小型といいつつもかなり大きく本体重量が35kgあるので丈夫な台が必要です。

炒り胡麻100gから約30gの胡麻油が絞れます。 

非電化搾油機

非電化工房

圧搾式 油圧ポンプを使うので負荷は少なく女性でも使いやすいです。

本体重量は10.7kgで台所にも置けるコンパクトサイズです。ホース1.2mとポンプ4.7kgを含めると少々場所を取りますが電源が必要ないのでどこででも使えます。

分解、組み立ても簡単で衛生的に使えます。炒り胡麻100gから一度に25~35gの胡麻油が絞れます。


オリーブオイルの絞り方

Piteba社の卓上油絞り機以外の家庭用油絞り機は種子から油を抽出する機械なので果実からオイルを絞るオリーブやアボカドには使えませんが、オリーブオイルは機械を使わず手で搾る方法があります。

  1.  新鮮なオリーブの実を丈夫なビニール袋に入れて粗く砕きます。
  2. 1時間ほどかけて丁寧に揉みます。
  3. 油が浮いてきたら目の細かい布で濾します。ペットボトルを半分に切って作った漏斗と受け皿を使うと便利です。
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ