離乳食の開始は5~6か月頃が良い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
スポンサーリンク

離乳食の開始は5~6か月頃が良い?

baby

離乳食 の開始は5~6か月頃が良いと言われていますが慌てて始める必要はありません。

お子さんがお母さんの食べているところをじっと見ている。よだれが垂れちゃう。

食べたそうにしている。そんなそぶりが見られたら離乳食をスタートしてよい合図です。

今日はわたしの失敗を踏まえてみなさんに安心な離乳食を進めていただけるようお伝えできたらと思います。


離乳食の意味

赤ちゃんはミルクしか口にしていません。

でも成長に伴ってお乳以外のものも食べられるようになっていかなくてはならないので離乳食を始めます。

最初お乳以外のものを口にするのは白湯や麦茶などの水分です。

そのあと果汁(薄めたもの)、お味噌汁の上澄み(お味噌が沈んでお出汁だけになった部分)などを与えてお乳以外の味に慣れてもらいます。

そして5か月を過ぎ食べたそうなそぶりが見られたら、さあ離乳食を始めますか。という事になります。


初めての離乳食

最初は軟らかく炊いたおかゆをすりつぶした物が良いでしょう。

最初は小さじ1杯から始めましょう

この頃の離乳食は栄養を摂ることが目的ではありませんので食べなくても焦る必要はありません。

食べさせようと必死になってしまうとお子さんにも伝わってしまいますからゆったりとした気持ちで始めてください。

最初の一日は小さじ1杯のおかゆで、必ず湿疹などが出ないか観察してください。

問題がなければ次の日もおかゆを与えます。回数は初めのうちは授乳の一回を離乳食に置き換える。と言われますがわたしはお昼に自分の食事と一緒に離乳食を与えていました。その方が食事してる。という気分になると思ったからです。

離乳食の後お乳を与えるのもかまいません。


離乳食の進め方

おかゆを2、3日続けてみて問題がなければ今度は軟らかく煮たお野菜をすりつぶしてお湯で薄めて与えます。

最初はサツマイモやカボチャがお薦め

それに慣れたら人参やかぶ、ほうれん草の葉っぱに移行します。

野菜は軟らかく煮えるものなら何でも大丈夫ですがゴボウや玉ねぎなどはあくが強いので最初は控えましょう。

離乳食の硬さの目安はヨーグルトの硬さです。

野菜を軟らかく煮てすりつぶしとろみが濃そうだったらお湯かゆで汁で伸ばすようにしましょう。

お野菜も最初は小さじ1杯から、発疹などの異常が出ないか必ず確認するようにしましょう。

お野菜をある程度食べるようになったら白身のお魚にも挑戦してみましょう。

白身のお魚を蒸すか茹でるかしてすりつぶしお湯で柔らかくして与えます。

この頃はまだ調味料を使う必要はありません。素材や出汁の味を味あわせてあげましょう。

お魚やお肉のタンパク質を分解する機能がまだ発達段階なので最初はやはり少しづつ様子を見て与えてください。

これまでに新しい食材を与えて発疹などが出たことがある場合はこれらの動物性タンパクを与えるのは後期に先延ばしした方が良いでしょう。


特に注意!卵

筆者は離乳食を始めてすぐ、外食先で茶碗蒸しを出され『これって離乳食にぴったりじゃない?!』と思いこみ子どもに与えました…その夜子どもの様子がおかしいのに気付きからだを見ると耳が3倍くらいに腫れて、唇も腫れて、服を脱がせるとおむつで隠れている部分と脇の下が真っ赤に!湿疹と共に腫れあがって熱を持ち、泣き続けていました。

原因もわからずただおろおろするばかり。夜間診療に連れて行きました。

ちょうど小児科の先生がいらしてそれはもうこっぴどく叱られました。

『鶏卵は与えるなら卵黄から少しずつ。卵白のタンパク質は赤ちゃんのからだに負担が大きいから与えるのはずっと後!どの離乳食の本にも書いてあるよ!』って…。

どもが落ち着いてから離乳食の本を読み返してみたら本当にちゃんと書かれていました。

皆さんもお気を付けください。それ時からうちの子は卵アレルギーでした。

食物アレルギーは使える食材に制限が出たりしてその後大変です。卵はけっこういろいろな物に使用されていますから特に大変でした。それでも成長と共にタンパク質の分解が出来るようになると卵も大丈夫になりましたが今でも卵は好きではありません。

おまけにいちどアレルギーになると体質がアレルギー体質になるのでアトピー様皮膚炎にもなりましたし鼻炎や花粉症にもなりやすいです(なっています)ので初期の鶏卵は本当に気をつけてください。


進め方の目安

おかゆ、野菜の裏ごしなど一回の離乳食で10さじ程楽に食べるようになったら一日の離乳食を2回に増やすと良いでしょう。

最初の2か月は離乳食に慣れる、お乳以外のものを口に入れる練習だと思ってください。

また体調の悪い時は無理に離乳食の時間は取らずまだお乳だけでも大丈夫です。

離乳食の食べが悪い。嫌がるような場合も無理はせず、1さじから頑張りましょう。

焦らなくてもそのうち食べるようになりますからね。

このころの栄養はまだお乳から摂れるので大丈夫との認識で進めましょう。

ゆったりと焦らず離乳を進めていきましょう。


まとめ

離乳食の開始は5~6か月頃が良い
離乳食の意味
初めての離乳食
離乳食の進め方
特に注意!卵
進め方の目安

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンクと関連コンテンツ