子供だけじゃない!親子そろって七五三レンタルを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

子供だけじゃない!親子そろって七五三レンタルを

kimono-rentaru

かわいいわが子の着物姿に感無量のパパとママ。着物を着る機会もめったになくなった昨今では、堂々と着物を着ることのできる 七五三 という晴れの日に家族みんなで一緒に着物デーにしてみてはいかがでしょうか?

レンタル ショップなら、子供からパパママまで一緒に一度に揃えることも可能です。

七五三に家族みんなで着物を着る場合、レンタルのポイントについてまとめてみました。


七五三とは

七五三が始まったのは、室町時代と言われていて、江戸時代になり武士の子供を祝う行事として関東地方から全国へこの風習が広がったと言われています。

その頃の子どもは、3歳になるまでの生存率が低く、乳幼児期に死亡する例が多くありました。そのために生まれてから無事に3年を迎えられたその時に、神様に感謝とこれからの末長い健康を願って祝われたそうです。

また、七五三は、3歳は男女とも、5歳は男の子、7歳は女の子とされています。これは3歳が男女とも髪を伸ばし始める時期だったから、5歳は男性の衣服である袴を着始める時期だから、7歳は女の子が着物の帯を締め始める時期だからといわれています。

こう言った歴史的な流れの七五三の意味を知ると、ますます着物を着てお祝いをしてあげたくなりますね。



子供の着物のレンタル

3歳の女の子の着物は被布(ひふ)と呼ばれる袖なしの上着を重ねるのが一般的です。

それ以降は帯を締めることになるので、被布を着たスタイルのかわいらしさがよく出るように着物の色合わせなどを選びましょう。

髪型は前髪をおろしたり、おかっぱも可愛いでしょう。

7歳の女の子は、3歳のころと比べて顔だちもぐっとお姉さんぽくなります。

7才の着物はもう幼児用ではなく、本格的な大人と同じ帯を締めるので「ちょっとお姉ちゃんなんだよ」ということを意識させて着物選びを行いましょう。

髪の毛も前髪を上げてすっきりするのも似合う年頃です。

男の子場合は、初めて着る袴に戸惑う子も多いかもしれません。

慣れてしまえば動きは楽ですが、あまり派手に動き回らせないようにしましょう(着崩れ防止のため)

羽織袴が正式なスタイルで、羽織は濃い色のほうが表情も引き締まって見えるのでお勧めです。


パパママの着物のレンタル

せっかくの機会だからみんなで着物で揃えるのも良い記念になりますね。

レンタルの場合は宅配もしてもらえるので、着るのも返すのもとても便利です。

パパの場合は、紋付の羽織袴。成人式でもほとんど男性は着物を着ないので、この機会に正式な紋付き袴を着てみてはいかがでしょうか?

あくまでも主役は子供なので、男性は濃い色の羽織に薄い色の袴というのが定番のようです。

ママの場合は、七五三で着るための着物の格付けが、色無地→付け下げ→訪問着と上がっていきます。

付け下げと訪問着はフォーマルドレスと同じくらいの格がある着物です。

七五三でレンタルするのなら、この三つの中のどれかを選べば間違いないでしょう。

レンタルには様々な色の着物があり、選ぶのに悩んでしまうところですが、七五三はお祝いの席でもあり、子どもが主役ではあるけれど、ママは目立ちすぎない程度にきれいに華やかにしてもまったく構わないと思います

レンタル着物は人気のあるものは争奪戦の可能性があります。

七五三の日にちは出来るだけ早めに決め、日にちが決まったらすぐに着物を探してレンタルの予約を入れておきましょう。

その時に、着物以外のもの(草履やバッグなど小物類)も一緒に揃えることが出来るかどうかを確認するのも忘れないようにしましょう。

せっかくの晴れの日ですから、万全の準備をして思い出に残る一日にしたいものですね。



まとめ

子供だけじゃない!親子そろって七五三レンタルを
七五三とは
子供の着物のレンタル
パパママの着物のレンタル

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ